MENU
【下げて寄せる!】脊柱管狭窄症の痛み・間欠跛行を改善する2つの「肩甲骨ほぐし」のやり方

【下げて寄せる!】脊柱管狭窄症の痛み・間欠跛行を改善する2つの「肩甲骨ほぐし」のやり方

脊柱管狭窄症で痛みやしびれなどが起こる元凶は「腰の反り」にあり、さらにその引き金となる「胸椎の曲がり」にあるのです。脊柱管狭窄症の症状の予防・改善には、腰を反らす必要をなくすことが大切。最も効果的なのが、反りの元になっている胸椎の曲がりを改善していくことなのです。【解説】園部俊晴(コンディション・ラボ所長・理学療法士)

解説者のプロフィール

園部俊晴(そのべ・としはる)
●コンディション・ラボ
川崎市宮前区宮崎2-7-51 リーセントパレス宮崎203
044-572-2678
https://conditionlabo.com/

コンディション・ラボ所長。理学療法士。
整形外科領域の治療を専門とし、一般から、一流アスリートや著名人などの治療も多く手がける。『健康寿命が10年延びるからだのつくり方』(運動と医学の出版社)など著書多数。新聞、雑誌、テレビなどにも多く取り上げられる。

後ろに丸まった胸椎を改善することが大事

私は理学療法士として30年、多くの患者さんのリハビリテーション指導に携わってきました。その経験からわかったのは、「元気で長生きするのに必要なのは、体がかたくなるのを防ぐということ」です。

特にお年寄りには、これが何より大切です。というのも、私たちは加齢とともに、関節を動かしたり安定させたりする軟部組織(筋肉や靱帯、腱など)がかたくなっていくからです。
体がかたくなることで、さまざまな問題が起こってきます。特に注意すべきことは、次の四つです。

❶ケガや転倒が多くなる。
❷背骨が曲がりやすくなる。
❸関節が不安定になることで、痛みが生じやすくなる。
❹連動するほかの関節や筋肉に負担がかかることで、やはり痛みなどの症状が出やすくなる。

脊柱管狭窄症も、こうしたメカニズムから生まれる病気の一つであり、特に「背骨が曲がる(後弯)」ことに深い関係があります。

上の図を見てください。脊椎管狭窄症の人の多くは、このように胸椎(背骨の胸の部分)が後ろに丸まり、腰が反った姿勢になっています。

これは、胸椎の周囲の筋肉などがかたくなって、固まった状態です。この姿勢で体を起こすと、どうしても腰が反ります。

すると、腰椎(背骨の腰の部分)の中にある管(脊柱管)が押されて狭くなり、脊髄(脳と体の各部を結ぶ神経組織)を圧迫したり、静脈の血流を停滞させたりします。これが脊柱管狭窄症です。

つまり、脊柱管狭窄症で痛みやしびれなどが起こる元凶は「腰の反り」にあり、さらにその引き金となる「胸椎の曲がり」にあるのです。

胸椎が丸まってくる原因は、先天的なものや、生活動作のクセ、老化などです。もともとその傾向が強い人は、脊柱管狭窄症になりやすいといえます。
 
ですから、脊柱管狭窄症の症状の予防・改善には、腰を反らす必要をなくすことが大切。そのために、最も効果的なのが、反りの元になっている胸椎の曲がりを改善していくことなのです。

胸椎の曲がりを改善!「肩甲骨ほぐし」のやり方

胸椎の曲がりを直すのに重要なのが肩にある骨(肩甲骨)です。背中が丸まっている人は、たいてい肩も前に出て丸まっています。肩甲骨がかたくなり、本来の位置より上や外にあると、背中を伸ばそうとしても、十分に伸ばすことができません。

逆に、肩甲骨の動きがよくなると、背中を伸ばしやすくなります。つまり、胸椎の曲がりを正すことができるのです。
そこで私が、脊柱管狭窄症の患者さんに勧めているのが「肩甲骨ほぐし」という体操です。
肩甲骨ほぐしには、二つのやり方があります。

『肩甲骨下げ』

一つは、手のひらにお皿を乗せるイメージで、そのお皿を落とさないように顔の両側から後ろへ移動させる体操です。かたくなって上がった肩甲骨を下げながら、胸椎を伸ばす効果があります。

❶イスに浅く座って上体をまっすぐにし、お皿を乗せるイメージで手のひらを顔の両側にかまえる。

❷上体をまっすぐにしたまま、1、2で手を後ろに引き、ゆっくり元の位置に戻す。肩甲骨を下げるイメージで10回くり返す。

『肩甲骨寄せ』

もう一つは、90度に曲げた両ひじを肩の高さまで真横に上げ、ひじとあごを後ろに引く体操です。こちらは、かたくなって外側に開いた肩甲骨を内側に寄せながら、胸椎を伸ばしてくれます。

❶両ひじを90度に曲げ、肩の高さまで真横に上げる。手のひらを下にする。

❷上体をまっすぐにしたまま、1、2でひじとあごを後ろに引き、ゆっくり元に戻す。肩甲骨を内側に寄せるイメージで10回くり返す。

※「肩甲骨下げ」「肩甲骨寄せ」とも、毎日、決めた時間に行うとよい。痛みがなければ、何回やってもかまわない。

10分歩けなかった人が1ヵ月後に30分も歩けた

肩甲骨ほぐしを毎日続けると、肩甲骨周囲の筋肉がほぐれ、肩甲骨の動きがよくなります。曲がった胸椎を少しずつ、正しい位置に戻してくれるのです。そうなれば、腰を反る必要もなくなり、脊柱管が狭くなりにくくなります。

これらの体操の効果を示しているのが下のグラフです。
■脊柱管狭窄症の運動療法による効果(歩行距離の変化)

※赤羽根良和:『腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック』(運動と医学の出版社)2017.より一部改変して引用

脊柱管狭窄症の特有の症状として「間欠跛行」があります。これは歩いていると、足腰に痛みやしびれが広がって歩けなくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる歩行障害です。

グラフに示したデータは、この歩行障害のある脊柱管狭窄症の患者さんが、肩甲骨ほぐしや腰の体操などのリハビリを続けた結果をまとめたものです。

リハビリ開始時は、ほとんどの人が300m以下しか歩けませんでした。それがリハビリ開始後1~2ヵ月の間に、61%の人が1km以上歩けるようになっています。

この結果は、脊柱管狭窄症であっても、リハビリが非常に有効であることを示しています。一般的に歩行距離が300m以下では日常生活に支障を来し、手術あるいは車イスが必要とされます。500mが積極的な治療を行うかどうかの境界、1km以上なら問題なしとされているからです。

直近の具体的な症例をご紹介しましょう。
Sさん(男性・75歳)は胸椎がかなり曲がっており、典型的な脊柱管狭窄症の姿勢でした。右足のしびれが顕著で、10分と続けて歩けません。筋肉の状態を調べるテストでも、腰椎が反った状態で固まり、かたくなっていました。

そこで、肩甲骨ほぐしを中心とした体操を教え、自宅で毎日行ってもらったところ、テスト数値が徐々に改善。それに伴って右足のしびれが軽減し、歩行距離も延長しました。1ヵ月後には30分と、3倍の時間を普通に歩けるようになりました。

肩甲骨ほぐしは、毎日続けることで脊柱管狭窄症の痛みやしびれ、歩行困難などのつらい症状の緩和に確実に役立ちます。背中が曲がっている人、肩甲骨を動かしにくい人も、ぜひ、取り組んでみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt