MENU
血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

血管年齢マイナス6歳!私の体を変えた食べ物は「味噌」お気に入りは黒酢入りみそ汁

「みそ汁を飲みなさい。そんな肌荒れくらい、すぐに治るよ」と勧められたのも、みそ汁を飲む大きな動機となりました。翌日から、毎日みそ汁を飲みました。すると、ボロボロだった肌が2ヵ月で生まれ変わったのです。便秘も解消して、毎日快腸です。冷え症も改善し、真冬でも手足の冷えを感じません。【体験談】藤本智子(ミソガール)

プロフィール

藤本智子(ふじもと・ともこ)
1985年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011年ミソガールとして、みその普及啓蒙活動を開始。12年「みそソムリエ」取得。14 年「ジャパン味噌プレス」創刊。みそ関連イベントの企画・運営、情報発信、商品開発など、多方面で活躍中。
●ジャパン味噌プレス
http://misopress.jp/

便秘が解消し毎日快腸!真冬でも手足が冷えない

私は現在、みその普及のために、イベントや「みそまる(みそにだしと具材を混ぜて団子にした物)」のワークショップ、メディアへの出演など、多角的に活動しています。
私が「ミソガール」を名乗るようになって、7年が経過しました。その間、私はどんどん健康になって、悩みだった肌荒れもすっかりよくなりました。

ミソガールになる以前の私は、毎日体調が悪く、アトピー性皮膚炎で肌はボロボロでした。
そのころは、服飾関係の会社に勤め、並行してモデルの仕事もしていたので、かなりハードな生活を送っていました。外食やコンビニ食、ファストフード中心の食生活だったうえ、ダイエットもしていたので、立ちくらみやふらつきが日常茶飯事でした。お通じも3日に1回あればいいほうだったのです。

アトピーが悪化したため、思い切って仕事を辞め、引きこもるように暮らしていました。そんな生活を3ヵ月ほど送っていたのですが、あるとき、ご縁があって、広島大学名誉教授の渡邊敦光先生にお目にかかる機会を得ました。渡邊先生は、みそ研究の権威です。

渡邊先生から、みそに関する科学的な研究や、みそが持つ効果効能についてお話を伺い、「みそが体を変えてくれる」と直感しました。また、私の肌を見た渡邊先生から「みそ汁を飲みなさい。そんな肌荒れくらい、すぐに治るよ」と勧められたのも、みそ汁を飲む大きな動機となりました。

翌日から、毎日みそ汁を飲みました。すると、ボロボロだった肌が2ヵ月で生まれ変わったのです。今では、アトピーの痕跡もなく、素肌に自信が持てるほどになりました。

便秘も解消して、毎日快腸です。冷え症も改善し、真冬でも手足の冷えを感じません。
カゼもひかなくなりました。ミソガールになって以来、薬も病院もごぶさたです。

血管年齢が実年齢より6歳若く医師ビックリ!

酢みそ汁を飲むようになったのは、ミソガールになって間もなくです。
鹿児島の醸造会社を訪問し、みそと同じ発酵食品である黒酢について、取材しました。

そのときに「酢をみそ汁に入れると栄養価も高まるし、味もよくなるよ」と教えてもらい、すぐに試したのです。
みそ汁に、小さじ3分の1程度の酢を加えるだけで、味に深みが増します。そのうえスッキリして、とても飲みやすくなります。酢の種類はお好みでいいと思いますが、私は黒酢を入れています。

お勧めの酢みそ汁を一つ、ご紹介しましょう。ニンジン、シイタケなどの野菜と春雨を具材にし、ラー油と黒酢を加えた酸辣湯風みそ汁です。これなら、酢みそ汁初心者でも、抵抗なく飲めると思います。

ミソガールの仕事は、華やかな面ばかりでなく、力仕事もあります。出張も多く、ほんとうにハードスケジュールですが、みそや酢などの発酵食品を毎日とっているおかげで、疲れがたまりません。

私が1日にとるみその量は、約100gです。まず、みそ汁を毎日5杯以上飲んでいます。
それ以外にも、調味料としてみそを使うので、この量になります。料理にも塩ではなく、みそを使っています。(注:体質は人それぞれで、少量の塩分で血圧が上がる人もいます。血圧や血糖値が高めで通院や治療をしている人は、主治医の指示に従ってください。)

調味料では、酢もよく使います。特に、みそを合わせて酢みそにすると、和え衣やドレッシングなど、いろいろな料理に活用できます。

ところで、皆さんのなかには、「みそをたくさん食べたら、塩分のとり過ぎで体に悪いのでは?」と思われるかたもいらっしゃるでしょう。
実は今年の5月、NHKの『BSプレミアム 味噌から発見! 美容パワー』という番組で、私の血圧と血管の状態を調べていただきました。

私の日々のみそ摂取量は約100gで、含まれる塩分は12g。厚生労働省の勧める成人女性の塩分摂取量は7gですから、それに比べると、かなり取り過ぎです。

ところが、病院で検査したところ、最大血圧は107㎜Hg、最小血圧は71㎜Hg(基準値は最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。
さらに、私は今33歳ですが、血管年齢は実年齢よりも6歳も若い27歳という結果でした。血管年齢は、血管の柔軟性を測定して算出されます。

みその摂取量に驚いていた医師は、検査結果を見て、さらに驚いていました。
みそには、解明されていない健康効果が、まだまだたくさんあるそうです。皆さんも、おいしくて健康効果の高い酢みそ汁を、ぜひ飲んでください。

酢みそ汁などの和食で不調改善が期待できる(東京農業大学名誉教授 小泉幸道)

酢もみそも、日本古来の優れた発酵食品です。食生活の乱れが原因の不調は、酢みそ汁などを含む和食を心がけることで、改善が期待できるでしょう。

ただ、みそを毎日100gとるのは多いと思います。藤本さんは血圧などに影響はないようですが、体質は人それぞれで、少量の塩分で血圧が上がる人もいます。血圧や血糖値が高めで通院や治療をしている人は、主治医の指示に従ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt