MENU
脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)

入浴中に行うとさらに効果アップ!

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの症状の改善にも効果的

 私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。
耳を刺激するこの療法の発祥地は、中国だという印象が強いと思いますが、実際にはフランスの整形外科医、ポール・ノジェ博士が今から50年以上前に考案したものです。

 そもそも、ヨーロッパではかなり昔から、耳を刺激して痛みを取る民間療法が行われていました。
なかでも、耳に温熱刺激を加えて腰痛や座骨神経痛の痛みを取る治療は、フランスで盛んに行われていたようです。

医師として腰痛の治療に当たっていたノジェ博士は、そうした民間療法からヒントを得て研究や臨床を重ね、医学的な根拠に基づく耳介療法を生み出したのです。
 つまり、耳介療法の始まりは腰痛改善だともいえ、現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。

 とはいえ、なぜ脊柱管狭窄症など慢性の腰痛が、腰から遠く離れた耳への刺激で改善するのか、ピンとこないかもしれません。
しかし、実際に慢性の腰痛を抱えて、治療院へなんとか来院された患者さんに、左右の耳をつまむ刺激を30秒加えただけで痛みが軽減することは珍しくないのです。
 耳介療法には、自律神経に作用して体の各所の痛みを改善する反射点があります。耳のどこをつまむのか、刺激を与えるポイントがとても重要です。

 まず、脊柱管狭窄症など慢性の腰痛は、下半身の血液やリンパ液などの循環障害としてとらえます。下半身の循環障害の反射点は、耳の上部の縁の、すぐ内側のくぼみにある3ヵ所です。
 この3ヵ所が並ぶゾーンは、背骨から下の症状を改善する反射点です。
ここを刺激すると、腰から足にかけて、下半身の血液循環がよくなっていきます。

 また、これらのゾーンは交感神経の反射点でもあります。
 脊柱管狭窄症に限らず、痛みや炎症が起こるときは、自律神経の交感神経が緊張している状態です。
ここに刺激を加えることで交感神経の緊張が取れ、自律神経の働きをよくして、痛みやしびれをへらすことができるのです。

「耳をつまむ」だけでOK!急性腰痛よりも慢性腰痛の炎症によく効く

 読者の皆さんの中には、「脊柱管狭窄症」でお悩みのかたが多くおられるのではないでしょうか。
脊柱管は、背骨の後ろ側を通っている神経の通り道です。

 主に加齢などの原因により、この管が細くなって神経を圧迫し、足腰に痛みやしびれを生じます。
これが脊柱管狭窄症という病気です。

 脊柱管狭窄症は、近年、患者数が急速に増加しています。
ある病院のデータによれば、脊柱管狭窄症で手術を受けた患者さんの数は、この30年間で5倍にもなっているそうです。

 現代の日本は、超高齢化社会が進行しており、それに伴って、加齢によって生じる脊柱管狭窄症の患者さんも増加してきたのです。
 しかも、脊柱管狭窄症は、ジリジリと進行する病気なので、整形外科で治療を受けても、なかなかよくならないケースが非常に多いのです。

 脊柱管狭窄症において、最も典型的な症状が「間欠性跛行」という症状です。
これは、足腰に痛みやしびれが出て、長い時間歩けなくなったり立っていられなくなるものです。少し休むと、また歩行や立つことが可能になりますが、時間がたてば、再びしびれなどが出るというくり返しになります。間欠性跛行がひどくなると、数10mしか歩けないかたもいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症は、きちんと治さないと日常生活に支障をきたすことになる病気なのです。

 そもそも、耳介療法での鎮痛効果は、急性よりも慢性の炎症によく現れます。腰椎の脊柱管が、長い時間圧迫されて起こる、脊柱管狭窄症による慢性の炎症の改善には特に適しているでしょう。

 脊柱管狭窄症のほか、一般的な慢性の腰痛や座骨神経痛にも、この3ヵ所の反射点への鍼や、耳をつまむといった刺激が効果的です。
 皆さんが、家庭療法として行う方法としては、耳をつまんで刺激する「耳つまみ」が最適です。では、そのやり方をご紹介しましょう。

耳の反射点の位置

 下記の図のように、耳を縦に2等分したときの耳の縁の最上部が、第1の反射点です。
そこから耳の縁ぞいに、指の幅1本ぶんくらい外側に移動したところ、さらにそこから指の幅1本ぶんくらい移動したところが、第2と第3の反射点です。

 最上部の第1の反射点をしっかりとらえれば、第2と第3の反射点は厳密にとらえなくても大丈夫です。ただし、慣れるまでは鏡の前で行うとよいでしょう。

耳つまみのやり方

刺激する耳と同じ側の手の親指と人差し指で、第1の反射点を5秒間、指先を使ってギュッと強めにつまみます。
これを3回くり返してください。
続いて第2、第3の反射点を同様につまみます。片側の耳が終わったら、反対側の耳でも行います。

耳つかみは毎日続けるのがおすすめ!

 耳つまみは気がついたときに、1日一度、毎日続けるのがお勧めです。
入浴中に湯ぶねにつかりながら行うと、血流がさらによくなります。

 そのほかにも、脊柱管狭窄症は下半身の循環障害なので、体を冷やすと痛みが悪化します。
ふだんの生活で体を冷やさないように注意し、外出時は五本指靴下や簡易カイロなどで下半身を保温するようにしましょう。

 また脊柱管狭窄症では、長く歩いたり、立ちっぱなしだったりで腰が伸びた状態が続くと、痛みやしびれがひどくなることが多いようです。
その際も、この耳つまみを行って、痛みの軽減に役立ててください。

解説者のプロフィール

長谷川亮
長谷川亮・鍼灸院院長。抗加齢指導士。美容、アンチエイジング、痩身などに美容鍼を用い、成果を上げている。

●長谷川亮・鍼灸院
愛知県名古屋市昭和区石仏町2-5-2
TEL 052-893-9439
http://www.ryo89.com/index.html

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル