MENU
【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

ゴーヤに含まれる栄養素で特徴的なのは、ゴーヤ特有の苦み成分である、モモルデシンという物質です。モモルデシンには、血圧や血糖値を下げる作用があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ちます。また、ゴーヤは各種ビタミンやミネラルも豊富です。なかでも多いのがβカロテンとビタミンCです。【解説】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)

解説者のプロフィール

五十嵐ゆかり(いがらし・ゆかり)
●五十嵐ゆかりオフィシャルブログ
https://lineblog.me/igarashiyukari/

料理研究家・管理栄養士。
フードクリエイティブファクトリー所属。老若男女、幅広い世代に向け、「楽うまヘルシーな時短ごはん」をモットーに、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを数多く提案。省庁や全国自治体との企画・レシピ開発や講演、執筆など、精力的な活動を行っている。著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』(永岡書店)などがある。

たんぱく質と同時摂取で免疫力アップ!

食欲が落ちると、さっぱりとした麺類を食べがちです。食事が炭水化物に偏ると肥満の原因になるうえ、栄養のバランスが悪くなり、ますます体調をくずしやすくなります。
体調管理のためにお勧めしたいのが、ゴーヤのスライスを酢漬けにした「酢ゴーヤ」です。

しかし、ゴーヤ特有の苦みが苦手というかたも、少なくないでしょう。そこで役立つのが、酢漬けにする方法です。ゴーヤは、酢に漬けることで苦みが和らぎ、食感もやわらかくなるので、生のままよりも食べやすくなります。

 酢ゴーヤは、酢だけで漬けてもいいのですが、少々酸味が強くなります。そこでお勧めなのが、ハチミツです。酢とハチミツを混ぜて甘酢にすると、味がまろやかになります。また、乾燥コンブを入れると、旨み成分のグルタミン酸が、ゴーヤの苦みを和らげてくれます。

 酢ゴーヤは、冷蔵庫で3日ほどおいてから食べましょう。漬けている間は時折、容器を上下に振って混ぜると、酢が全体に浸透しやすくなります。出来上がったら、2週間くらいで食べ切ってください。

 食感がかたくて食べにくいようなら、スライスしたゴーヤを電子レンジ(600W)で1分ほど温め、粗熱が取れてから酢に漬けるといいでしょう。ゴーヤをゆでると、ビタミンCなどの水溶性の成分が水に溶け出てしまうので、注意しましょう。

 酢ゴーヤは、料理にも応用が効きます。サラダのトッピングにしたり、ナムルや白和えに加えたり、ゴマやキムチなどと和えたりしてもいいでしょう。

 また、酢ゴーヤは、豆腐や肉類、卵など、たんぱく質が豊富な食材といっしょにとると、ビタミンCが持つ免疫増強作用との相乗効果が期待できます。ですから、酢ゴーヤチャンプルーにするのもお勧めです。

 漬け酢にもゴーヤの成分が溶け出ていますから、酢の物やドレッシングに活用しましょう。健康効果を得るには、一度にたくさん食べるより、少量でも毎日続けることが重要です。

 なお、ゴーヤはずっしりと重くて全体の緑が濃く、ツヤやハリがある物、イボがかたくて密集している物を選ぶといいでしょう。

ビタミンCの含有量はトマトの5倍!

 ゴーヤに含まれる栄養素で特徴的なのは、ゴーヤ特有の苦み成分である、モモルデシンという物質です。モモルデシンには、血圧や血糖値を下げる作用があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 また、ゴーヤは、各種ビタミンやミネラルも豊富です。なかでも多いのが、βカロテンとビタミンCです。
 βカロテンは、カロテノイドという色素の一つで、強い抗酸化作用があるとされています。これが、必要に応じて体内でビタミンAに変わることで、皮膚や粘膜を丈夫にします。また、目の機能アップも期待できます。ちなみに、油といっしょにとると、その吸収率がアップします。

 ビタミンCは、「美肌ビタミン」として知られるように、コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の生成を抑えたりする働きが期待できます。
 また、ビタミンCは熱に弱い栄養素ですが、ゴーヤのビタミンCは熱に強いという特長を持つため、加熱してもほとんど壊れません。その含有量はなんと、トマトの5倍に及びます。ですから、炒めたりスープに入れたりして食べるのもいいとり方でしょう。

 一方、ゴーヤを漬ける酢にも、すばらしい作用が期待できます。
 まず、酢に含まれる酢酸には、血中の余分な脂肪や内臓脂肪を減らす効果が確認されています。また、食後の血糖値の急上昇を抑える効果も報告されています。

 さらに、胃腸を刺激して食欲を促す作用や、クエン酸による疲労回復作用など、その働きは多彩です。
 ですから、ゴーヤと酢を組み合わせた酢ゴーヤは、病気・美容・ダイエットに役立つ、まさに一石三鳥の健康食といえるのです。

暑さに負けない体をつくるためにも、ぜひ、今が旬のゴーヤを酢漬けにして、毎日の食事に取り入れてください。

加熱してもビタミンCが壊れにくい!

基本の酢ゴーヤの作り方

エネルギー:160kcal 塩分:0.0g(全量)

【材料】(作りやすい分量)
・ゴーヤ…中1本(正味約200g)
・酢…150ml程度(容器の大きさにより調整)
※穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど、お好みの物でOK。
・ハチミツ…30g
※糖分が気になる場合は、ハチミツのかわりに乾燥コンブ(5×5cm程度)を漬けると、苦みが和らいで食べやすくなる。

【作り方】
❶ゴーヤは縦半分に切って種とワタを取り除き、2mm幅に切る。

❷煮沸消毒した容器(ジッパーつきの保存袋でも可)に酢とハチミツを入れて混ぜ、①のゴーヤを加える。

❸ふたをして冷蔵庫で保存する。合わせ酢が漬からなくても、数日経つとゴーヤの水分が出て、漬かるようになる。

※3日後から食べられる。1~2週間は日持ちする。
※取り出す際は清潔な箸などを使う。
※残った漬け酢は、ゴーヤを漬けるのには再利用しない。

残った漬け酢の活用法

漬け酢にも各野菜の栄養成分が溶け出しています。余すことなく使い切りましょう。
■味を調えてドレッシングにする
砂糖や塩、油を加えればサラダにピッタリ!
■薄めて飲む
胃を痛めないよう、水などで4~5倍に薄めてください。
■炒め物に回しかける
油っこさが和らいで、さっぱりします。
■炊飯時に加える
米1合につき大さじ1程度。酸味は飛び、風味が残ります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt