MENU
慢性のひざ痛は温める?冷やす?「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」

慢性のひざ痛は温める?冷やす?「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」

慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)

炎症や腫れはひいても痛みが残る慢性期

中高年になると、ひざ痛に悩まされる人が増えてきます。

ひざの痛みには、急性期と慢性期があります。
急性期は、ひざを痛めた直後の痛みが激しい時期をいい、ひざ関節に炎症や腫れが見られ、ひざに熱を持っています。

急性期を過ぎた後が慢性期で、ひざの炎症や腫れはひいたものの、痛みが残っている状態のこと。

慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。

今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。

体質により冷やすか温めるかが決まる

ひざと足の裏の温冷・温温布を正しく行うには、まず、自分の体質の見極めが必要です。

慢性的なひざ痛の場合、どんな人でもひざを温めることが有効ですが、足の裏の温湿布がよいか冷湿布が適しているかは、その人の体質によって異なるからです。

東洋医学では、「証」と呼ばれる病気の根本原因や体質を見定めた上で、その人の体質に合った薬や治療方法を選択します。そうした体質の代表的なタイプ分類が、「陰虚」と「陽虚」です。

「陰虚」とは、体を冷やし、体を潤す陰の気(一種の生命エネルギー)が不足しているタイプの人。手足がほてる、のぼせやすい、汗をかきやすい、トイレに行く間隔が長い、足がむれやすく靴を脱ぐと臭い、小太りである、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陰虚体質と考えられます。

「陽虚」とは、体を温めたり、機能を活発にさせたりする陽の気が不足しているタイプの人。冷え症で手足が冷たい、汗をかきにくい、トイレが近い、疲れやすい、やせ気味である、といった特徴に当てはまるものが多い人は、陽虚体質と考えられます。

陰虚体質の人は、ひざが冷え、足先がほてっているため、ひざを温めると同時に、足裏を冷やすのが有効です。陽虚体質の人は、ひざと足先の両方が冷えているので、ひざと足裏をともに温めるのが有効です。

自分がどちらの体質か判断がつきかねる場合は、ひざだけを温めるとよいでしょう。

ひざ痛に効く「温冷湿布・温温湿布」のやり方

ひざ関節は筋肉に覆われていないため、冷えやすく、汗をかくとすぐに冷えてしまうので、温めることが大切です。ひざを温めるときは、左右のひざの関節のすぐ上の内もも側にある血海というツボを中心に温めることがポイントです。

血海は、血行の改善に効果的なツボで、ここを温めることにより、ひざから足先まで温かい血液がスムーズに流れるようになり、ひざの痛みや腫れ、むくみが改善するのです。

自律神経(全身の機能を調整する神経)が切り替わるには、一般に15分くらいかかると考えられているので、ひざと足の裏の温冷湿布は15分以上を目安に行うといいでしょう。

また、ひざの温湿布は、使い捨てカイロなどの道具がなくても、自分の手で簡単にできます。

座って両ひざの内側に手のひらを当てておくだけで、ひざが温まって気持ちがよく、痛みも軽くなります。外出時に歩き疲れてひざが痛くなったときなどに、ぜひ試してください。

【ひざの温湿布】
ひざのお皿の内側の(内くるぶし側)上端から、指の幅3本分太もも側に上がったところに、血海というツボがある。この血海を中心に、ひざの内側を温めるのがコツ。

使い捨てカイロをタオルで包んで、血海からひざの内側の部分に当てる。15分以上を目安に行う。

【足裏の温湿布・冷湿布】
足裏の冷湿布を行うのは、陰虚体質の人。
保冷剤をタオルで包み、足の裏に当てる。15分以上を目安に行う。

温湿布を行うのは、陽虚体質の人。
使い捨てカイロをタオルで包み、足の裏に当てる。15分以上を目安に行う。

※ひざ、足の裏とも、湿布をする間は、タオルで縛り固定しておくとよい。
※それぞれ、熱すぎない、冷たすぎないように、タオルを何重かに巻いて温度調節をする。

【手で温める場合】
イスに腰掛けて、両手のひらを血海からひざの内側に当てて、両足で手を挟むようにして座る。15分以上を目安に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル