MENU

歯痛に関する記事

表示順:
「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。それが今回ご紹介する「耳たぶ回し」です。これは耳たぶをひっぱって回すことで過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私の治療経験上「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。歯痛は歯周病や知覚過敏も多いですが「噛みしめ(TCH)」も無視できません。嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
手の甲にある「合谷」は、歯の痛みによく効くツボとして有名です。合谷を刺激しながら治療を行うことで患者さんの不安や恐怖心を取り除き、治療中の痛みや、麻酔の量を減らせます。合谷は、治療後の回復や歯周病の治癒も早める、まさに歯科にはうってつけのツボなのです。【解説】福岡博史(医療法人社団明徳会福岡歯科理事長・医学博士)
更新: 2019-09-10 22:10:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt