MENU
腎臓の疲れが「むくみ」を招く!水分を排出する「腎臓ひねり」のやり方

腎臓の疲れが「むくみ」を招く!水分を排出する「腎臓ひねり」のやり方

しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺りに痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)

解説者のプロフィール

浜田貫太郎(はまだ・かんたろう)
●浜田整体院
東京都目黒区緑ヶ丘2-17-24 バンヴェール栗山201号
03-5729-1373
http://seitai.iiyudana.net/

浜田整体院長。
1980年、石川県生まれ。2008年から浜田整体を開業。施術のほか講座を開催して整体の普及に努める。著書『整体操法入門』(たにぐち書店)が好評発売中。

汗の出が悪くなると腎臓が疲弊しむくむ

秋を迎えると、むくみを訴える患者さんが急増します。これは、汗をかかなくなることと関係があります。
体内の水分と老廃物は、夏の間は汗と尿から排泄されます。しかし、秋になり気温が下がると、発汗量が減るので、それらを尿の排泄で補わなければなりません。発汗と排尿は、補い合っているのです。

体の水分の流れを調整しているのは腎臓です。腎臓には、この変化が大きな負担となるため、疲れてしまい、水分の排泄が滞るのです。

また、腎臓が疲れると、冷え症になります。しばしば東洋医学では冷えの害を説きますが、その冷えというのは血行不良のことです。むくみと冷え症はセットなのです。

一方で、腎臓の疲れを私たちは「腰の痛み」として察知することがあります。秋になって腎臓の辺り(左図参照)に痛みやこわばりを感じたなら、腎臓由来の腰痛と考えていいでしょう。

今回ご紹介する「腎臓ひねり」という体操は、こういった腎臓の疲れからくる症状にとても有効です(基本的なやり方は下記参照)。

やり方はとても簡単ですが、効果を出すために欠かせないコツが二つあります。
まず、ひねる動きです。これはラジオ体操のように勢いをつけてはいけません。勢いでひねると、ひねり具合が不十分となり、効果が出ません。

腎臓ひねりは、腎臓を助ける体操です。ひねる動きによって、水分で膨らんだ腎臓から水をジャーッと絞り出しているようなものです。

ですから、1回ごとにしっかりひねることが肝心。どこまでひねることができるか確かめるつもりで、ゆっくり、めいっぱい体をひねり切ります。
水で濡らしたタオルを絞るようなイメージで、上半身をギューッとひねるとやりやすいかもしれません。

次に、体を戻すときですが、ねじったゴムが戻るような感覚で、一気に脱力して、体を正面に戻します。緩急をつけることで、最大の効果を発揮します。

■腎臓を意識して行うとさらに効果アップ!

腰痛が解消!3kgやせた!

「むくみと冷え症をなんとかしたい」と訴えて来院されたAさん(40代・女性)は、腎臓ひねりを実践して1ヵ月で、ひどいむくみが改善しました。
Aさんは上半身は細いのですが、むくみで下半身だけが太っていました。それが腎臓ひねりを行ったところ、ふくらはぎは引き締まり、土気色だった顔も血色がよくなりました。

また、むくみと腰痛を訴えて来院されたBさん(50代・男性)は、腎臓の周囲が張っており、典型的な腎臓由来の腰痛でした。むくみで全身がカチカチでしたが、2~3ヵ月ほど腎臓ひねりに取り組んだところ、体は柔らかくほぐれ、腰痛が解消したのです。

Aさんはいわゆる水太り、Bさんは固太りでしたが、両者とも腎臓ひねりで体がスッキリとしました。私自身、ほかの体操とともにですが腎臓ひねりを行って13㎏やせたことがあります。

腎臓ひねりの効果は、これだけにとどまりません。
東洋医学で腎臓の不調が原因で起こるとされている、頻尿、更年期障害によるのぼせやホットフラッシュ、目の下のクマ、耳の聞こえなどまでが改善します。

意外なところでは、外反母趾です。外反母趾も、腎臓の不調によって起こることがあります。また血行もよくなるので、髪や爪、歯ぐきなどを美しくする美容効果もあります。

うまくできない場合はわき腹をつまむ

このように幅広い効果が得られる腎臓ひねりですが、難点が一つあります。
それは、この体操が必要な人ほど、「うまくできない」という点です。というのも、腎臓が疲れている人ほど、体がガチガチに固まっていて、ひねる動きがうまくできません。

そこで今回は、腎臓ひねりの前に行う準備体操「わき腹つまみ」もご紹介します(やり方は下記参照)。
これは、わき腹の皮膚をつまみながら上半身を左右に倒すことで、筋肉を効率的にゆるめます。この体操自体に、腎臓の働きをよくする効果もあります。

また、体操の効果を出すためには、1ℓ以上の水を飲むことも大切です。むくみがある人は水分を控えることが多いようですが、新しい水を補給しないと、古い水は出ていきません。

また、女性では尿を我慢しすぎて、ひどいむくみを招いている症例をよく目にします。我慢しすぎて尿意を感じなくなっている人もいるので、こまめにトイレに行くことを習慣づけてください。 

腎臓ひねりを正しく実践すれば、2週間ほどでむくみが解消するなどの効果を感じるでしょう。ぜひお試しください。

ギュ~っとひねってパッと戻すだけ!「腎臓ひねり」のやり方

❶イスに座る。
❷ゆっくり上体を左にひねる。もうこれ以上ひねることができないところで、3秒キープする。

❸パッと脱力して正面に戻る。
❹右も同様にひねる。


ポイント
● 左右交互に10回ずつ行う。  
● 呼吸は止めずに自然に行う。
● ひねるときはゆっくりと、正面に戻るときは素早くと、動きに緩急をつける。
● 正座して、立位で、行ってもよい。

うまくできない場合は、最初に「わき腹つまみ」を行おう!

❶両手でわき腹の皮をつまむ。(肋骨から骨盤の間を5等分にして、一番上の辺りをつまむ)
❷皮をつまんだまま、体をゆっくり左右に10回ほど交互に倒して、わき腹を伸ばす。
❸わき腹のつまむ位置を下にずらして、同様に行い、いちばん下まで行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-02-03 10:05:24
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル