MENU
【猫背】寝ながら治すストレッチ 腰痛改善、肩こりも解消

【猫背】寝ながら治すストレッチ 腰痛改善、肩こりも解消

腰痛、ひざ痛、肩こり……これらは、日本人の多くが抱える症状です。その最も大きな原因として考えられるのは、ズバリ「姿勢の悪さ」ではないでしょうか。こうした痛みやこりを引き起こす姿勢の悪さとは、両肩が内側に入り込み、上半身が前方に倒れる、いわゆる「ネコ背」の姿勢なのです。【解説】関口賢治(鍼灸整骨院やわら院長)

体の前面の筋肉を ゆるめるだけでいい

 腰痛、ひざ痛、肩こり……これらは、日本人の多くが抱える症状です。
 その最も大きな原因として考えられるのは、ズバリ「姿勢の悪さ」ではないでしょうか。こうした痛みやこりを引き起こす姿勢の悪さとは、両肩が内側に入り込み、上半身が前方に倒れる、いわゆる「ネコ背」の姿勢なのです。

 ネコ背になると、背骨のS字カーブがくずれ、関節や筋肉に負担がかかり、血液循環も悪くなります。そのために、体のあちらこちらに不調や痛みが生じるのです。

 では、なぜネコ背になるのでしょうか。
 それは、体の前面と背中の筋肉(背筋)がアンバランスになっているからです。
 上半身を前に倒すときは、体の前面の筋肉を使い、後ろに反るときは背筋を使います。日本人は、伝統的な生活様式から、上半身を曲げる動作が多く、背面に比べて体の前面の筋肉が発達しています。

 そのため、どうしても前かがみの姿勢になりやすい、という特性を持っているのです。
 前かがみになりがちな体をまっすぐにするためには、背筋を鍛えることが必要です。しかし、筋トレの背筋運動はかなりきついもの。特に、女性や高齢者に継続してやってもらうには無理があります。

 そこで、私は逆に、「背筋を鍛えるのではなく、体の前面の筋肉をゆるめればバランスが取れるのでは?」と考えました。
 そして考案したのが、「寝てるだけストレッチ」です(詳しいやり方は下記を参照)。枕さえあれば、自宅で簡単にできます。寝ているだけなので、老若男女を問わず行えるストレッチです。

「ネコ背が痛みの原因」と関口先生

やったその場で 痛みやこりが軽快!

 人が前かがみになるときに、主に使う筋肉は、体の前面にある大胸筋と腹筋です。寝てるだけストレッチでは、この大胸筋と腹筋をゆるめることを大きな目的としています。

 ポイントは、背中の下に枕を置くことです。二つの枕をTの字形に並べ、その上にあおむけに寝ますが、このとき、腰の部分にこぶし一つ分のすき間ができるように、枕の位置を調節しましょう。こうすることで、ネコ背の姿勢のときに後ろに傾いていた骨盤が、正しい角度に戻り、背骨が自然なS字カーブを描くようになります。腹部が自然に反るので、腹筋がストレッチされます。

 枕の高さは4〜5㎝ぐらいが適当です。低反発など、柔らかすぎる素材の枕は体が沈んでしまうので、パイプやそばがらなど硬めの枕を使ってください。
 体に対して腕を90度横に広げることで、大胸筋がストレッチされます。肩が内側に入らないように、手のひらは上に向けましょう。普段、パソコン作業などで手のひらを下に向けていることが多い人は、手のひらを上に向けることで腕の疲れも解消できます。痛みやしびれを感じる人は、腕の角度を浅めにしてください。

 この状態で、ゆっくり腹式呼吸を行います。鼻から吸って、その息をおなかにため、吸ったときの約2倍の時間をかけて口からゆっくり吐き出します。最初は吸う息3秒、吐く息6秒ぐらいから始め、慣れてきたら秒数を徐々に長くしていくとよいでしょう。

 腹式呼吸によって、大胸筋と腹筋のストレッチ効果がより大きくなります。これを3分間、1日1回やるだけでOKです。

2つの枕をTの字形に並べてその上に寝るだけ!

 私は、多くの患者さんに寝てるだけストレッチを勧めていますが、腰痛、ひざ痛、肩こり、五十肩、股関節痛などがよくなった人が続出しています。やったその場で、痛みやこりがらくになっていると実感でき、毎日続けていると、症状がどんどんよくなっていくのです。

 また、腹式呼吸によって腸が刺激されるためでしょう、「お通じがよくなった」という喜びの声が数多く寄せられています。
 さらに、大胸筋がストレッチされて胸郭が広がると、呼吸がしやすくなるため、酸素がたっぷり取り込まれて細胞が活性化するからでしょう、皆さんの肌ツヤがよくなっています。

 特筆すべきなのは、ウエストが細くなってくびれが現れることです。背すじが伸びれば、おなか辺りにたまっていたぜい肉がスッキリします。そのため、寝てるだけストレッチをやったその場で、ウエストが2〜3㎝細くなることも珍しくありません。

 Nさん(34歳・女性)は、寝てるだけストレッチを1回やっただけで、ウエストがなんと9㎝も減りました。その後、自宅でも実践して、1週間後に当院で2回目にストレッチをしたときには、さらに2㎝減。合計で11㎝も細くなったのです。

 寝てるだけストレッチは、体が柔軟になっているお風呂上がりに行うのがお勧めです。ただし、無理はしないようにしましょう。
 なお、ストレッチが終わった後で、すぐに就寝する場合は、背中の下に当てた枕を外すことを忘れないでください。

体に対して腕を90度横に広げる

「寝てるだけストレッチ」のやり方

背骨のカーブと骨盤の傾きを正し、理想の姿勢に導く「寝てるだけストレッチ」は、1日1回やれば十分です。その場で大胸筋と腹筋の緊張がほぐれるのが実感できるでしょう。日常生活を送るうちに、どうしても姿勢は前かがみになりがち。できるだけ毎日行うことをお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル