MENU
【1日1分】歩くだけの最強ダイエット!美脚やくびれを手に入れる「交差歩き」のやり方

【1日1分】歩くだけの最強ダイエット!美脚やくびれを手に入れる「交差歩き」のやり方

ふだんのウォーキングの中に取り入れても、交差歩きだけを行ってもかまいません。長時間行うより、毎日続けることが肝心です。1セット行うことを毎日の習慣にすれば、体のゆがみが直り、自然に美しくやせていきます。また、「足がその場で速くなった」と子供達にも好評なのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)

交差歩き

交差歩きは、全部で五つの動作があります。
まずは、基本の二つの動作から始めましょう。

一つの動作に対して、10~20歩程度でOK。
慣れてきたら、応用編も行うと、更に効果が高まります。

ふだんのウォーキングの中に取り入れても、交差歩きだけを行ってもかまいません。
長時間行うより、毎日続けることが肝心です。

1セット行うことを毎日の習慣にすれば、体のゆがみが直り、自然に美しくやせていきます。
今日からレッツ・トライ!

基本編【1】

(1)
両手を伸ばしたまま真横に広げ、床と水平になる高さまで上げる。その姿勢のまま、体の中心線に交差するよう右足を大きく左斜め前に出す。

(2)
同様に、左足を大きく右斜め前に出す。これをくり返して体の中心線に交差するイメージで10~20歩歩く。

基本編【2】

(1)
後ろで両手を組み、肩甲骨が後方に引っ張られるように、腕を伸ばす。その姿勢のまま、右足が交差するよう大きく左斜め前に出す。

(2)
同様に、左足を大きく右斜め前に出す。これをくり返して10~20歩歩く。

応用編【1】

(1)
頭上で左手首を右手でつかむ。右足が交差するよう大きく左斜め前に出し、同時に左腕を真上に引っ張る。

(2)
頭上で右手首を左手でつかむ。左足が交差するよう大きく右斜め前に出し、同時に右腕を真上に引っ張る。これをくり返して10~20歩歩く。

応用編2

(1)
頭上で手のひらが上を向くように両手を組み、真上に伸ばす。右足を大きく左斜め前に出す。

(2)
同様に、左足が交差するよう大きく右斜め前に出す。これをくり返して10~20歩歩く。

応用編3

(1)
両手を伸ばしたまま真横に広げ、床と水平になる高さまで上げる。右足が交差するよう大きく左斜め前に出し、同時に左腕を前に出して体をねじる。このとき、両腕は常に一直線になるように気をつけること。

(2)
同様に、左足を大きく右斜め前に出し、同時に右腕を前に出して体をねじる。腕は床と水平に振るようにする。これをくり返して10~20歩歩く。

下腹ポッコリも解消します!交差歩きのココがポイント!

●速く歩く必要はないので、転ばないように気をつけながら、ゆっくり行う。

●体の中心をしっかり固定しながら、みぞおちから下全体を動かすようにする。

●体の中心線をまたぐような感じで、足を大きく交差させるように歩く。

●かかとから着地して、つま先で抜けるようにする。

●痛みを感じたら、すぐにやめる。

●なにより毎日行うことが大切。続けることで、全身のゆがみが直る。

歩くだけで体が変わる!交差歩きのスゴい効果

強力なダイエットパワー

太ももやお尻などの大きな筋肉が動くことにより、エネルギー消費量がアップ!血流がよくなって代謝が上がり、やせやすい体になる!

美スタイルに一変!

骨盤と肩甲骨が大きく動くことによって、全身のゆがみが矯正される。体軸がしっかりとして全身のバランスが整い、ネコ背だった背すじもピンッと真っすぐに!

全身の痛みやコリが解消

ゆがんでいた骨盤や肩甲骨のバランスが整うことで、腰やひざ、股関節などの負荷が軽減。全身の痛みやコリが自然に消える!

疲れ知らずでキレイな脚に!

骨盤を中心に歩けるようになり、長時間動いても疲れにくくなる。さらに、ふくらはぎが太い「ししゃも足」が解消し、ほっそりとした美脚に変身!

足がその場で速くなると、子供たちにも大人気!

もともと、陸上競技のウォーミングアップ法に着想を得て考案された「交差歩き」。
花谷先生は、地元である埼玉県で、子供たちに交差歩きを指導しています。

交差歩きを行うと、骨盤周りの動きがよくなって、その場で足が速くなるそうです。
交差歩きを行うと、運動能力が高まって、体の柔軟性も増すため、ケガの防止にも役立ちます。

ふだん運動をするかたは、ぜひウォーミングアップに取り入れてみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。すると、無用な脂肪がたまりやすくなるのです。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【体験談】あいかわももこ
更新: 2019-09-10 22:10:00
ヨガというと、体を動かす広いスペースや落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、その名のとおり、指を使うだけの非常にシンプルなヨガ。いつでもどこでも簡単にできます。【解説】深堀真由美(深堀ヨガスクール主宰)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt