MENU
【美白ブームに警鐘】過度に日焼けを恐れるな 骨粗鬆症の予防に日光浴を

【美白ブームに警鐘】過度に日焼けを恐れるな 骨粗鬆症の予防に日光浴を

近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことが重要なのです。【解説】宇都宮光明(サナモア中央診療所所長・医学博士)

太陽光線は私たちが 生存するのに不可欠

 近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。日光を浴びないでいる生活は、私たちの健康を脅かす行為だといってもいいすぎではありません。

 まず、日光を浴びることがなぜ私たちの健康にとって重要なのか、確認しておきましょう。
 太陽光線を浴びると、体内でビタミンDが生成されます。このビタミンDは、私たちの体の中で重要な役割をしています。腸におけるカルシウムやリンの吸収を促進させ、骨組織へリン酸カルシウムの沈着を促し、血漿中のカルシウム濃度の調節を行っています。ビタミンDは、体内のカルシウムの代謝に深く関与しているのです。

 しかも、ビタミンDは食品から必要量をとることが難しいビタミンです。ですから、日光に当たってビタミンDを生成しないと、体内のビタミンDが不足してくるおそれがあります。
 それに、年を取ると、ビタミンDを生成する力が弱まります。70代になると、若いころの半分しかビタミンDを生成できなくなるといわれています。
 ビタミンDが不足すると、骨が弱くなり、もろくなってしまいます。筋組織も弱くなり、筋力も落ちていきます。こうした結果、起こってくる最も代表的な病気が、骨粗鬆症です。
 骨粗鬆症になり骨が弱くなると、転倒が怖いといって外出を控えるかたがいます。これは、あまりほめられた行為ではありません。外出を控え、日光に当たる機会が少なくなればなるほど、ビタミンDの生成は少なくなり、骨も筋力も、どんどん弱くなるからです。

 脊柱管狭窄症も無関係ではありません。なぜなら、脊柱管狭窄症という病気自体も、主に加齢によって起こってくる病気だからです。
 脊柱管狭窄症においても、ビタミンD不足から骨がもろくなったり、筋力が落ちたりすれば、それが、脊柱管の狭窄を引き起こす要因の1つとなりかねません。すでに脊柱管狭窄症で苦しんでいるかたの場合、症状をさらに悪化させる要因となる危険性もあります。

 将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことは重要です。脊柱管狭窄症になっているかたも、日光浴で骨や筋肉の強化を図ることは、症状をそれ以上悪化させないために役立ちます

間欠性跛行が解消し 颯爽と歩ける!

週に1回、30分でOK!

 ちなみに、私の診療所にも、脊柱管狭窄症で悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。私のところでは患部に光線を当てる光線治療を行っていますが、この治療によって、脊柱管狭窄症の症状が軽減するケースがあります。

 1人、症例を挙げましょう。
 70代の女性Aさんの例です。Aさんは、脊柱管狭窄症の大きな特徴の1つである、間欠性跛行があり、100〜200mしか一度に歩けないような状態でした。このため、外出にも苦労するようになっていました。
 間欠性跛行はいったん休憩すれば、また歩けるようになります。Aさんは、私の治療院に来るときも、途中で休み休み通ってきていました。
 Aさんは、私のところで半年間ほどの光線治療を受けました。この結果、かなり症状が軽減し、ごく普通に歩けるようになったのです。その後、ある百貨店で彼女とばったりお会いしたことがありましたが、そのときも、まるで脊柱管狭窄症にかかったことなどなかったかのように、颯爽と歩いていました。

 もちろん、脊柱管狭窄症が起こる主な原因である脊柱管の狭窄自体が、光線治療によって治るわけではありません。ただ、狭窄が起こっている患部周辺の血液循環が、例えば光線治療によって促されれば、痛みなどの症状がよくなるケースは少なくないのです。
 いずれにしても日光浴の重要性は、いくら強調しても強調しすぎることはないと、私は考えています。ことに現代の女性は、美白にこだわり、過度に日焼けを恐れる傾向があります。そうして日光浴を避けてきた結果、年を取って、ビタミンD不足に陥り、骨粗鬆症になってしまっては元も子もありません。

 毎日とはいいません。週に1回、日光浴をしてみてはいかがでしょうか。天気のよい日を選んで、屋外で30分以上、日光浴をすることをお勧めします。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt