MENU
腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)

家事も満足にこなせない地獄のような日々

交通事故に遭ったのは、今から23年前のことです。自転車に乗っていたところ、走っている車に衝突されて、私は3mくらい吹き飛ばされました。
不幸中の幸いというべきか、命に別状はなく、病院では全治10日間の全身打撲と診断されました。しかし、それ以来、交通事故の後遺症に悩まされるようになったのです。

まず、腰痛です。外出時は、腰に巻くコルセットが欠かせません。
さらに、左のひざも悪くなり、水がたまるようになりました。今でも覚えていますが、その当時、整形外科で27回も水を抜いてもらいました。そして、左ひざをかばうようにしていると、今度は右ひざにも痛みが出るようになったのです。
こうした腰とひざの痛みは、いくら治療を受けてもよくなりませんでした。

とどめは3年前です。
そのころ、私は叔父の介護に明け暮れていました。介護術に明るくなかった私は、腕の力だけで叔父の体を起こしたり、支えたりしていました。
叔父の体重は76㎏と大柄だったため、そうした方法では、すぐに限界がやってきました。右肩に激痛が走るようになり、もともと悪かった腰を、さらに痛めてしまったのです。

整形外科で診てもらったところ、右肩は筋肉断裂、腰は脊柱管狭窄症と診断されました。MRI(核磁気共鳴画像装置)で調べると、腰の骨が3本も圧迫骨折していたとわかったのです。そのせいで、身長が5.5㎝も縮んでいました。

肩は、手術を受けずに、とにかく我慢することにしました。しかし、状態はよくならず、ついには、腕が上がらなくなってしまいました。大好きな卓球もできなくなり、心底落ち込んだものです。

腰は、さまざまな治療を受けましたが、こちらも全く改善しません。楽になるのは横になって寝るときだけで、年中ずっと、鈍痛に悩まされました。

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど、中腰の姿勢になるときです。それに加え、腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。

そんな地獄のような日々を過ごしていたある日、整体院大鉄のことを偶然知りました。なんでも、腰痛の治療を得意としているとのこと。そこで私は、なんとか楽になりたいという思いで、院長の大野直貴先生のもとを訪ねたのです。
大野先生の施術は、すばらしいのひと言でした。施術を受けたあとは、全身がポカポカして、まるで生まれ変わったかのように体が軽くなります。

こうして、大野先生のところに通い始めたのが、昨年末のことです。以来、週に1回のペースで今も通っています。
施術後、毎回、自分でできるセルフケアを教わりました。その一つが、「わきの押し回し」です。

私は、暇さえあれば、常にわきの押し回しを行いました。また、肩を回す肩甲骨のストレッチ法も教わりました。私は、腕が上がらないので、最初はだいぶ苦労しました。しかし、根気よく続けていくうちに、しっかりと回せるようになったのです。

1ヵ月で腰痛が大改善!大好きな卓球を再開!

こうして、毎週、施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で、腰痛はうそのように軽くなりました。

一年中悩まされた鈍痛が軽くなり、コルセットを着け忘れることが増えたのです。中腰の姿勢で家事をしても、痛みは我慢できるレベルになりました。
今では、20年以上使い続けてきたコルセットが不要なほど、大改善しています。以前の痛みのレベルを10とするなら、2~3程度まで下がりました。

さらに驚いたのは、腕が上がるようになったことです。わきの押し回しなどのセルフケアで、毎日のように肩を回していたことが功を奏したのでしょう。おかげで、洗濯物を干すのも楽になりました。

なによりうれしかったのは、再び卓球ができたことです。
死ぬまでに一度だけでもいいから、また卓球がしたいと考えていましたが、大野先生のおかげで、その夢がかなったのです。それどころか、どんどん肩とひざの調子がよくなっているので、本格的に卓球を再開できる日も遠くないはずです。

大野先生と出会ったことで、一生続くとあきらめていた腰痛、肩の痛み、そしてひざ痛までもが、次々と改善しています。大野先生には、感謝してもしきれません。

家事が苦にならない!

わきから広背筋を緩めて腰の神経の圧迫を軽減(整体院大鉄院長・柔道整復師 大野直貴)

中村さんと初めてお会いしたとき、ネコ背や巻き肩など、体のバランスがくずれていることがすぐにわかりました。姿勢の悪いかたは、広背筋が緊張しているケースがほとんどです。

そこで、中村さんのわきの下を触診すると、やはりガチガチに固まっていました。中村さんの脊柱管狭窄症は、骨の変形ではなく、広背筋の緊張やねじれによって、腰の神経が圧迫されていたようです。

わきの押し回しは、広背筋の緊張をほぐし、圧迫された神経を解放します。腰痛はもちろん、姿勢の悪さを自覚しているかたにもお勧めします。

この記事は『壮快』2018年11月号に掲載されています

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt