MENU
若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

若すぎる!早見優が「氷酢タマネギ」を実践!血管年齢はどう変わった?

チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)

プロフィール

早見優(はやみ・ゆう)
タレント。3歳から14歳までグアム、ハワイで過ごす。14歳でスカウトされ、1982年15歳のとき「急いで!初恋」で歌手デビュー。 「夏色のナンシー」や「PASSION」などのヒット曲がある。以後、国際感覚を生かしテレビ、舞台などで活躍。上智大学比較文化学部日本文化学科卒業。96年に結婚し、現在、二女の母。日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級(2001年取得)、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート(2008年取得)、国際ビジューセラピー協会パワーピアスセラピスト(2013年取得)などの資格も持ち、多方面で活躍中。現在、NHKWORLD「Dining with the chef」、NHKラジオ「ラジオ深夜便ビギナーズ」にレギュラー出演。

●オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/hayami-yu/

食べ物による健康法を初めて体験

私は34歳で長女を出産したときに健康を強く意識し始めました。「私に何かあったらこの子はどうなる?」という危機感のような思いが生まれたんです。 それ以来、毎年人間ドックを受け、ジムやヨガ教室などに通って健康維持に努めています。

今年の4月にはズンバという、ラテン系の音楽を使ったエクササイズのインストラクター資格も取得しました。このように長年、体を動かす健康法になじんできた私ですが、食に関した健康法はあまり試したことがありません。これには理由があります。

ハワイから出てきて、15歳でデビューしたばかりの私は、いつも「おなかをすかせたアイドル」でした。食事は不規則で、当時はコンビニも少なく、食べたいときに食べられなかったんです。食べ盛りの10代には、ちょっとつらい体験ですよね。

だから今の私は「食べたいものを食べる!」主義。夜遅くは食事をしないなどの気は遣いますが、厳しい食事管理はしたことがありません。体によいという健康食品も、おいしくなければ食べたくないんです。

そんな私ですが、「氷酢タマネギ」にはハマりました。
氷酢タマネギとは、生のタマネギ、酢、ハチミツを一緒にミキサーで攪拌し、製氷皿に入れて凍らせたものです。2年前に出演したテレビ番組で知り、常食すれば血液がサラサラになるということで、10日間食べ続けて、その効果を検証しました。

もともと私はタマネギが大好きで、当時も丸ごと1個のタマネギとフレッシュなオレンジジュースで作るドレッシングを好んでいました。ですから、氷酢タマネギにも抵抗はありませんでした。

お魚のカルパッチョに半解凍した氷酢タマネギを添え、オリーブオイルをかけると、シャリシャリの食感が楽しめます。また、豚のショウガ焼きは、タレに氷酢タマネギを加えると、味にコクが出ます。

番組のノルマは1日3かけらでしたが、このようにいろいろな料理に使えるので、飽きずに食べ続けられました。番組では、10日間のチャレンジの前後で血管年齢の数値を測定しました。

チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。数値がよかったので、ここから下がるかが注目でした。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、なんと、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。健康な血管をさらに若返らせてくれた氷酢タマネギの力に驚きました。ちなみに一緒にチャレンジしたお笑いコンビ、TKOの木下さんは、血管年齢が59歳から42歳(マイナス17歳)という驚きの結果が出たんですよ。

材料も自分で選べるから安心して食べられる

氷酢タマネギを食べ始めての体調の変化はほかにもあります。まず、食べ始めて2~3日後に便通が改善しました。スケジュールが立て込むとよく滞っていたお通じが、毎日気持ちよくつくようになったのです。

1週間後には、血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。あと、化粧ののりもよくなりましたね。だから番組企画の終了後も、氷酢タマネギを食べ続けました。

家族にも氷酢タマネギは好評で、特に主人は、氷酢タマネギ入りの豚のショウガ焼きがお気に入り。主人も「最近、疲れにくいし、肩こりもしないな」なんて不思議がってました(笑)。

今回取材のお話をいただき、あらためて氷酢タマネギを作って食べたんです。やっぱりおいしいですね。今年は酷暑が続いたので、トマトジュースに入れて飲んだら、自然な甘さと、シャリシャリの食感が楽しめました。これからの寒い季節には、鍋物のポン酢に入れてみるつもりです。

氷酢タマネギの魅力は、なんといっても「おいしい」こと。いくら体によい食品といわれても、おいしく食べないと、体は反応してくれないと思います。だから私は「おいしい」って本当に大事だと思っています。

また、食材も自分で選び、調理するので子どもに食べさせても安心です。家族で食べられる氷酢タマネギ、お勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt