MENU
手術を回避!股関節痛が消えた足の指回しの体験談

手術を回避!股関節痛が消えた足の指回しの体験談

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴

「手術しかない」といわれ ショック!

 私は、小学生のときからスポーツが大好きでした。中学生まではバレーボールと、陸上競技で主に走り高跳びをやっていましたが、高校から円盤投げに転向し、インターハイにも出場しています。
 体育教師になってからも円盤投げを続け、40歳のとき、世界マスターズに出場しました。
 ところが42歳のとき、レクリエーションのバレーボールで、右足のアキレス腱を切って、手術を受けました。このケガがきっかけで、選手生活に終止符を打ちました。

 その後、アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました。
 それ以来、重い物を持つと腰が痛くなって動けなくなるので、買い物すら1人でできなくなりました。毎回、夫か娘についてきてもらったのです。
 60歳で定年退職を迎えてからは、夫と毎日ウォーキングに出かけました。陸上選手や体育教師として培ってきた筋肉が衰えないように、運動を続けようと思ったのです。

 ところが、4年前の7月くらいだったでしょうか。
 右の股関節が痛むようになり、長時間続けて歩くことができなくなりました。階段の上り下りもつらく、整形外科に通いましたが、痛みはいっこうに軽減しません。
「治すには手術しかありません」といわれ、ショックを受けました。しかも、「手術をしても、改善するという保障はない」ということなので手術は受けず、ウォーキングをなんとか続けていたのです。

階段の上り下りも 楽になった!

 そんなとき、『壮快』で見つけたのが、「足の中指回し」という健康法でした。

 足の中指(第3趾)を回して、足の痛みが取れたという体験談が載っていたので、早速実践しました。でも、やり方が悪いのか、股関節痛はよくならず、考案者の内田泰文先生の治療を受けに、大阪まで行こうと考えていました。
 そんなやさき、内田先生が、私の住む長崎県対馬市で講習会を開催しました。そこで実際に、足の中指回しをしてもらったのです。
 それまで、私は指先を持って軽く回していましたが、先生は根もとから中指をはさんで、グリグリとしっかり回します。
 効果を感じたのは、その晩でした。

 私は、もともとは体の右側を下にして寝るクセがありました。でも、右の股関節が痛くなってからは、その体勢で寝ることができなくなりました。ところがその晩は、右の股関節を下にして寝ても、ちっとも痛くなかったのです。
 そして翌日、ウォーキングに出かけたときにも、大きな驚きがありました。歩くときに、ほとんど痛みを感じないのです。階段の上り下りも楽になっていました。

 それからは、先生に教えてもらったように、足の中指を根もとからしっかりと回すようにしています。5ヵ月経った今では、完全に痛みから解放されました。ほんとうにありがたいことです。
 腰痛もよくなりました。今では、重い物を持っても痛みを感じなくなり、若返ったのかと思うほどです。
 手術を受けずに、こんなによくなるなんて、内田先生に出会えたことを、ほんとうに感謝しています。
 これからも足の中指回しを続けます。

筋肉がどんどん緩んで 股関節のねじれが解消(豊中愛鍼灸整骨院院長 内田泰文)

 竹本さんは、ケガをしたほうの足をかばっていたため、股関節がねじれて固まっていました。その状態でウォーキングをしたことで、股関節をよけいに痛めてしまったのです。このように、ゆがんだ体で運動すると、逆効果になることがあります。
 足の中指を回すことで、体のバランスが整いやすくなり、筋肉がどんどん緩み、股関節のねじれも解消したのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)
更新: 2019-12-11 14:44:25
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt