MENU
【8の字ゆらし】股関節のゆがみを取り脊柱管狭窄症の痛みやしびれを解消

【8の字ゆらし】股関節のゆがみを取り脊柱管狭窄症の痛みやしびれを解消

腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)

深層筋を強化して股関節を柔軟にする!

 腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。
 ご存じのとおり、股関節は骨盤と足をつなぐ、体で最も大きな関節です。それだけではありません。常に上半身の体重を受けながら姿勢を保ち、歩行を可能にしているのも、股関節の複雑な動きがあってこそなのです。

 そうした過剰な労働によって、年齢とともに股関節の軟骨や接合部の骨がすりへります。また、悪い姿勢や歩き方の影響で、股関節の可動域が狭くなるなどして、股関節痛や腰痛が起こります。
 これまでに、私は2万人近くの患者さんに接してきましたが、腰痛を訴えるかたのほとんどは、股関節の可動域が狭く、その動きがスムーズではありません。同時に、股関節痛と腰痛は併発して起こることが多いこともわかっています。具体的には、股関節痛のある7割から8割の人に、脊柱管狭窄症が見られるのです。逆にいえば、股関節を調整することで、難治性の腰痛である脊柱管狭窄症にも効果が期待できるわけです。

 股関節の調整は治療院でも行いますが、家庭でも継続して行うことが大切です。そして、私が自宅でできる運動として勧めているのが、「脚長差の調整運動」と「8の字ゆらし」です。いずれも、運動中に痛みが出ないので安心です。
 この2つの運動は、とりわけ股関節の靭帯(骨と骨との連結を支持する繊維組織)の働きを整えます。また、深層筋(インナーマッスル)を強化して、椎間板(背骨のクッションの役目をする円盤状の軟骨)への圧力を均等にし、腰椎や股関節の動きに柔軟性を持たせます。

腰のこわばりが取れ間欠性跛行が改善!

「脚長差の調整運動」は、その名のとおり、足の長さの左右差を調整する運動です。そもそも腰痛に悩む人の多くが、足の長さが左右で違います。これは、股関節の可動域が狭くなって骨盤の位置がずれているためです。その骨盤のずれを、横向きに寝て片足を前に出し、肩を背中側に倒すことで調整します。

 一般的には、短いほうの足を上にして横向きに寝るのが基本です。どちらの足が短いか、自分でわからない場合は、いすに座って足を組んだときに、上になったほうの足を上にしてください。
 2〜3分、姿勢をキープしたら終了です。体操前にはそろっていなかった内くるぶしの位置がそろい、足の長さが均等になっているはずです。

 一方、「8の字ゆらし」は、まず、いすに浅く座って、お尻の両わきに両手をつき(または、いすをつかみ)、かかとを少し浮かせます。そして、へそを中心に前後と左右に8の字を描きます。このときに肩を動かすと、椎間板が動かないため、腰椎と股関節が調整されません。両手をいすにつくのは、肩が動かないようにするためです。
 また、できるだけ大きく8の字を描くことで、腰椎や股関節を支える深層筋が動いて、靭帯が無理なく調整されます。靭帯や、関節を覆う関節包が調整されると、腰椎や股関節の不安定さが解消されます。

 1日に一度、脚長差の調整運動を行ってから8の字ゆらしを行うのがお勧めですが、どちらか1つの運動を続けても効果が期待できます。ただし、痛みが激しいときや、熱感があるときは休みましょう。万が一、運動中に痛みが強くなった場合は中止してください。
 この2つの運動をくり返し行うと、股関節の位置や動きがよくなります。その結果、脊柱管狭窄症の、腰を反らすと誘発される痛みも出にくくなるはずです。腰のこわばりも取れて、間欠性跛行や座骨神経痛による腰から足にかけてのしびれも改善します。

 年だからと決してあきらめずに、ぜひ股関節のゆがみを自分で調整し、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを解消してください。

「足の左右差」の調整運動のやり方

8の字ゆらしのやり方

解説者のプロフィール

大谷内輝夫
ゆうき指圧院長。1953年生まれ。「ひざ、股関節の治療では日本で一番信頼される人になりたい」という志を胸に、日々ゆうきプログラムの研究や指導に当たっている。著書に『股関節痛の94%に効いた!奇跡の自力療法』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt