MENU
ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

ズキズキするひざ痛が足の指回しできれいに消失!夫は腰痛が改善し腹囲も縮小

足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。【体験談】藤野智子(仮名・フラダンス講師・60歳)

体重をかけないのでひざが痛くてもできる!

 私は、長年の趣味が高じて、10年ほど前からフラダンスを教えるようになりました。
 そして7年前のことです。フラダンスの最中に右足をひねってしまいました。ひざが大きく腫れ、痛くて歩くのもつらいので、整形外科を受診したところ、半月板(ひざ関節にある軟骨組織)を損傷していることが判明。手術を受けました。

 手術後は痛みが消えて、またフラダンスができるようになりました。ところが2年ほど前から、ひざの奥のほうがズキズキと痛みだしたのです。
 痛みが激しいときは、フラダンスも思うように踊れません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢などは、ひざが痛くて躊躇することがありました。

 そうして再度、整形外科への通院が始まりました。
 根本的な治療というよりは、ヒアルロン酸注射で一時的に痛みを緩和するという処置でした。注射をしてもらうと、いったん痛みは治まりますが、数日後にはぶり返します。

 これがずっと続くのかと思うと、憂うつになりました。注射代や通院の負担が大きくなってきたのです。

「なんとかして治したい」と思っていたところ、昨年、友人からYUKARI先生(足の指回しのやり方参照)の話を聞きました。「がんばらずに行うエクササイズで、体調がよくなる」というのです。隣の県でレッスンが開催されるというので、迷わず受講することにしました。

 そこで教えてもらったのが、「足の指回し」です。足の小指(第5趾)から親指(母趾)まで1本ずつ大きく回し、そのあとに足首を回したり、かかとを揺らしたりします。力を入れたり体重をかけたりしないので、ひざが痛い私でも安心して行うことができました。

 私は、足の指回しを自宅で毎日行いました。主に入浴時に行うのですが、最近では、それ以外のときも、無意識に足の指を回していることがあります。

階段の下りや正座しゃがむ姿勢も問題なし

 すると、ありがたいことに、ひざの痛みが軽くなっていったのです。フラダンスをしていても、「あら、今日は痛くならないわ」という日が続き、常にあった違和感も薄れてきました。足の指回しを始めてからは、ヒアルロン酸注射を1回も打つことなく、4ヵ月後には、すっかり痛みが消えたのです。

 痛みを気にせず、フラダンスに打ち込めるようになり、こんなにうれしいことはありません。階段の下りや正座、しゃがむ姿勢も、今では全く問題なくできるようになりました。

 また、足の形が変わってきたことにも、驚いています。私は以前からO脚ぎみで、まっすぐ立っても左右のひざが離れていました。それが最近、ひざとひざの間が狭まってきたのです。

 それと関係しているのでしょうか、姿勢もよくなりました。以前から、ネコ背というほどではないものの、気を抜くと前かがみになりがちでしたが、最近は常にいい姿勢を保てるようになっています。

 足首もだいぶ細くなりました。足首の部分にベルトがついた靴をはいたところ、去年は留めるのがやっとだったのに、指が入るほど緩くなっていたのです。

 私は今年から、YUKARI先生の許可をいただいて、足の指回しエクササイズを地元で教え始めました。生徒さんの一人は、毎日まじめに足の指を回したところ、持病の腰痛がなくなったと喜んでいます。

 足の指回しは、フラダンス教室でも指導しています。フラダンスを上手に踊るには、股関節を緩めて腰の動きをやわらかくすることが大事です。足の指回しを毎日行っている人は、明らかに動きがスムーズになり、ぐんぐん上達していきます。

 さて、私の夫も最近、足の指回しを行うようになりました。すると、やはり長年悩んでいた慢性腰痛が改善したそうです。以前は、常に腰をかばって、身のこなしが緩慢でしたが、今は動きが軽やかです。
 さらに先日、健康診断で腹囲を測ったところ、前回より2㎝細くなっていたといって喜んでいました。

 これからも、自分の体のケアのために足の指回しを続け、周囲の人たちにも広めていきたいと思っています。

身のこなしが軽やか!

ひざや太ももの筋肉や靱帯を緩める(品格ボディアドバイザー YUKARI)

 私たちの体は本来、かかとに全体重の約78%がかかるようにできているそうです。しかし、そのバランスを保つ人は少ないのが現状です。つま先寄りに体重がかかると、太ももの裏の筋肉が使われず、骨盤とひざ下をつなぐ筋肉がかたくなってしまいます。

 そこで、太ももの裏や、ひざ関節周辺の筋肉や靭帯(骨と骨を結ぶ組織)を緩めて、使われやすくすることが大切です。足の指回しは、足の指を動かすことで、ひざや太ももにつながる筋肉や靭帯を緩めます。足裏のバランスもよくなり、ひざ痛の改善が期待できます。

 また、姿勢を整えると腹筋が使えるようになって、おなかが引き締まってきます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt