MENU
人気料理家が伝授!「酢みそ汁」におすすめな具材と作り方のコツ

人気料理家が伝授!「酢みそ汁」におすすめな具材と作り方のコツ

「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)

解説者のプロフィール

庄司いずみ(しょうじ・いずみ)
野菜料理家。日本ベジタリアン学会会員。
かんぶつマエストロ。レシピ本や雑誌、テレビ、ブログなどで野菜料理を紹介。主宰する『庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ』の野菜の料理教室も人気。
●庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ
http://shoji-izumi.tokyo

味に深みが出て旨みがグッと増した

私が主宰する「ベジタブル・クッキング・スタジオ」では、おかずやスープはもちろん、デザートも野菜で作ります。野菜のおいしさを十分に生かしたレシピは、参加者の皆さんから好評です。

さて、今回のテーマは「酢みそ汁」。私の料理教室では、酢もみそも大活躍。いずれも旨み成分が豊富な調味料なので、野菜の味を引き立ててくれるばかりか、減塩の一助にもなります。

料理教室のレシピにはありませんが、我が家では、みそ汁に酢を入れることもあります。
酢みそ汁誕生のきっかけは、全くの偶然でした。ある日、みそ汁のだしが若干薄めだったので、ほんの少しお酢を垂らしてみました。炒め物や煮物に酢を加えると、コクが出ることを知っていたので、「味に深みが出るかも」と思ったのです。すると予想どおり、旨みがグッと増しました。

「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。実際、このとき酢みそ汁を飲んだ家族からは、「酸っぱい」「いつもと違う」という声は出ませんでした。

その後もわが家では、酢みそ汁がときどき食卓に上がります。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。

酢が苦手なら加熱するといい!

一つめは、私がみそ汁に酢を入れるきっかけとなった、「切り干し大根の酢みそ汁」です。
切り干し大根を戻し汁ごと煮て、みそを溶き入れます。仕上げに、刻みネギを加え、酢を垂らすだけです。酢の分量は、みそ汁1杯につき、小さじ半分が目安です。

酢が苦手で、少量でも気になるという人は、だしで具材を煮るときに酢を入れ、加熱するといいでしょう。酸味は飛びますが、旨み成分は残ります。

みそ汁に酢を加えると、口当たりがさっぱりします。ですから、具材は根菜類のように、甘みのある食材が合います。切り干し大根からは、甘みだけでなく旨みもたっぷり出るので、別途だしを取らなくても、コクのあるおいしいみそ汁に仕上がります。

逆に、「とにかく、さっぱりしたみそ汁を飲みたい」というときは、「トマトの酢みそ汁」がお勧めです。
トマトは最近、おでん種としても人気です。意外かもしれませんが、だしやみそとよく合います。最後に黒コショウを軽く振ると、味が引き締まります。

みそ汁のだしやみそが足りなくて、「薄味かな」と感じたときは、酢を少量入れてみてください。化学調味料や顆粒だしを足すよりも、酢を加えたほうが、コクと旨みが増します。塩分制限をしていて、みそを控えたいという人にも、お勧めです。

「酸っぱいみそ汁が飲みたい」「さっぱり感を強くしたい」という場合は、みそ汁1杯につき、酢を小さじ1程度まで増やしてもいいと思います。

みそと酢の味についても、お話ししましょう。
みそには大きく分けて、米みそと麦みそ、豆みそがあります。
なかでも、「八丁みそ」とか「赤だしみそ」と呼ばれる豆みそは、長期熟成されるため、風味の強さが特徴です。豆みそを使ったみそ汁(いわゆる赤だし)に酢を入れると、酸味が強調されるので、飲みにくいかもしれません。

酢みそ汁に豆みそを使うときは、香りの強いゴボウやセリ、ミツバなどを具にすると、味のバランスが取れておいしくなります。ゴボウは火が通りにくいので、炒めてから加えるといいでしょう。炒める段階で酢を加えると、酸味が和らぎます。

最近は、いろいろな種類の酢が店頭に並ぶようになりました。家庭でよく使われるのは穀物酢か米酢だと思います。使いやすいのはクセのない米酢ですが、酸味の強い穀物酢もお勧めです。

ブドウから作られるバルサミコ酢は、なじみが薄いかもしれませんが、最近ではスーパーなどでも普通に売られています。フルーティーな香りが特徴のおいしいお酢です。

バルサミコ酢は風味が独特なので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、みそ汁に加えると、洗練された味わいになります。先ほどの、ゴボウやセリ、ミツバなどを具にした赤だしには、バルサミコ酢が合うと思います。

我が家では特に、ショウガ入りの酢みそ汁が好評です。体が芯から温まるので、冬はもちろん、夏の冷房による冷え対策にもお勧めです。

酢が体にいいとわかっていても、「酢の物くらいしか思い浮かばない」とか「酸っぱい物が苦手」という人も多いでしょう。その点、酢みそ汁は、具材を変えることでレパートリーが広がりますし、酸味をあまり感じずに酢をとることができます。ぜひ、お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
幼い娘が苦しんでいるのに、何もできないのは、親としてほんとうにつらいことです。そこで、みそ汁に黒酢を入れることにしました。黒酢みそ汁をほぼ毎日飲むようになった娘は、3歳になるころには、ほとんどカゼをひかなくなりました。ぜんそくの発作も、めったに起こさなくなったのです。【体験談】川原俊之(仮名・会社員・33歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル