MENU
くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

家での体操は毎晩やると決めて続けました。以前は、体を曲げると痛くてつらかったのが、徐々に楽に曲がるようになりました。すると、ギックリ腰が起こりにくくなり、なったとしても軽くすむようになりました。すべり症の痛みは再発していません。【体験談】山本陽子(仮名・主婦・70歳)

何歳になっても自力で歩きたい!

 私の持病はギックリ腰。しじゅう痛みで寝込んでいました。2年半前のある日、ギックリ腰と違う痛みに見舞われ、整形外科で検査したところ、すべり症と判明しました。

その病院の待合室で、私はショックを受けました。車いすを使うお年寄りがあまりに多かったからです。何歳になっても自力で歩きたいと思い、「きくち体操」の教室に通うようになりました。

 体操をはじめてわかったのは、ひざ裏の筋肉が伸びないせいで、腰の筋肉が硬くなっているということでした。これがギックリ腰やすべり症の引き金になっていたようです。

 ひざ裏を伸ばす体操の1つが、長座(両脚を伸ばして座る姿勢)になって、足首を深く折り曲げる体操です。背筋を伸ばし、おなかを引っ込め、ひざ裏を床に押しつけて足首を立てると、ギューッとひざ裏が伸びます。

 また、手の指と足の指で握手し、足首を回す体操では、足の裏側が見えるように大きく回すことを意識しました。はじめは握手したとき足の小指と薬指に力が入らなかったのですが、続けるうちに力が入り、指の裏側の筋肉を感じ取れるようになりました。

「これが脳とつながっていくということか!」と感激しました。

夫婦で元気にモロッコ旅行

 家での体操は毎晩やると決めて続けました。以前は、体を曲げると痛くてつらかったのが、徐々に楽に曲がるようになりました。すると、ギックリ腰が起こりにくくなり、なったとしても軽くすむようになりました。すべり症の痛みは再発していません。

 O脚も改善しました。体操をはじめる前は立ったとき、両ひざの間が2㎝あきました。長座で行う体操でうちももの筋肉が強くなり、ももを引き寄せられるようになり、ひざのすき間が目立たなくなりました。

 今年の4月、夫婦でモロッコツアーに出かけたとき、周りの人から、「元気でスリムですね。どうして?」と言われ、うれしくなりました。「きくち体操」を続けてきたおかげです。

「体全体が締まったね」と言われた

意識するかどうかで効果は全く違う(「きくち体操」創始者 菊池和子)

 山本さんのように、「体が脳とつながる」という感覚は、すぐにはわかりませんが、体を意識しながら体操を続けると必ずわかるようになります。とにかく「意識する」ことが重要なのです。足のグーとパーも足首回しも、なにも考えず、ただ回数だけこなしても、効果は得られません。少ない回数であっても、「指を全部動かそう」「足首を大きく動かそう」と意識してやったほうが、断然効果的で、足を育てることにもなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
「なぜ太ももに?痛むのは腰なのに」と思ったのを覚えています。しかも関口先生は「そのまま歩いてください」と言います。イスに座るのですらつらかったのですが、我慢してなんとか歩きました。その後先生に促されて前屈をすると、なんと、まったく痛みません。帰り道も普通に歩けたのです。【体験談】郷一扇(演歌歌手・60歳)
更新: 2019-09-11 11:52:02
K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ぎっくり腰(急性腰痛症)とは筋肉の痙攣が原因で激痛が起こる症状です。ギックリ腰は、いわば腸腰筋が「こむら返り」を起こしているようなものなのです。皆さんは、こむら返りの時、どう対処しますか?痛みに耐えながら痙攣した筋肉を伸ばそうとすると思います。ギックリ腰への対策も同じです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ぎっくり腰とは、正式名称を急性腰痛症といいます。前屈をしたり、咳やくしゃみをしたりといったことが原因で、腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状が起こります。効果的な対処法として、「自重けん引」と「壁押しストレッチ」をご紹介します。【解説者】久野木順一(日本赤十字社医療センター整形外科センター長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt