MENU
【名医が解説・脊柱管狭窄症とは】治療、薬、手術の適切な進め方

【名医が解説・脊柱管狭窄症とは】治療、薬、手術の適切な進め方

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)

解説者のプロフィール

小森博達
横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長。
東京医科歯科大学医学部卒。日本整形外科学会整形外科専門医。
日本整形外科学会脊椎脊髄病医。日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。
専門分野は、脊椎・脊髄疾患、腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頸髄症、脊髄腫瘍。

●横浜市立みなと赤十字病院
整形外科(整形・脊椎外科、整形・関節外科、手外科・上肢外傷整形外科)
http://www.yokohama.jrc.or.jp/medical_part/medical_view.html?belong_code=8

脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、間欠性跛行

 脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が狭くなって起こる病気です。50代以降、加齢とともに増えていきます。
 ただし、脊柱管狭窄症は、ガンのように、このステージだとこの治療、というような、わかりやすい目安はありません。症状が進行すれば手術が必要になるケースはありますが、絶対的な基準がないため、いつ手術すべきか、判断に迷う人も少なくありません。

 私自身は、「手術はいろいろ試してからの最終手段」という考え方を持っています。患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。

 しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいいというものではないのです。
 最近でも、「医師にいわれるまま手術をしたのに、ちっとも症状が改善しない」と私たちの病院を訪ねてくる患者さんがたくさんおられます。
 こうした場合、そもそも最初の診断が間違っていて、脊柱管狭窄症ではないのに切ってしまったケース、手術自体はうまくいったものの痛みやしびれが消えないケースなど、さまざまな状況が想定されます。

 脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、間欠性跛行でしょう。これは、歩いたり立ち続けていたりすると、足腰に痛みやしびれが出て、立っていられなくなり、イスに座って少し休むと、回復するというものです。

 脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管が狭くなって、神経を圧迫しているところを広げます。そうすれば、間欠性跛行はよくなります。しかし、安静時に感じていたしびれは、手術をしても取れないケースがしばしばあるのです。

 また、手術の際は、背中の腰の部分を切るのでダメージが残ります。これがきっかけで、腰痛が起こることもあります。
 もちろん、早めに切って手術がうまくいく場合もあります。しかし、ここまでお話ししてきたようなケースも数多くあるので、慌てて手術を行うことについては、私は決して賛成できません。

脊柱管狭窄症に効果的とされる薬「プロスタグランジン」

 では、脊柱管狭窄症の治療や手術はどのように進めるのがいいのでしょうか。

 第一に、患者さんが、この病気についてよく理解することが肝心です。実は、ほとんどの患者さんは、脊柱管狭窄症がどういう病気かわかっておられません。また、ご自身の症状も曖昧にしか認識していないのです。「間欠性跛行は、どれくらい歩くと出ますか?」と聞いてみても、そういう観点から自分の症状を見たことがないため、初診の患者さんで答えられる人は、ほとんどいらっしゃいません。

 脊柱管狭窄症が、どういう病気なのか、ある程度理解してもらったら、私は次に、毎日一定の距離を歩くことをお勧めします。公園でもスーパーでもどこでもけっこう。間欠性跛行が出るまでにどれくらいの距離を歩けるか、ご自分の今のレベルを把握してもらうのです。

 それとともに、脊柱管狭窄症に効果的とされる薬を処方します。この薬は、狭窄部分を治す薬ではありません。プロスタグランジンといって、末梢の血行をよくする薬です(胃腸障害、出血しやすくなるなどの副作用が出る場合があります)。
 脊柱管が狭まると、神経に栄養を送っている末梢血管が圧迫されます。こうして血行障害が起こると神経が酸欠となり、痛みやしびれが出てくるのです。薬で末梢の血流をよくしてやれば、酸欠だった神経にも酸素や栄養が行き届き、症状が回復します。

 この薬は、およそ6割のかたに効果があります。飲み始めて1週間から10日ほどで効果が現れ始めます。10分しか歩けなくなっていた人が30分歩けるようになることもあります。

 しかし、数ヵ月間服用していくと、それ以上よくならない時期がやってきます。薬の効果にも限度があるのです。薬のおかげである程度動けるようになり、その現状に患者さんが満足できるなら、手術は回避できるでしょう。

 逆に、この状態で満足できず、日常生活にも支障を来すということなら、手術を考えることになります。手術をするかしないかを決めるのは、医者ではなく患者さん自身。年齢、家庭や住居の環境、趣味などいろいろな要素を考慮して決断する必要があるのです。

 特に、これからの人生をどう過ごしたいのか、それに合わせて手術を選ぶかどうかを考えていただきたいと思います。
 以前、90歳のご婦人が手術を希望されたことがありました。たいてい、これくらいのご高齢になれば手術は勧めません。しかし、そのかたの生きがいは旅行とのことでした。間欠性跛行があると、ほかの人に迷惑をかけるため、団体旅行に参加できません。「旅行に参加できないくらいなら死んだほうがまし」とまでおっしゃり、手術を選択したのです。

 このように、趣味や仕事など自分の生き方、生活環境などと照らし合わせて、納得ずくで手術を選択することが大事なのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt