MENU
【新・手作りヨーグルト】毎冬、子どもにうつされていた胃腸炎が出なくなった

【新・手作りヨーグルト】毎冬、子どもにうつされていた胃腸炎が出なくなった

私は10代の頃からおなかが弱く、下痢をしたり、胃腸炎になることがたびたびありました。なにも食べられず、病院で点滴を打つほどひどい状態になったこともあります。【体験談】斉藤美智子(27歳 ・主婦・東京都)

子どもの胃腸炎が自分にはうつらない!

 私は10代の頃からおなかが弱く、下痢をしたり、胃腸炎になることがたびたびありました。なにも食べられず、病院で点滴を打つほどひどい状態になったこともあります。結婚してからは健康に気をつけていましたが、毎年冬になると、子どもから胃腸炎をうつされ、吐いたり、下痢をしたりして苦しんでいました。

 ところが、「TGGヨーグルト」を作って食べるようになってから、子どもが胃腸炎になっても、自分にうつることがいっさいなくなったのです。おなかをくだすこともなくなり、腸ががんばっているのが自分でもわかって、TGGヨーグルトの力に感動しました。
 腸が元気になったことで、肌もきれいになり、ニキビができることもありません。カゼもひかなくなり、病院に行くことがなくなりました。

 ダイエットにも効果がありました。私は自分で作った梅ジャムをTGGヨーグルトにトッピングしたり、果物といっしょに食べたりしているのですが、これがおいしいデザートになるので、お菓子を食べることがなくなり、太らなくなったのです。

 また、子どもが生まれ、母乳をあげている時期はどうしても食欲が増すのですが、TGGヨーグルトを食べるとおなかが満たされるので、食べすぎ防止にもなっています。

 料理に活用することも多く、お肉に漬け込むとやわらかくなって、おいしさがアップ。お酢、レモン、塩を入れて、マヨネーズ代わりにするのもお勧めです。

 TGGヨーグルトは、豆乳によって味が変わります。以前、濃い豆乳で作ったときにあまりおいしくないものができあがりました。そこで、くんできた湧き水で少し薄めてみたところ、これまででいちばんおいしいTGGヨーグルトとなりました。
 このように作っている過程で楽しい発見があるので、TGGヨーグルト作りはやめられません。

効果を実感している斉藤さん

善玉菌は腸にとどまれない。継続して「食べる」習慣を(丁宗鐵 ・日本薬科大学学長)

吉田さんの胃腸炎が出なくなったのは、乳酸菌と、乳酸菌が産生したいろいろな分解産物が作用しているのだと思います。ただ、いわゆる善玉菌というのは、腸にとどまることはできないため、常に少量ずつ補給し続けなければなりません。そのため、「豆乳ヨーグルトを食べる」という食習慣が必要です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えてより美容効果が上がるはず、と考えました。重曹もクエン酸も食品添加物として使われるほど安全な成分でスーパーなどで安価に購入できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt