MENU
腰痛持ちを忘れるほど! 脊柱管狭窄症に効いた「テニスボール指圧」のやり方

腰痛持ちを忘れるほど! 脊柱管狭窄症に効いた「テニスボール指圧」のやり方

テニスボール指圧をしたところ、翌朝には、「あれ?少し調子がいいかも」と感じました。さらに1週間続けると、「先週よりも長く歩けている」と気づきました。そして、1ヵ月もすると、「明らかに症状が改善している。これまでと全然違う!」と、実感できたのです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター准教授)

10mもまともに歩けなかった!

内科医である私が、脊柱管狭窄症との診断を受けたのは、今から10年ほど前のことです。
もともと、20代から慢性的な腰痛を抱えていて、年に一度は、いわゆる「ギックリ腰」を発症していました。

椎間板ヘルニアも患っています。
5年ほど前からは、しびれや痛みの症状が、さらに悪化しました。

セキをすれば腰に響き、電車内では立っていることができません。
就寝時は、寝返りすら打てないほどです。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、長く歩くことができない間欠性跛行というものがありますが、私の場合も、この症状が出ていました。
10mもまともに歩けません。

歩くのがやっとで、荷物も持てず、普通のかばんではなく、キャリーバッグを引いて通勤していました。
鍼灸治療も試しましたが、その効果は一時的なもので、歩ける距離がせいぜい20mに伸びた程度です。

診察にも支障が出てきて、「このままでは医師として、やっていけないのではないか」と、悩んでいました。
この間に、5人の整形外科医にかかりました。

MRI(磁気共鳴画像法)を撮ったところ、私の場合、脊柱管が狭くなっている部分が、首で2ヵ所、腰の近くで3ヵ所あるとわかりました。
もちろん、手術も考えました。

実際、最初にかかった医師には、脊柱管を広げる手術を勧められました。
しかし、手術が成功しても、症状が残るケースもあることと、ほかの4人の医師には手術を勧められなかったことから、踏み切れなかったのです。

けっきょく、血行をよくする薬や痛み止めなどを飲んでは、その場をしのいでいました。
そんな私を見かねて、患者さんが「テニスボール指圧」を勧めてくれたのが、3年ほど前のことです。

わざわざテニスボールまで買ってプレゼントしてくれたので、わらをもつかむ気持ちで試したのが、最初でした。

「腰痛持ち」を忘れるほど調子がいい!

テニスボール指圧をしたところ、翌朝には、「あれ?少し調子がいいかも」と感じました。
さらに1週間続けると、「先週よりも長く歩けている」と気づきました。

そして、1ヵ月もすると、「明らかに症状が改善している。これまでと全然違う!」と、実感できたのです。

テニスボール指圧をするに当たっては、さかいクリニックグループ代表・酒井慎太郎先生の著書を読みました。
酒井先生は、骨盤にある仙腸関節が重要だと述べておられましたが、私は筋肉をほぐすことが大事だと考えたので、独自のやり方をすることにしました。

私は、二つのテニスボールをしっかり固定するために、ガムテープでぐるぐる巻きにして、ピーナッツ型にしたものを使っています(下の写真)。

これを、まず腰に当てます。
私の方法は、当てる位置を背骨に沿って少しずつ上にずらしては押し、ずらしては押して、肩甲骨の辺りまで移動させていくものです。
指圧ポイントは、10ヵ所程度はあるでしょうか。

テニスボールを当てている時間は、1ヵ所につき、長くても3分ほどです。
最初は痛いのですが、徐々に、「痛気持ちいい」感覚になってきます。

指圧を行うのは、就寝前の1日1回。
余裕がある日は、朝晩の2回、行いました。

こうして続けるうちに、1年ほどで、しびれや痛みの症状が、驚くほど改善したのです。
長く歩き続けることができるようになり、急ぐ朝には、駅まで走れるほどまでになりました。

当然、通勤時のキャリーバッグも不要です。
薬を飲むこともなくなりました。

しかし、テニスボール指圧は、きちんと継続することが肝心なようです。
症状の改善に気をよくして、指圧を少々サボりがちになっていた一昨年のこと。

サウジアラビアに行く機会があったのですが、なんと向こうでギックリ腰になってしまったのです。
幸い、ピーナッツ型にしたテニスボールを、お守り代わりに持参していたので、2日という早さで復活できました。

最近では、調子がよいので、「腰痛持ち」であることを忘れるほどです。
今回、またしばらくテニスボール指圧をサボっていたことに気づきましたが、これからも続けたいと思います。

渡辺式テニスボール指圧のやり方

【用意するもの】
テニスボール(硬式)…2個
ガムテープ…適宜

【作り方】
2個のテニスボールをピッタリとくっつけた状態で、ガムテープでしっかりと巻き、固定する。
左右上下、グルグル巻きにするとなおよい。

【やり方】
❶畳やフローリングなど、硬めの床の上に、あおむけに寝る。
❷テニスボールを腰の下に入れ、「痛気持ちいい」と感じるところを探す。
❸2つのボールの間に背骨がはまるようにテニスボールを置き、1~3分間、押し当てる。
背骨に沿って、肩甲骨の辺りまで、位置を少しずつずらして指圧する。

※指圧するのは、1ヵ所につき、長くても3分まで。
1日1回、できれば朝晩の2回行う。

解説者のプロフィール

渡辺尚彦(わたなべ・よしひこ)
東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科)。
聖マリアンナ医科大学医学部卒業。1984年、同大学院博士課程修了。1995年、ミネソタ大学時間生物学研究所客員助教授として渡米。専門は高血圧を中心とした循環器内科。
1987年8月から携帯型血圧計を装着、以来31年にわたり365日24時間、自分の血圧を測る血圧ドクター。わかりやすい指導と笑いの絶えない診察室が評判で、遠方からの患者さんも多い。
『血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ』(サンマーク出版)ほか著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル