MENU
【体験談】手の甲のツボ押しが肩こりと後頭部の頭痛に効いた

【体験談】手の甲のツボ押しが肩こりと後頭部の頭痛に効いた

肩がパンパンに張ると、耳の後ろや後頭部にかけて、ズキズキと頭が痛みだします。そうなると仕事に集中できないので、痛み止めを飲むしかありません。頭痛薬を飲むと楽になるため、つい手を伸ばしてしまい、いつしか、週1回の頻度で薬に頼るようになってしまいました。【体験談】小川江梨子(仮名・大阪府・36歳・会社員 )

肩こりがひどく、週1回 薬に頼ることも

薬を飲む回数が減った!

 私は、学生のころから肩こりに悩まされ、仕事を始めてからも、解消しませんでした。さらに、デスクワークでパソコンに向かっていることが多いせいか、ちょっと根を詰めて仕事をすると、頭痛まで起こるようになりました。

 左右どちらかの肩がパンパンに張ると、首から耳の後ろや後頭部にかけて、ズキズキと痛みだします。そうなると仕事に集中できないので、痛み止めを飲むしかありません。薬を飲むと楽になるため、つい手を伸ばしてしまい、いつしか、週1回の頻度で薬に頼るようになってしまいました。

 自分で行った対策といえば、肩こりがひどくなってきたときに肩を回してストレッチをしたり、お風呂で温まりながらマッサージしたりするくらいです。
ただ、そのときは楽になっても、会社に行って一日中作業をしていると、やはり肩がこってきます。マッサージ店にも行きましたが、なかなか時間が取れず、長くは通えませんでした。

 そんな私に、半年ほど前、友人が玄武堂という鍼灸整骨院を紹介してくれました。職場から近かったこともあり、私は行ってみることにしました。

手の甲にある3点のツボ「小指の下にある後渓というツボを中心に押す」


 そこで教えてもらったのが、「手の甲の3点押し」です。総院長の橋本多聞先生によると、鍼治療や施術と並行して、肩がこったときに自分でも手の甲のツボを押すと、だいぶ楽になるそうです。

 私は肩の背部から後頭部にかけての痛みが強かったため、手の甲にある3点のツボのなかでも、「小指の下にある後渓というツボを中心に押すといいですよ」と教えていただきました。

 実際にその辺りを押してみると、確かにほかの部分と比べて、かなり痛いポイントがあります。私は、最初に橋本先生に押していただいたとき、痛くて飛び上がりました。

 また、右の肩がこっているときに、左の手の甲のツボを押してもあまり痛みはないのに、右の手の甲のツボを押すと、すごく痛むのです。

 そこで、私は押して痛みを感じるところを目がけて、反対の手の指でグーッと押したり、机の角にその部分を押しつけたりして刺激しました。

 仕事の休憩時間や、家でくつろいでいるときにやることが多かったでしょうか。思い出したときに、何度もやっていました。

即効性があって楽になる、と職場でも流行中!

 手の甲のツボを押していると、腕や肩が、だんだん温かくなり、血の巡りがよくなる感覚があります。

 そして、肩を回してみると、肩こりがひどいときはゴリゴリと音が鳴っていたのに、スムーズに回せるようになります。こうして、あれほど頑固だった肩こりが、たちまち楽になったのです。

 手の甲押しは、即効性があるので、とても助かっています。今では後渓のツボを押すのが習慣になりました。気づくと、いつも押しています。

 こうして、肩こりが軽減すると、頭痛も必然的に起こらなくなりました。そういえば最近は、薬を飲む回数が減っています。頭痛が起こらなくなったので、飲む必要がないのです。肩こり、頭痛が軽減したおかげで、仕事もはかどるようになりました。

 社内でも同僚たちに手の甲押しを教えて、みんなで実践しています。やはり即効性があるようで、ツボを押さえると、「確かに楽になってきた」など、好反応です。

 簡単にでき、しかもすぐに効果が出るセルフケア法を教えていただき、感謝しています。

後渓というツボは、小指から肩関節の背部、首から耳へとつながる「小腸経」という経脈上にある(玄武堂鍼灸整骨院総院長・橋本多聞)

 後渓というツボは、小指から肩関節の背部、首から耳へとつながる「小腸経」という経脈上にあります。小指の下にあるここを刺激すると、経脈の気(一種の生命エネルギー)と血(血液)の流れがよくなり、肩関節の背部や首、さらには後頭部の痛みが和らぎます。
 そして、おもりを持って手首を動かす「経筋体操」も行うと、より効果的です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2020-02-10 10:05:06
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2019-09-10 22:10:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル