MENU
タオルを脚に挟んで13kgダイエット成功!産後の尿もれも止まった!

タオルを脚に挟んで13kgダイエット成功!産後の尿もれも止まった!

13kgも体重が減ると、通常は肉割れが起こったり、肌がたるんだりするものです。ところがタオルを脚に挟むエクササイズで痩せた私の場合は、肉割れもたるみもまったく起こらず、肌についてはむしろきれいになっていきました。まるで全身のぜい肉だけを脱皮したみたいです。【体験談】吉岡雅代(40歳・主婦)

全身を脱皮したようにきれいにやせられた

 私が香取知里先生と知り合ったのは6年前。子どもどうしが同じ幼稚園に通っていたのです。香取先生のオーラがすごくて、ママ友の間では「何をやっている人だろうね」「エクササイズのレッスンが人気らしいよ」などとうわさしていました。

 一方、その頃の私は人生最大に太っていました。妊娠中や産後は太らなかったのですが、育児で会社を辞めてから半年ぐらいで20㎏も体重が増えたのです。身長が150㎝で体重は70㎏。おなかはパーンと張ったビア樽のようでした。
 自分の姿を鏡で見ることはなくなり、いつもスッピンで、おしゃれにもまったく興味がありませんでした。体を隠すように髪を長く伸ばし、どちらかというと引きこもりがちな生活を送っていたのです。

 それから3年がたち、子どもに手がかからなくなってきて、香取先生のレッスンを受けたいと思うようになりました。香取先生自身が24㎏のダイエットに成功したという話を聞いて、私もやせられるかもしれないと希望が湧いたからです。
 こうして香取先生のクラスに参加したところ、最初は運動不足とぜい肉のためにレッスンについていけませんでした。タオルを脚で挟むエクササイズでも、つま先立ちをするとよろよろ。

 それでも香取先生に励まされてレッスンを重ねたところ、5カ月ぐらいたった頃にボディラインが変わってきて、ヒップや太ももが細くなったことを実感できたのです。会う人会う人に「やせたね!」と言われるようになりました。

 そしてレッスン開始から半年後には、体重が10㎏も減ったのです。
 レッスン内容は、エクササイズやストレッチなどさまざまで、私は自宅でもキッチンや洗面所などで、エクササイズを復習していました。

 体重については、今はさらに3㎏減って、57㎏になっています。はいていたズボンもウエスト102㎝から68㎝になり、34㎝もサイズダウンしました。

 これほど体重が減ると、通常は肉割れが起こったり、肌がたるんだりするものです。ところが私の場合は、肉割れもたるみもまったく起こらず、肌についてはむしろきれいになっていきました。まるで全身のぜい肉だけを脱皮したみたいです。

口唇ヘルペスもピタッと出なくなった

 うれしい変化は、体形だけではありません。
 私は産後に尿モレが起こるようになり、出かけるときには替えの下着を持ち歩いていました。症状が症状だけに恥ずかしくて、病院にも行けずに困っていました。ところが、香取先生のレッスンを受け始めて2カ月ぐらいで、尿モレがピタッと止まったのです。

 ふんどしエクササイズなどを自宅でもやっていたのですが、こうしたエクササイズで尿道や膣に意識を向けられるようになったことが関係しているのでしょう。
 それから、腰痛にも悩まされなくなったのです。私の場合は小学生の頃から腰が痛み、整体の先生には「君の体は40代だね」と言われてしまいました。20歳を過ぎてからはぎっくり腰もしょっちゅう起こり、産後は立ったり座ったりするときに体がガクガクでつらい状態でした。
 そんな腰痛もぎっくり腰も、今は起こりません。

 さらに、疲れたときや生理のときに現れていた口唇ヘルペスもピタッと出なくなりました。口唇ヘルペスはヘルペスウイルスが原因の感染症で、免疫力が落ちたときに唇の周りに水疱が膨らみます。口唇ヘルペスが出ないということは免疫力が上がったということで、エクササイズを続けたことで内臓も強くなったのかもしれません。

フェイスラインもシャープに変化

 最近では、顔も変わり始めています。
 エクササイズをやるようになって顔が小さくなってきたことは感じていたのですが、ここ1カ月くらいであごのラインがはっきりして、首が細く長くなってきたのです。

 私は横から見るとあごと首の区別がつきにくい、いわゆる「あごがない」顔の家系に生まれてきたので、「これは生まれつきでしかたがない」とコンプレックスでした。そんな顔が変わってきたのがうれしくて、長い髪を切ってフェイスラインが見える髪形にしました。
 今ではボディラインがわかる服を着て、メイクをして、アクセサリーを着け、どんどん自撮りしてSNSにもアップしています。

 子どもが幼稚園時代に知り合ったママ友と、小学校の授業参観で久しぶりに会うと「どうしたの?」「別人みたい」と声をかけられます。同性に褒められるようになったことで、自信も湧いてきました。
 目標はあと7㎏減。そのために、これからもエクササイズを続けていくつもりです。

脂肪を燃焼できるような体質になる(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長 原 節宏)




 タオルを脚で挟むことをきっかけとして体の軸が整うと、日常生活の何気ない動作が大きくなります。そして、脂肪を燃焼できるような体質になり、体形やフェイスラインを変化させる持続的な効果が期待できるようになるのです。即時的な効果については、エクササイズによってむくみ(浮腫)が解消されるからです。

 吉岡さんが小学生の頃から腰痛に悩まされていたのは、筋膜がこわばっていたことと関係があるかもしれません。小学校低学年でもあごの不調を訴えるお子さんが来院されるのですが、そのほとんどは筋膜のこわばりが原因で、あごの周囲だけでなく首や肩もこわばっています。そういったお子さんは、確かに姿勢の悪さや落ち着きがないことが目立ちます。しかし、「いい姿勢をしなさい!」「じっとしていなさい!」といった無理やりな生活指導をすることはかえって筋膜をこわばらせて、ストレスが増してしまい逆効果です。筋膜を緩めることを視野に入れて、ストレッチ体操を時間をかけて行うように私たちは指導しています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt