MENU
【漢方専門医解説】カレー粉の薬効と健康効果 むくみを取りダイエットにも有効

【漢方専門医解説】カレー粉の薬効と健康効果 むくみを取りダイエットにも有効

漢方の専門医である私にとって、カレー粉はたいへん興味深い存在です。カレー粉に配合されている香辛料の多くが、漢方では生薬(植物や動物、鉱物を原料とした天然薬物)として用いられているからです。カレー粉にどんな香辛料が入っているのか、主なものと作用を順に見ていきましょう。【解説】岡田研吉(玉川学園岡田医院院長)

漢方の専門医も注目!カレー粉の薬理効果

 漢方の専門医である私にとって、カレー粉はたいへん興味深い存在です。カレー粉に配合されている香辛料の多くが、漢方では生薬(植物や動物、鉱物を原料とした天然薬物)として用いられているからです。

 カレー粉にどんな香辛料が入っているのか、主なものと作用を順に見ていきましょう。

 カレー独特の色の決め手となるターメリックは、熱帯アジア原産のショウガ科の根茎です。日本ではウコンという名前で知られており、九州や沖縄で栽培されています。たくあんの色着けにも使われてきました。中国では姜黄といい、胃の働きを活発にし、体内の血の巡りをよくする作用があり、健胃・利尿・鎮痛などに効く生薬として用いられてきました。

 近年の研究で、ウコンの黄色い色素成分のクルクミンに、胆汁(肝臓で作られる消化液)の分泌を促し、肝臓の解毒機能を高める効果があることがわかり、飲酒の機会が多い人によい成分として注目されています。

 ほろ苦さと強い芳香を持つクミンは、カレーの香りの重要な香辛料です。エジプト原産のセリ科植物の種で、和名や漢名は馬芹といいます。古代エジプトでは、ミイラを作るときの防腐剤として、クミンも用いられてきたといいます。漢方では、胃薬として用いられ、消化を促し、腸内にガスがたまるのを防ぐ整腸作用があるとされています。

 辛みの元となる香辛料としては、チリペッパー(トウガラシ)とコショウが含まれています。トウガラシは、日本や中国でも、香辛料として古くから使われてきました。コショウは、ヨーロッパでは辛みづけと防腐効果を期待し、昔から珍重されてきた香辛料です。いずれも、健胃作用や新陳代謝促進作用が知られています。

 カレー粉には、このほか、さわやかな香りが特徴のコリアンダー、スパイシーな芳香を持つフェヌグリークなどが配合されています。

 コリアンダーは、別名中国パセリといい、中国では香菜、タイではパクチーと呼ばれ、東南アジアや中国では、生葉が料理の薬味として広く使われており、最近では、体内にたまった有害重金属を排せつする効果が注目されています。

 フェヌグリークは、別名コロハといい、地中海地方原産のマメ科の植物で、中近東・アフリカ、インドなどで食用されています。インドや中近東では、母乳の出がよくなるとして、授乳期の女性に勧められてきました。また、民間薬として、滋養強壮・食欲増進・解熱にも使われます。

 最近、フェヌグリークの種子に含まれる成分に血糖値の上昇を抑える作用があることがわかり、注目されています。

 カレー粉に配合されている香辛料は、東南アジアや中近東、中南米などではスパイスとして料理に用い、中国などでは、生薬として使われてきた歴史があります。

さまざまな薬効を持つ生薬がたっぷり

さまざまな薬効を持つ生薬がたっぷり詰まったカレー粉

余分な水分を取り去り血の巡りを改善する

 一方、日本では、ワサビ・ショウガなどが薬味として使われてきたものの、香りの強いスパイスは、あまり料理には使われてきませんでした。海が近く新鮮な食材が手に入りやすいうえ、獣肉や香りの強い食べ物は、宗教的にタブーとされてきたことなど、環境や食文化の違いも関係しているのでしょう。

 けれども、現代の日本の気候や生活環境を考えると、カレー粉のような香辛料を日常的に取るのは、健康な食生活のために、たいへんよいことだと思います。

 カレー粉に配合されている香辛料の多くは、体を温めて発汗を促し、余分な水分を排せつして体のむくみを取ったり、体内の血の巡りをよくしたりする作用があります。例えるならば、ジメジメとしけった部屋に除湿機を入れて、カラリとさわやかにするようなものです。

 高温多湿な気候の下、デスクワーク中心で体を動かす機会が少なくなっている現代の日本人は、体内に余分な水分をとどめてしまいがちです。そのため、むくみや冷え症、内臓機能の低下を招いていることが多いのです。

 このような現代の日本人は、カレー粉を毎日の食事に上手に取り入れると、体内の余分な水気を追い払い、血液の流れや胃腸の働きも活発になります。トウガラシなどの辛み成分は、エネルギーの代謝(利用と排せつ)を高め、体脂肪の燃焼を促す作用があるので、ダイエットにも有効でしょう。

 しかも、食用として長い経験があるものなので、おいしいと感じる程度の量を食べている限りは、副作用の心配はありません。カレー粉はいわば、健康によい薬用植物のブレンド香辛料です。「カレー納豆」のような食べ方で、毎日おいしく無理なく取るのは、とてもよい方法だと思います。

美味しくて薬効も期待できるカレー納豆

解説者のプロフィール

岡田研吉
1972年、東邦大学医学部卒業。ドイツのリューベック医科大学留学中、東洋医学を志す。帰国後、名古屋聖霊病院、藤枝市立病院に勤務するかたわら、国立東静病院で漢方医療を学ぶ。81年には、北京中医学院に1年間留学。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt