MENU
「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

「ごちそうさん」に登場した魔法の水「昆布酒」の作り方と活用レシピ

連続テレビ小説『ごちそうさん』の中で「魔法の水」として登場した「コンブ酒」。安酒にコンブを入れると、うまみが格段にアップして上等酒に変わる、と紹介されていました。コンブの成分には塩分やコレステロールを排出させる働きがあり健康効果も抜群!昆布酒の作り方とレシピを紹介しましょう。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


NHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』の中で、「魔法の水」として登場した「コンブ酒」。
安酒にコンブを入れると、うまみが格段にアップして上等酒に変わる、と紹介されていました。

コンブに豊富に含まれる、カリウムやフコイダン、アルギン酸といった水溶性成分には、塩分やコレステロールを体外に排出させる働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防・改善に有効です。
コンブ酒で、いつもの料理においしさも健康効果もプラスする「魔法」をかけましょう!

基本のコンブ酒の作り方

エネルギー:16kcal 塩分:0.1g(大さじ1あたり)(各1人分)

【材料】
コンブ…20g(10cm×15cm程度を2枚)
日本酒…500ml

【作り方】
❶コンブは濡れ布巾で軽く拭き、使いやすい大きさに切る。
❷容器に①を入れ、日本酒を注ぎ、ふたをする。
❸冷暗所に1日置いて、でき上がり。

※常温で6ヵ月保存可能。
コンブが上等なら、日本酒を3回まで注ぎ足し可。
漬け終わったコンブを食べてもおいしい。

昆布酒チョイ足しレシピ

昆布酒アレンジレシピ

ユズの皮がアクセント!華やかで上品なカニと白マイタケの炊き込みご飯

エネルギー:213kcal 塩分:1.2g(各1人分)

【材料】(2~3人分)
カニ(ボイルした、ほぐし身)…40g
白マイタケ…100g、米…1合(150g)
ショウガ…20g、ゴマ油…小さじ1
Ⓐ水…180ml、薄口しょうゆ…大さじ1、コンブ酒…大さじ1
ユズの皮…少々(3cm長さのせん切り)
ミツバ…1/4束(10g程度。1cm長さに切り、さっとゆでる)

【作り方】
❶米は洗って、ざるに上げる。
❷白マイタケは根を落とし、細かくほぐす。長い部分は2つに切る。ショウガはみじん切りにする。
❸耐熱ボウルに②を入れ、ゴマ油を加え、ふんわりとラップをする。電子レンジ600Wで2分加熱する。
❹土鍋に米を入れ、Ⓐを注ぎ、③をのせ、ふたをして中火にかける。沸騰したら弱火で10分加熱して火を止め、7~8分蒸らす。炊飯器の場合は、倍速(高速)ボタンを使用して炊く。
❺炊き上がったら、カニ、ユズの皮、ミツバを加えてほぐす。
※仕上がりの色が黒っぽくなるが、白マイタケを黒マイタケに、薄口しょうゆを普通のしょうゆに変えても可。

素材の持ち味がコンブ酒で引き立つエビとブロッコリーの2色和え

エネルギー:59kcal 塩分:0.5g(各1人分)

【材料】(2人分)
むきエビ…50g、ブロッコリー…50g
小麦粉…小さじ1、サラダ油…小さじ1
コンブ酒…大さじ1、コショウ…少々

【作り方】
❶エビは洗ってざるに上げ、ペーパータオルにはさんで水分を取る。
❷ポリ袋に①を入れ、小麦粉を加える。よく振って粉をまぶしたら、サラダ油で炒める。
❸ブロッコリーは小房に分けて耐熱ボウルに入れ、コンブ酒をかけ、ラップをする。電子レンジ600Wで1分加熱する。
❹③に②を加えて和える。

コンブ酒が潮の香りをさらに広げるボンゴレ・ビアンコ

エネルギー:407kcal 塩分:1.7g(各1人分)

【材料】(2人分)
アサリ(砂を吐かせたもの)…300g
コンブ酒…50ml

スパゲティ(乾)…150g
コンブ酒…大さじ1

オリーブ油(エクストラバージン)…大さじ1、サラダ油…大さじ1
ニンニク…1片(みじん切り)、赤トウガラシ(輪切り)…小さじ1
青ジソ…4枚(みじん切り)、塩・コショウ…各少々
万能ネギ…4本(小口切り)

【作り方】
❶鍋にアサリを入れ、コンブ酒50mlを注ぎ、ふたをして火にかける。蒸気が上がってきたらふたを取り、貝が残らず口を開くまで加熱し、火を止める。
❷熱湯1.5Lを沸かし、コンブ酒大さじ1を入れてスパゲティを加え、表示時間より2分短めにゆでる。
❸フライパンにオリーブ油、サラダ油、ニンニクを入れ、中火にかける。ニンニクがキツネ色になったら赤トウガラシを加え、湯を切ったスパゲティを入れ、①を加える。
❹強火にしてスパゲティに汁を吸わせながら加熱し、汁がなくなってきたら青ジソを加え、コショウを振る。塩加減を確かめ、足りなければ塩を加えてひと混ぜし、火を止める。
❺器に盛り、万能ネギを散らす。

コンブだしが効いたつゆがすぐできる!具だくさんそば

エネルギー:275kcal 塩分:1.9g(各1人分)

【材料】(2人分)
ゆでそば…2パック(300g)、サラダ油…小さじ2
ゴボウ…60g(ささがき)、コンニャク(黒)…60g(一口大)
Ⓐ水…300ml、コンブ酒…50ml
 しょうゆ…大さじ1、みりん…大さじ1
シメジ…100g(ほぐす)、長ネギ…30g(せん切り)
ダイコンおろし…30g、ミツバ(ざく切り)…8 本
七味トウガラシ…少々

【作り方】
❶鍋にサラダ油、ゴボウ、コンニャクを入れ、強火で炒めて水分を飛ばす。
❷①にⒶを加え、シメジ、長ネギを加えて一煮する。
❸熱湯で温めたそばを丼に入れ、②を注ぎ、ダイコンおろしとミツバをのせ、七味トウガラシを添える。

食感の組み合わせが楽しい!はし休めにコンニャクサラダわさび風味

エネルギー:33kcal 塩分:1.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
コンニャク(黒)…50g、コンブ酒…大さじ1
キュウリ…1本(100g)
Ⓐマヨネーズ…大さじ1、練りわさび…小さじ1/2

【作り方】
❶コンニャクは5mm幅に切る。それぞれを十字に切り、4等分する。鍋に入れ、コンブ酒を加え、汁気がなくなるまで空炒りし、冷ます。
❷キュウリは斜めせん切りにし、塩少々をふってもむ。しんなりしたら、固くしぼる。
❸ボウルに①、②とⒶを入れて和える。

あっさり味の中にコンブ酒とベーコンのコクがあるホウレンソウとベーコンの煮びたし

エネルギー:43kcal 塩分:1.2g(各1人分)

【材料】(2人分)
ホウレンソウ…120g、ベーコン(薄切り)…1枚(15g)
Ⓐ水…100ml、コンブ酒…大さじ1、しょうゆ…小さじ2

【作り方】
❶ホウレンソウはさっとゆでる。水に取ってしぼり、2~3cm長さに切る。
❷ベーコンは幅1cmに切る。
❸鍋にⒶを合わせ、①、②を加え、さっと煮て火を止める。

料理研究家のプロフィール

村上祥子(むらかみ・さちこ)
料理研究家。管理栄養士。
福岡女子大学国際文理学部食・健康学科客員教授。
1985年より、福岡女子大学で栄養指導実習講座を担当。
生活習慣病の予防・改善のために、栄養バランスのよいカロリー控えめのレシピを数多く考案。
著書多数。
●空飛ぶ料理研究家 村上祥子のホームページ
http://www.murakami-s.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt