MENU
【ハチミツダイエット】 17kgやせた!夜飲んでよく寝ると効果あり

【ハチミツダイエット】 17kgやせた!夜飲んでよく寝ると効果あり

このダイエットの基本は、「寝る前にハチミツを大さじ1杯程度取って、十分な睡眠を取る」だけ。これだけで、余分な体脂肪が効率よく燃やされ、ダイエットにつながるそうです。食事はバランスよく食べればよく、無理な制限は必要ありません。さらに気に入ったのは、「運動しなくてもいい」ということ。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)

大さじ1杯のハチミツをぬるま湯に溶かして飲む

「どうにかしなければ!」

10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。
もともと72kgくらいでしたが、仕事のため、夕飯の時間が遅くなりがちだったり、から揚げが好きで、夜中に冷蔵庫の中のから揚げをつまんだりなど、太ってもおかしくない食生活を送っていました。

それに加えて、最低でも1日60本吸うほどのヘビースモーカーだったのが、思い立って禁煙したところ、ますます体重が増えて、85.6Kgになってしまったのです。
おなかが出っ張り、体が重いのはもちろん、体調も悪化してきました。

原因不明のがんこな湿疹が全身にでき、胸焼けや片頭痛もひどくなりました。
健康診断では、中性脂肪値が585mg/dlという、とんでもない数値でした(正常値は150mg/dl未満)。

「体を根本的に改善するしかない」と痛感し、ダイエットを決意したのです。
そのころ、私は会社勤めをやめて、翻訳家として活動しようとしていたところでした。

すると、絶好のタイミングで、あるダイエット本の翻訳を手がけることになりました。
英国の薬剤師で、栄養学の専門家でもあるマイク・マッキネス氏の著作で、邦題は『冬眠式プラスハチミツダイエット』(バベルプレス)という本です。

このダイエットの基本は、「寝る前にハチミツを大さじ1杯程度取って、十分な睡眠を取る」だけ。
これだけで、余分な体脂肪が効率よく燃やされ、ダイエットにつながるそうです。

食事はバランスよく食べればよく、無理な制限は必要ありません。
むしろ、きちんと食べることが条件です。

さらに気に入ったのは、「運動しなくてもいい」ということ。
運動すればより効果的ですが、必須条件ではないのです。
それにしても、「寝る前に甘いものを取る」とは、従来のダイエットの常識からいうと、真逆です。

しかし、翻訳をしながら、そのメカニズムが理解できると
「なるほど!スジが通っている」と思えました。

そこで、翻訳作業と同時進行で、このダイエットにチャレンジすることにしました。
ハチミツは天然のものがよいとのことですが、品質の判断はむずかしいので、信頼できそうなデパートの食品売り場や、スーパーマーケットなどで、500gで1100円くらいのものを買っています。

寝る1時間ほど前に、そのハチミツを大さじ1杯ほど、マグカップに入れたぬるま湯に溶かして飲みます。
食事は特に減らしていませんが、肉に偏っていたのを改め、野菜と魚を多くしました。

睡眠は、少なくとも6時間、可能なときは8時間、ぐっすり寝るようにしました。
運動は一切していません。

脊柱管狭窄症の母もダイエットに成功

始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。
ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。
多いときは、一晩で2kg減ったこともあります。

そして、ダイエット開始から1年半後には15kg減って、70kgになりました。
以後も減り続けて、3年後に68kgになり、今もそれを維持しています。
25%だった体脂肪も、16~18%になりました。

それとともに、湿疹はきれいに消え、胸焼けや片頭痛も出なくなりました。
便秘気味だったのも改善されました。

以前は、朝目覚めても、すぐには起き上がれなかったのが、スパンと起きて活動モードに入れます。
中性脂肪値は、ダイエットを始めた翌年に249mg/dl、3年後には111mg/dlと正常範囲になりました。

このダイエットは、私の母にも効果がありました。
実は私の母は、脊柱管狭窄症になって運動ができず、太り気味になって困っていました。

そこで母にも勧めたところ、52.9kg(身長151cm)だった体重が、2年4ヵ月で47kgまで落ちました。
運動しないでやせることができ、体調もよくなって喜んでいます。

この方法はとても簡単ですが、始めて半年~1年ほどは、体重が減らない「体の準備期間」があるようです。
そこであきらめずに続けるのがコツだと思います。

食事と睡眠に留意した上でプラスするとよい(田井祐爾・田井メディカルクリニック院長)

睡眠中も、体内ではさまざまな生命活動が行われています。
なかには、睡眠中にこそ活発になるものもあって、その一つが「成長ホルモン」の働きです。

成長ホルモンは、睡眠中に最も多く分泌され、細胞の新生や修復のために働いています。
成長ホルモンは、寝入ってから3~4時間の間に、急速に深い眠りに入ったときにたっぷり分泌されます。

ですから、特にこの時間帯の睡眠の質をよくすることが、成長ホルモンの分泌と働きを促すカギになります。
このことは、健康の維持・増進に重要な意味を持ちますが、同時に余分な体脂肪を減らすことにも関係します。

睡眠中の脂肪燃焼を進めるためには、十分な成長ホルモンの分泌が必要です。睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌が不十分になるからです。
つまり、睡眠の質をよくすることが、寝ている間の脂肪燃焼を促すことにつながるのです。

睡眠中に成長ホルモンの分泌を促して脂肪燃焼につなげるには、3食をバランスよく取り、特に夕食時に食べ過ぎないことが大切です。
その上で、芳賀さんのように、寝る1時間ほど前に、大さじ1杯程度のハチミツを取ると、寝ている間の脂肪燃焼効率がよりよくなります。寝る前にハチミツを適量取ると、その糖分が速やかに肝臓に蓄えられます。

脳が使用する主要エネルギーは、肝臓に蓄えられた糖なので、それをハチミツで補給することで、睡眠の質がよくなり、成長ホルモンの分泌が促されます。
それが、脂肪の燃焼につながるわけです。

ハチミツは、ビタミン・ミネラル、アミノ酸、そして各種の無機・有機化合物などを含み、抗酸化作用や抗菌作用も持つので、肝臓を元気づけるためにも役立ちます。
その意味でも、睡眠の質の向上に貢献します。

ただし、現在食べ過ぎている人が、その習慣を改めないまま、寝る前のハチミツをプラスするだけでは、かえって逆効果になりかねません。
あくまでも、1日3食のバランスの取れた食事が前提になります。

夕食に重い食事を取っている人は、朝・昼と均等のボリュームに近づけ、特に夕食では、ごはんなどの炭水化物を控えめにすると、より効果的です。
同時に、睡眠の質をよくするために、寝るときは部屋を真っ暗にしてください。

また、寝る前の時間帯に、パソコンやスマートフォンの光を見ないようにすることもポイントです。
このダイエットは、糖尿病の人でも行って構いませんが、条件があります。

「バランスの取れた食事(糖尿病の食事療法)」という前提を守った上で、現在の食事にハチミツをプラスするのではなく、砂糖などの糖分を控え、寝る前のハチミツに置き換えてほしいのです。
ハチミツ摂取後の血糖値の上昇は、ブドウ糖に比べてゆるやかだったという小規模な研究報告もあります。

ですから、砂糖と置き換えて大さじ1杯程度のハチミツを取るのなら、糖尿病の人にも勧められます。
こうした前提や条件を守った上で、ハチミツダイエットを、肥満の改善・解消や、健康増進に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt