MENU
【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

【きくち体操】なぜ「足指」で効果があるのか 始める前に足指チェック!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】

自分の足の指をチェックしよう

まずチェック項目で、自分の足の指がどんな状態か、チェックしてみましょう。
はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。よく見ることは、そこに意識をもっていくので重要なことです。



□指は1本1本離れていますか? 
指はまっすぐ伸びていますか?
指同士がくっついたり、重なったりしていたら、指の力が弱っています。足の指が曲がったり外反母趾ができたりしているのも、指の力が弱っていて体を支えられず、正しく歩けていません。

□タコや魚の目はありませんか?
歩くときは、足の指全部で地面を蹴って前に進みます。足の指が弱っていると、地面を蹴って歩くことができなくなり、足の裏にかかる重心がずれる影響で、タコや魚の目ができたりします。靴だけが原因ではありません。

□指の1本1本を意識できますか?
立った状態で自分の足の指を見て、親指から小指まで、足の指1本1本を意識できますか? 誰かに自分の足の指をさわってもらったとき、どの指か、正確に答えられますか? 
意識できなかったり、指の感覚がぼんやりしていたりする場合、脳と指のつながりが悪くなっています。

□足の指で「グー」と「パー」ができますか?
足の指1本1本にしっかり力を入れて「グー」ができますか?「パー」をするとき、すべての指は均等に開きますか?
右足も左足も同じようにできますか?できない人は、脳とつながっていないか、指をしっかり使って歩いていません。

足の指が弱れば全身に悪影響が及ぶ

足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。
「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。

「きくち体操」の教室では、「体のしくみ」を知ってもらうために、骨格や筋肉の解剖図を使って説明しています。
体のどこをどう動かすと、どういいのかを理解してもらうためです。
体のしくみを理解して体操をするのと、漠然と動かすのとでは、効果は雲泥の差があります。

では、足の指はどこから始まっているかご存じですか?

足の指が分かれる指のつけ根のところと思っていませんか?

足の指でグーを作ってみてください。
甲側にポコポコとした出っ張りができます。
ここが足の指の第1関節で、足の指の始まりです。

足の裏側では、指のつけ根の下に広がるゾーンに第1関節があります。
ここから指を使うように動かすことで、指の衰えを防ぐことができます。

足の指は、脚へとつながる筋肉の起点であるだけでなく、全身の筋肉へとつながっています。
ですから、足の指を育てれば、全身が刺激され、体が本来のしなやかさを取り戻してくれます。
逆に、足の指が弱れば、脚力が衰えるだけでなく、全身に悪影響が及ぶのです。

「きくち体操」では、体を部分ではなく、頭のてっぺんからつま先まですべてつながっているととらえています。
足の指も、体全体のつながりの中で見ていきます。

足の指の甲側は、足の指1本1本の筋肉が、甲の筋肉になり、それが集まって足首のところで幅広い腱でしっかり束ねられています。
この構造のおかげで、足の指に力が入り、踏みしめて歩いたり、ふんばれたりできるのです。

足の指の裏側は、指1本1本の筋肉が足の裏になり、かかとからアキレス腱につながって、ふくらはぎ、ひざ、太もも、お尻、腰、おなかにつながっていきます。

指の1本1本を意識して動かすことで体は変わる

足の指をじっくり見ながら、手でさわり、丁寧に足の指を動かすことは、足の指だけの体操ではありません。

それとつながる、ひざ、太もも、お尻、腰などすべての筋肉を強くし、そして脳を目覚めさせる体操でもあるのです。

足の指を動かすとき、「今、この指を使っている」「この指をしっかりさせよう」と足の指1本1本に意識を向けていけば、それはすべて脳につながります。
これまで使えていなかった筋肉が目覚め、指の力、足の裏の力を育てることができるのです。

足の指に力がつくと、地面をしっかり蹴って歩けるようになり、重心も正しくなり、姿勢がよくなって体のゆがみが取れ、腰痛、膝痛、股関節痛、肩こりも解消します。
足の裏の魚の目やタコも改善していきます。

しっかり歩く脚力がつくので動けるようになり、全身の血流がよくなって内臓の働きも活発になります。
足の指を動かすたびに脳は活性化し、頭はすっきり、気分も明るくなります。

足の指の1本1本がそれぞれの脳とつながっている

解説者のプロフィール

菊池和子(きくち・かずこ)
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。体育教師を経て「きくち体操」を創始。「動くことは、なぜ心と体によいのか」という素朴な疑問から出発し、「体をどう動かすと、体のどこにどういいのか」体のしくみを50年以上にわたり研究・実践し、確立した「健康に直結する動かし方」の集大成。脳とのつながりに着目し、体を脳で感じ取る体操は、性別・年齢を問わず多くの支持を得ている。著書は『はじめての「きくち体操」』(講談社)、『足の裏を刺激して一生歩ける体になる!きくち体操』(宝島社)など多数。

健康雑誌『ゆほびか』 2018年9月号で「きくち体操」を特集しています!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)
更新: 2019-09-10 22:10:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2019-09-10 22:10:00
ヤマイモに含まれるジオスゲニンという成分に、認知機能を多方面から改善する効果があるとわかったのです。アルツハイマー病だけでなく、血管型やレビー小体型といった認知症、パーキンソン病のような神経変性疾患にも、進行を遅くしたり改善させたりする効果が期待できます。【解説】東田千尋(富山大学和漢医薬学総合研究所教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
味覚の衰えを感じた時点で、おいしさを再認識できれば、食への意欲を回復できます。食べる楽しさを取り戻すことは、脳への刺激となり、認知機能の回復に役立ちます。そこで、おいしいと感じることを取り戻すために、私は「コンブだし」をお勧めします。【解説】熊谷賴佳(京浜病院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt