MENU
悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

昨年の秋ごろ、突然右の首筋から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。【体験談】三戸雪子(仮名・会社員・56歳)

悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」

 昨年の秋ごろ、突然右の首から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。でも、いつまでたっても治らないのです。

 これは肩こりからきている痛みではと思い、痛い部位を押したりもんだり、肩を回したりもしました。でも、やはり一向に改善しません。痛みは、悲しくなるほど強くなっていました。

 そこで、相談に行ったのが浜田貫太郎先生の整体院です。私は以前、先生の整体講座に参加したことがあり、先生のブログも読んでいました。そこに、首の痛みにいい体操がある、とあったので、教えてもらうことにしたのです。

 その体操が「肋骨ほぐし」でした。肋骨ほぐしとは、固まって動きが悪くなった肋骨をほぐして、首の痛みを軽減するという体操です。
 先生によると、私は肋骨の動きが硬いそうです。実際、肋骨ほぐしをやってみると、右方向に上体を倒す動きがやりにくいことに気付きました。

 しかし、何回かくり返し行ううちに、だんだんと動かしやすくなっていくのがわかりました。
 体操の終了後、首を右に傾けた私は、驚きました。まだ痛みはあるものの、首が滑らかに動くではありませんか。

 伸ばしたりひねったりしたのは胴体なのに、首がほぐれるなんて、不思議に思いました。
 以来、朝晩の1日2回、私は肋骨ほぐしを実践しています。3週間ほどたちますが、首の痛みはかなり改善しています。

 実践前の首の痛みを100としたら、今は20~30程度といったところでしょうか。半年近く悩まされてきた原因不明の痛みがやっと改善しそうで、心からホッとしています。

 肋骨ほぐしは難しい動きがないし、時間も2~3分しかかかりません。とても続けやすい体操だと思うので、首のこりや痛みがある友人にも勧めたいと考えています。

肋骨ほぐしのやり方

首と体幹が連動すると首への負担が減少(浜田整体院長・浜田貫太郎)

 三戸さんの場合、肋骨が硬いために首に痛みが生じていました。肋骨が動かないので、それを補うために首を過剰に動かしていたことが、首の右側の痛みの一因となったのでしょう。
 首が痛いとき、患部にのみアプローチする人がほとんどですが、体はそれぞれのパーツが独立しているわけではなく、つながっています。
 肋骨ほぐしを行うと、首と体幹が連動して動くようになるので、首への負担がなくなり、痛みが快方に向かいます。

解説者のプロフィール

浜田貫太郎
整体師。石川県生まれ。
整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会(社)へ入門。
同協会に8年在籍後、独立。施術のほか、各種講座を開催して、整体の普及に努める。
著書に『整体操法入門』(たにぐち書店)がある。

●自由が丘 浜田整体
http://seitai.iiyudana.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2020-02-10 10:05:06
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2019-09-10 22:10:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt