MENU
変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)

痛みが消えた!手術が不要になった!

変形性股関節症で私のもとに来院される患者さんはみな、「手術を避けたい」という切羽詰まった気持ちをお持ちになっています。
変形性股関節が原因で起こる痛みや歩行困難が激しくなってきた患者さんには、人工股関節の置換手術を勧めるのが、整形外科での通常です。

ただ、股関節の手術には、人それぞれに「旬」があり、その時期でない場合には、受けたくても受けられないかたも少なくありません。
最も多い理由は、育児や介護、あるいは仕事の関係で時間がとれないこと。

また、人工股関節には耐用年数があり、年齢が若いと再手術を覚悟しなくてはならないから、という人も少なくありません。
手術に対する恐怖が先立ち、なかなかその気になれないでいるかたもいます。

そんな患者さんたちに対し、私どもでは独自に開発した「ゆうきプログラム(学術名:PSTRエクササイズ)」という運動療法を指導することで、確実に成果を上げてきました。
ゆうきプログラムは、自宅で患者さんご自身が行う、痛みを伴わないエクササイズです。

ゆうきプログラムを開発した25年前から80%前後を保ってきた改善率は、最近になって94%程度にまで伸びています。
ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。

痛みの原因は靭帯にあった!

もともと高い水準にあった改善率が、さらに伸びたのは、次のような理由です。
それは「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。

ちなみに、拘縮とは縮んで硬くなることをいいます。
関節が変形して痛みが生じると、一般には「無理のないように運動をして、周囲の筋肉を鍛えていきましょう」と言われることが大半です。

なので、靭帯という言葉が股関節痛と結びつかないかたも多いでしょう。
靱帯は関節内で骨と骨を結びつけている帯状、もしくはひも状の線維組織です。

もちろん、股関節にも靭帯が存在しています(下の図参照)。
それらの靭帯は、股関節を強固にすると同時に、その運動をコントロールする重要な役割を担っています。

当然、筋肉とも連動する関係にあります。
変形性股関節症の痛みが起こる主な原因は、筋肉のアライメント(力を一定方向に伝えていく機能)のくずれにあると考えられています。

関節の可動域が狭くなったり動きが悪くなったりすることで筋肉に炎症や拘縮が起き、正常なアライメントを維持できなくなります。
それが痛みを発生させていくのです。

そのため、整形外科医も、私ども治療師も、筋肉の拘縮を解消することを運動療法の主眼としてきました。
しかし、あるとき、ふと疑問に思いました。

確かに股関節周囲の筋肉をほぐし、鍛えることで、痛みが確実に軽くなったと患者さんはおっしゃいます。
でも、病気の状態がほぼ同じでも、改善までの早さや程度が患者さんごとにずいぶん異なります。

個人差はもちろんあるでしょうが、私は個人差以外にも理由があるはずだと思いました。
そうして行きついたのが、「靱帯」だったのです。

関節の動きが悪くなれば、筋肉だけでなく、筋肉と連動している靱帯の拘縮も進むはず。
にもかかわらず、靱帯の拘縮はそのままにして筋肉だけほぐしていても、アライメントの矯正ははかどりません。

靱帯の拘縮の度合いは、患者さんによって異なります。
その違いが、改善効果の差となって現れるのではないかと、私は考えました。

筋肉よりも靭帯の調整が先決

つまり、症状を軽くするには、筋肉より前に、靱帯をほぐして拘縮を取ることが先決なのです。
しかし、靱帯の拘縮を取る運動法が見つかりません。

自分で開発するしかないと、試行錯誤の末に生まれたのが、「8の字ゆらし」をはじめとした靭帯調整法と呼んでいる運動です。
 新たにゆうきプログラムに加わったこの運動法の効果はめざましく、プログラム全体の有効性がさらに高まりました。

今回は、靭帯調整法を含む、変形性股関節症の人にぜひ試してほしい運動を紹介します。
股関節痛の改善に必ず力になりますので、ぜひお役立てください。

解説者のプロフィール

大谷内輝夫
ゆうき指圧院長。1953年生まれ。「ひざ、股関節の治療では日本で一番信頼される人になりたい」という志を胸に、日々ゆうきプログラムの研究や指導に当たっている。著書に『股関節痛の94%に効いた!奇跡の自力療法』(マキノ出版)などがある。

●ゆうき指圧
大阪府大阪市住吉区我孫子1-2-4
TEL 06-6607-1013
http://www.yukishiatsuseitai.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)
更新: 2019-12-11 14:44:25
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt