MENU
足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)

解説者のプロフィール

土井亮介(どい・りょうすけ)
●足の痛みの治療院
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-2-2 ローバーセンター北7F
0120-122-393
https://ashinoitami.com/

足の痛みの治療院院長。鍼灸師、あん摩・マッサージ指圧師。
幼少から野球を始め、甲子園を目指す中で、肩の痛みや骨折など、さまざまなケガを経験。そこから「ケガで肉体的にも精神的にも苦しむ人を救いたい」と思うようになり、治療家への道を進む。

痛みを緩和するのに最強のセルフケア

足に痛みがあると、人生の楽しみは半減します。外出がしづらくなり、友だちや孫に会うことも、旅行に行くことも、ままならなくなるからです。
そんな人に人生を再び謳歌してもらいたい。これが足の痛みを専門にする治療院を始めた動機でした。 
以来、年間4500名を超える患者さんを施術し、どこに行っても治らない足の不調を改善へと導いてきました。

そんな私が、「最強のセルフケア」と思う痛みの解消法があります。それが「甘い物断ち」(糖質制限)です。

ごく最近、経験した症例をご紹介しましょう。
Aさん(50代・女性)は、左の足首の痛みを訴えて来院されました。患部はパンパンに腫れあがり、痛みで足が地面につけられないほどでした。
そこで、鍼灸や整体による治療を行ったところ、翌日「らくになった」と電話をいただきました。さらにその4日後には、腫れも痛みも引き、完治となったのです。

治療中、私がAさんに実践してほしいとお願いしたのが、甘い物断ちでした。 
実は、Aさんは昨年も同じ時期に、同じ症状で来院しました。そのときは、施術でいったんはよくなっても、何度も症状をぶり返していたのです。

普段、私は患者さんに食べる物について、うるさく指導はしないのですが、症状の改善を阻んでいるものが明確なら、しかたありません。Aさんに「甘い物を食べると、痛みがぶり返すので、しばらく控えてください」とお願いしたのです。

最初は驚いていたAさんですが、甘い物をやめただけで痛みがかなり軽減したため、その後は、本格的に糖質制限を実践してくれました。おかげで、その後、1週間ほどで治療が終了となったのです。

私の症例にはまだないのですが、変形性股関節症でも、糖質制限によってめざましく痛みが改善したという、整形外科医による症例報告を目にしたことがあります。そのほか、ひざの痛みや足底筋膜炎など、ほとんどの足の痛みは、甘い物断ちによってよくなっています。

甘い物が炎症の無限ループを作る

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。
そのメカニズムを三つの過程に分けて説明しましょう。

①AGE‐sによる組織の破壊
糖質を多くとる人は、血液中の糖が過剰な状態になっています。あふれ出た余分な糖は、組織のたんぱく質と結びつきます。その結果、生じるのがAGE‐s(終末糖化産物)という物質です。AGE‐sには強い毒性があり、体のさまざまな部位の細胞や組織を傷つけます。
股関節でも軟骨やコラーゲンを傷つけ、変形性股関節症の一因となるのです。

②組織修復のための炎症
組織が傷つくと、体は血液をその部位に集めて傷を修復しようとします。
しかし、糖質が過剰な人は、血液が砂糖水のようなドロドロの状態になっています。AGE‐sによる動脈硬化も起こっているため、傷ついた組織の末梢血管に十分な血液が行き渡りません。

そこで体は血管を広げて血液を流そうとします。そのとき放出されるのが、プロスタグランジンという血管拡張物質です。
プロスタグランジンが放出されると、その組織は腫れて痛みだします。これがいわゆる「炎症」が起こった状態です。

③慢性的な炎症へ
糖質を過剰にとり続けていると、血液がドロドロで流れにくい状態なので、さらに血管を広げようとプロスタグランジンが放出され、炎症が悪化します。

糖分をとり続ける限り、①~②の一連の反応が続くため、痛みが慢性的になります。
糖質を制限しないと、これらの悪循環は断ち切ることができません。
逆に、糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。

なお、過剰な糖分は、変形性股関節症の一因になるだけでなく、全身に悪影響を及ぼします。
私自身、炭水化物をほとんどとらない生活を実践して、自然に10㎏やせました。慢性的な疲労感も取れ、カゼもひかなくなり、いいことづくめです。

しかし、そこまでせずとも甘い物をやめるだけでも効果は上がります。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。
ただし、10個の甘いお菓子を5個にするだけでは効果がありません。また、人工甘味料は砂糖以上に悪影響があるので、そちらも控えてください。

大好きな甘い物を断つのは、つらいことかもしれません。しかしその先には、痛みのない、人生を謳歌できる日々が待っています。ぜひお試しください。

土井先生の「甘い物断ち」のやり方


▶︎初級(甘い物断ち)
❶砂糖の入った甘い物、菓子類、スナック類、果物をやめる

▶中級(ゆるやかな糖質制限)
❷①に加え、夜は炭水化物(米、パン、めん類、イモ類、カボチャ)を抜く。

▶上級(糖質制限)
❸①、②に加え、一日中、甘い物、果物、炭水化物をやめる

※ただし、痛みが治まったら、生活スタイルに合わせて徐々に戻してもよい。もちろん、ずっと続けてもよい。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)
更新: 2019-12-11 14:44:25
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt