MENU
ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)

解説者のプロフィール

YUKARI(ゆかり)
●足の指まわし協会
http://ashinoyubimawashi.com/

品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表。
1962年生まれ。2007年、法律事務の仕事をしながら、ピラティスとヨガのインストラクター活動を開始。2010年、独自で考案した「品格ボディエクササイズ」が人気テレビ番組『魔女たちの22時』で注目される。2011年に独立し、指導に専念。個人レッスンを中心に、グループレッスンや「足の指まわし伝道師講座」を定期的に開催している。2017年10月『すごい足指まわし』(永岡書店)を出版。検索は「品格ボディ」「足の指まわし協会」。

筋肉を緩めたら太ももが細くなった!

「足の指まわし伝道師」。現在、私の自己紹介は、こんな不思議な肩書きから始まります。美しく健康な体づくりをお手伝いすることが、私の仕事。そのうえで、最も重要視しているのが、足の指を回すことなのです。

 私はこれまで、2万人ものかたがたの足の指を見てきました。そして、「私たちの美と健康は、足の指が握っている」という結論に達したのです。

 なぜ、足の指なのでしょう。
 私は、20代前半で結婚・出産してから、スポーツとは無縁になりました。気づけば背中や太もも、二の腕に脂肪がたっぷりついていました。

 37歳から運動と食事制限を始めましたが、太ももはがっちりしたまま。二の腕と背中の脂肪も取れません。そんなとき、ヨガやピラティス、解剖学を学んだことで、「体を緩める大切さ」に気づきました。

 それを機に、筋肉を「鍛える」ことから「緩める」ことへ方向転換しました。筋肉を緩めるためのエクササイズを考案・実践したところ、太ももが細くなり、背中や二の腕のぜい肉も取れたのです。

 がんばって運動をすると、使いやすい筋肉を使うので、やせたい部分の筋肉がよけいかたくなって、がっちりします。ですから私は、「がんばります!」という生徒さんには、「キレイになるためには、がんばり過ぎないことが大事ですよ」とお話ししています。

尿もれが治った!不眠が解消した!

 とはいえ、皆さんなかなか力が抜けません。そこで、体を緩める基本動作として、「足の指回し」を最初に行うのです。

 本来、私たちの体は、はだしで立ったとき、かかとに78%の重心がかかり、足裏の重心を移動しながら、歩くようにできています。

 ところが、多くの人はつま先寄りに重心を置いて、かかとをうまく使えていません。加えて、足の指も靴の中で縮こまっているため、足裏でバランスを取れない人が多いのです。

 足裏を使えないと、太ももの前面と外側の筋肉が「がんばって」バランスを取り、がっちりしてきます。太ももの前面と外側を使うクセがつくと、お尻の筋肉が弱って垂れてきます。

 筋肉のバランスがくずれ、姿勢が悪くなると、「使わない」お尻や背中、二の腕に脂肪がつくのです。一般に、「垂れ尻」「背脂」「振り袖」と呼ばれるぜい肉は、加齢のせいだけではなく、姿勢の悪さも一因なのです。

 足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチ(上部が半円形になった構造)を使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。

 足裏のバランスを整えるのに最も効果的なのが、足の親指(母趾)を回すことです。すべての指を回すのが理想ですが、親指だけでも十分な効果が得られます。

 足の親指の関節には、多くの筋肉がつながっています。足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足裏を使いこなせるようになります。そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。

 足の指回しで体形が変わり、体調が改善した例を、いくつかご紹介しましょう。
 Tさん(38歳女性)は、足の指回しで15㎏もやせ、ウエストと太ももは10㎝も細くなりました。冷え症とむくみも改善し、睡眠の質も上がったそうです。

 Iさん(50歳女性)は、足の指回しで全身の疲労と脂肪がたちまち消失。足の指回しを始めて2年後、体重は7㎏減、ウエストは13㎝も細くなりました。

 Fさん(54歳女性)は、足の指回しを習慣にしたところ、ウエストが13㎝縮小、体重も5㎏減り、腰痛とひざ痛も消えて、尿もれまで治ったとのこと。

 Mさん(33歳女性)は、足の指回しを半年続けたところ、ウエストが8㎝、太ももは6㎝細くなり、四角かったお尻が丸くなりました(下の写真参照)。ご主人は、足の指回しで腰痛が改善したそうです。

 足の指を回すことは、精神の安定にもつながるようです。 
 ストレスを、食べることで発散する人は少なくありません。生徒さんからは、「足の指を回すとイライラが鎮まるので、暴飲暴食を避けられる」という声をよく聞きます。
「不眠が解消した」という人もいるので、筋肉が緩むことで、精神的にもリラックスできるのかもしれません。

 足の指回しのやり方は、下に図解しています。ぜひ、習慣にしてください。

肩や背中、腰回りがスッキリしたMさん

足の指回しのやり方

入浴中やお風呂上がりなど、体が温まっているときに行うと、効果的です。
行程は①から⑥までありますが、時間がないときは、②の親指(母趾)を回すだけでもけっこうです。ぜひ、毎日の習慣にしてください。


・床かイスに座り、楽な姿勢を取る。
・右手で右足の甲をつかみ、右足の小指(第5趾)を、根もとの関節から、左回り、右回りに3~4回ずつ大きく回す。
・同様に、薬指(第4趾)、中指(第3趾)、人差し指(第2趾)の順に回す。


・最後に親指を、左回り、右回りにそれぞれ10~15回ずつ大きく回す。
・時間がないときは親指を回すだけでもOK。
*左足も同様に行う。
*1日何回行ってもよい。

★時間があるときは、③~⑥も行う。


・右手で右足のくるぶしを持つ。
・左手の指と右足の指を組み、くるぶしの内部をほぐすように、右足首を左回り、右回りに5回ずつ回す。


指は組んだまま、右手の親指が右足の土踏まずに当たるように持ちかえ、ぞうきんをしぼるように、足の甲を左右に5回ずつひねる。


右手で右足の甲をつかみ、左手で右足のかかとを持って、かかとを左右に5回揺らす。


右足のかかとの上にあるシワを伸ばすように、左右の手の親指で引っ張りながら、30秒ほどマッサージする。
*左足も同様に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt