MENU
思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

思春期でもニキビ知らず! 「ミョウバン水」を活用したわが家の入浴法を教えます

わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)

子どもたちは運動部なのにニキビとは無縁

 今から20年以上前、夫のアトピー性皮膚炎を診ていただいていた今井龍弥先生から、手作りの「ミョウバン水」と「美肌水(尿素グリセリン水溶液)」のことを教わりました。
 以来、洗面所に常備して家族全員で愛用しています。
 ミョウバン水は、まとめて作った原液をペットボトルに保存し、原液を10倍に薄めたものをスプレー容器に入れて使っています。

 入浴のときは、浴槽のお湯にコップ約3分の1のミョウバン原液と、10円玉硬貨20枚を入れています。この「ミョウバン銅貨浴」は、お湯がやわらかくなり、入浴後は肌の油分を適度に残しつつもサッパリするので、とても快適です。普段はあたりまえになっていますが、たまに自宅以外のお風呂に入ると湯上りの肌の感触が違うので、「やっぱりミョウバン銅貨浴はいいな」と実感します。

 暑い夏休みに、実家に3泊して普通の白湯のお風呂に入っていたところ、おでこや首すじに赤いブツブツが出てきました。あせもかもしれないと思いましたが、自宅に戻ってミョウバン銅貨浴を再開すると、肌のブツブツが1日でずいぶんよくなり、1週間後にはすっかり元に戻りました。

 わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。これもミョウバン水のおかげだと思っています。

アトピーの夏のかゆみにタオルや衣類が効いた

 ミョウバン水は、汗のニオイやベタつきが気になる季節には、特に重宝します。お風呂上がりや外出前に、わきの下などにミョウバン水をスプレーしておくと、ニオイやベタつきが気になりません。

 アトピーの長男は、普段は肌のカサカサやかゆみも治まっていますが、夏になると、汗を多くかき、かゆみが出ます。それで、今井先生に、衣服をミョウバン液に浸す方法を教えてもらいました。

 運動をして汗をかいた後、着替えるときにミョウバン水に浸してから干した「ミョウバンタオル」で体を拭く。タオルが用意できないときは、洗い上がった洗濯物を、ミョウバン水に浸してから干したものを着てもOKです。そのようにすると、肌の状態がよくなるのか、かゆみがずいぶん抑えられるようです。
 ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。

お風呂、デオドラント、夏のアトピー対策に大活躍のミョウバン水

「ミョウバン原液」の作り方

【監修】今井龍弥(開業医)

【用意するもの】
焼ミョウバン:50g(1袋30gならば2袋)
1Lサイズのペットボトル

❶ペットボトル半分の水道水を入れ、沸騰したら火を止め、残りの水道水も入れる

❷ペットボトルに、焼ミョウバン50g(30gの袋の場合は2袋)を入れる

❸ペットボトルにやかんのお湯1Lを注ぎ入れる
※やかんがステンレス製の場合、水を沸騰させた状態で直接やかんに焼ミョウバンを入れると、ステンレスが緑色に変色する可能性があります。ご注意ください

❹最初は白濁しているが、落ち着くと透明になる。誤用を防ぐため油性ペンでわかりやすく書いておく

「ミョウバン銅貨浴」のやり方

【監修】今井龍弥(開業医)

ミョウバン銅貨浴は、至って簡単です。オクラなどを売る際に入っているくらいの網袋に、10円硬貨を20枚以上入れ、浴槽に入れておきます。そこへ、ミョウバン原液を、ペットボトルのキャップ5杯ほど入れるだけです。

❶網袋に10円玉20枚を入れ、ほどけないように縛る。

❷お湯を張るときに、10円玉が入った網を浴槽に入れ、ミョウバン原液をキャップ5杯加える

ミョウバン原液と美肌水が伝わると患者が減る(開業医 今井龍弥)

 アトピー性皮膚炎は遺伝病ではありませんが、親子兄弟間の発症、受診の例は多く見られます。しかし、石川家の例でわかるように、ミョウバン水と美肌水が伝われば、受診される患者さんも減っていきます。家内は「あなたのすることは社会のためになるかもしれませんが、私達のためにはほとんど役に立っていません」と言いますが。

【監修】今井龍弥(開業医)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
頭皮や髪の毛が臭くなるのは、洗い足りないからではありません。私のクリニックには「こまめに洗髪しているのに頭が臭い、におう」という患者さんが多く来院します。そうした患者さんに勧めているのが「塩洗髪」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2020-01-14 10:00:25
それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。【体験談】『ゆほびか』編集部M(52歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
加齢とともに人はにおいを発しやすくなります。中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣の改善もお勧めです。また安全な消臭剤「ミョウバン水」の作り方もご紹介しましょう。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル