MENU
脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)

解説者のプロフィール

加藤俊徳(かとう・としのり)
●加藤プラチナクリニック
東京都港区白金台3-14-35 白金台ドルチェ701
03-5422-8565
https://www.nobanchi.com/

加藤プラチナクリニック院長。
1961年、新潟県生まれ。脳内科医、医学博士。「脳の学校」代表。昭和大学客員教授。MRI脳画像診断の第一人者。脳番地トレーニングの提唱者。95年から2001年まで米国ミネソタ大学でアルツハイマー病、発達障害などの脳画像研究に従事。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などでの脳研究を経て、06年に脳の学校、13年に加藤プラチナクリニックを開設。MRI脳画像を用いた発達障害や認知症などの診断、治療を実践している。ベストセラー『脳の強化書』(あさ出版)、『忘れない時間が長くなる脳ドリル』(MSムック)、『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)など著書多数。「脳番地」(商標登録第5056139/第5264859)

足指への刺激はマンネリになりがち

 私はこれまで、胎児から100歳まで1万人以上の人たちの脳をMRI(磁気共鳴画像法)画像で診断・治療をしながら、脳番地トレーニング法について研究してきました。

 脳は、場所と機能によっておおよそ120の構成要素に分けられます。私は、それらを「脳番地」と名付けて、8つの系統に分けました。

 脳は神経細胞が枝を伸ばすように太く広がっていくことによって成長し、複数の脳番地を結ぶ神経細胞のネットワークが密になっていけば、脳の機能は全体的に強化されていきます。効果的な刺激を与えることによって、何歳からでも、脳を鍛え育てていくことは可能です。

 足指を刺激したり動かしたりすることは、脳の活性化にとても有効です。足を動かす脳番地は頭頂部のごく小さな部分ですが、足をうまく使うと、体を動かす運動系の脳番地だけでなく、隣接する視覚系や思考系、伝達系などの脳番地など、いろいろなところを刺激できるのです。

 足や足指は手とは違い、日常の中で行う動作の種類が限られています。そのうえ、足指を締め付ける靴や靴下を履き、アスファルトや平坦な床しか踏まない現代生活では、足裏への刺激もマンネリ化しがちです。そのため足は、普段とは異なる刺激に敏感になっています。つまり、足や足指を刺激すると、脳が活性化しやすいということです。認知症予防にも、もちろん効果的です。

「脳番地」とは?

同じような働きをする脳細胞の集団のこと。おおよそ120ある脳番地は、上のように8系統に分けられる。脳番地どうしは神経細胞によってつながっていて、神経細胞が成長すると、脳の機能が強化される

足指を1本ずつ動かすと脳が喜ぶ

 では、どんな足の使い方をすれば脳の活性化に役立つのでしょうか。お勧めの方法は、

①砂浜や芝生をはだしで歩く
②じゃり道や山道など、変化のある路面を歩く
③片足で立つ
④5本指靴下を履く
⑤足指でものをつかむ

など。要は、普段とは違う刺激を足に与えることが大事なのです。もちろん私自身も実践しています。

 足の指を1本ずつ動かすことも、効果的です。普段生活している中で、ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。

 つま先の細い靴やハイヒールをよく履く人は、足指を自由に動かせなくなっていることが多いです。足指の間に手の指を入れて、足指を広げ、1本ずつ動かすといいでしょう。

◎砂浜や芝生の上をはだしで歩く

他人に足をもまれると深くリラックスできる

 足指と足全体をマッサージするのもいいですね。マッサージには特にルールはありませんが、つま先からふくらはぎまでの間で硬くなっている場所を、やさしくもみます。

 特に、小指からくるぶしにかけての外足部を念入りにマッサージするのがお勧めです。外足部は意識が向きづらい場所なので、マッサージすると、脳に新鮮な刺激が届き、劇的な若返り効果も得られます。小指を軽くひっぱるだけでも、寝ぼけた頭がシャキッとし、目もパッチリするはずです。小指が縮こまっているかたには、ぜひ試してみていただきたいです。

 足のマッサージは、自分で行ってもいいですが、他人にしてもらうとリラックス効果が高まります。私も、実家に帰るたびに母の足をもんでいます。脳を生き生きと働かせるためにも、普段無視されがちな足指にさまざまな刺激を与えるよう工夫してみてください。

◎小指をひっぱる
小指と薬指が離れるように外側に向かって小指をひっぱり、もみほぐす。1日じゅう気が向いたら何度でも行うといい。靴や靴下を脱いだ直後は特に快感が得られ、脳への刺激も大きい

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ヤマイモに含まれるジオスゲニンという成分に、認知機能を多方面から改善する効果があるとわかったのです。アルツハイマー病だけでなく、血管型やレビー小体型といった認知症、パーキンソン病のような神経変性疾患にも、進行を遅くしたり改善させたりする効果が期待できます。【解説】東田千尋(富山大学和漢医薬学総合研究所教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
味覚の衰えを感じた時点で、おいしさを再認識できれば、食への意欲を回復できます。食べる楽しさを取り戻すことは、脳への刺激となり、認知機能の回復に役立ちます。そこで、おいしいと感じることを取り戻すために、私は「コンブだし」をお勧めします。【解説】熊谷賴佳(京浜病院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt