MENU
私のB型肝炎闘病記【歌手・石川ひとみさん】 病気によって得たものは大きい!

私のB型肝炎闘病記【歌手・石川ひとみさん】 病気によって得たものは大きい!

私がB型肝炎を発症したのは、27歳のとき、初ミュージカルの稽古中でした。病気そのものもそうですが、病名を知らない間に報道されて、当時はまだ肝炎という病気に対したくさんの誤解があったため、偏見に直面することになったのです。【体験談】石川ひとみ(歌手)

解説者のプロフィール

石川ひとみ
78年歌手デビュー。81年「まちぶせ」が大ヒットし、同年「紅白歌合戦」に出場。87年B型肝炎で緊急入院するが克服し、1年後に芸能活動を再開。歌手のほか、闘病生活を生かした講演、キャンペーン、シンポジウム等にも積極的に取り組む。著書に、闘病生活をつづった『いっしょに泳ごうよ』(集英社)がある。今年、デビュー40周年を迎え、35年ぶりの40周年記念オリジナルアルバム「わたしの毎日」(テイチクエンタテイメント)6月20日リリース決定。7月26日(木)アルバム発売記念ライブ 羽田ティアットスカイホール決定。

「なぜ私が?」という悔しさでいっぱいだった

 私がB型肝炎を発症したのは、27歳のとき、初ミュージカルの稽古中でした。
めまいがあったので検査を受けたところ、そのまま緊急入院となったのです。

 舞台を降板することになり、当時は、関係者のかたがたへの申し訳ない気持ちと「なぜ、この私が病気に?」という悔しさでいっぱいでした。

 でも、本当に大変だったのはその後からです。病気そのものもそうですが、病名を知らない間に報道されて、当時はまだ肝炎という病気に対したくさんの誤解があったため、偏見に直面することになったのです。

 例えば、街中で握手を求められているときに、突然、「その人、B型肝炎なのよ!」という声が飛んできたかと思うと、サーっと人の波が引いたり、見も知らない人から「B型肝炎の人だ!」と呼ばれたり……。

 ショックで、悲しくて、どうしようもなかったのですが、「正しい情報がないのだからしかたない」「そう思われてもしようがない」、そう自分を納得させるしかありませんでした。

 体の状態もなかなか安定せず、それも苦しさに拍車をかけていました。調子がいいなと思っていても、ある日突然、体調が悪くなるのです。そのため、断念せざるを得ない仕事もたくさんありました。

 元気だった頃とはまるで別世界にいるような状態に、泣いて泣いて、もうこれ以上涙は出ないというほど泣きはらすこともありました。

 ただ、そんな中、病気を発症する以前と、まったく私への接し方が変わらない人もいました。私の悔しかった話、悲しかった話を、いつもと同じように聞いてくれ、どうしたらいいのか一緒に考えてくれる……。すごく勇気づけられました。

 それが、デビュー当時からの音楽監督であるプロデューサーの夫です。
 自分の命は自分一人のものではないんだなと思いました。私が悲しんでいたら、悲しんでくれる人もいる。それがわかると「病気によって失ったものはたくさんあったけど、反対に、病気によって得たものはすごく大きい!」と思うようになりました。人は、一人では生きられないってことですよね。

「病気によって失ったものはたくさんあったけど、得たものはすごく大きかった」と石川さん

調子のよいときは「今」を楽しむ!

 肝臓は「沈黙の臓器」といわれるだけあって、B型肝炎は自覚症状と数値が一致しにくい病気です。
 自分としては十分にケアしたつもりでも、検査結果が悪かったり、その逆もしかり。自己コントロールが効かない歯がゆさに、常に悩まされます。

 そのため、調子がよいときでも「いつ悪化するかわからない」という恐怖感と向き合うことになってしまいます。

 先行きが不安なことに心が支配されると、「この仕事はやめておいたほうがいいかな」と、気持ちが消極的なほうへと傾きます。

 そんなとき、主治医の先生が「医学はこれからも進歩していくのだから、先の心配はやめて、よいときは今を楽しんでください。そして、調子が悪くなったら、その都度、最善の対処法を考えましょう」と励ましてくださったのです。

 そのとおりだなと思い、それからは無駄に気をもむのはやめようと思いました。
 未熟な私には、かなりの訓練が必要でしたが、楽観視することで、心の切り替えが早くなったように感じます。落ち込みそうになったときは「眉間にシワはよくな~い!」と声に出したりして、自分を律しています。

現実を受け入れたら生きるのがらくになった

 退院して1年後、私にとって転機となる仕事が入りました。
 真夏の京都で、1ヵ月公演という激務でしたが、お仕事をいただけた感謝の気持ちと、病後の自分の精神力、体力をぜひ試してみたいという思いから、挑戦することにしました。

 そして、ありがたいことに公演は無事、大成功。途中、休憩時間中に点滴を受けたり、半日だけ入院することもありましたが、舞台に穴をあけることなく、お客さまにも喜んでいただいて、このことが大きな自信となりました。

 思い返せば、病気を発症したときは、稽古後のひどい疲労やだるさ、体が鉛のように重く、何も食べられなくなってしまうのを「精神的に弱いからだ」と心のせいにしていました。

 それが、京都の公演のときは、少しでも調子が悪かったら病院へ行く、休む、という柔軟さを身に付けていたことが、よかったのだと思います。

 つまり、それは「現実を受け入れる」ということ。

 病気になったことを恨んだり、悔やんだりせず「そうよ、私はB型肝炎よ!」とドーンと構えて、「病気だからできないこともあるけど、だからこそできることだってある。それを実現していこう!」と心に決めたのです。
 すると不思議と、どんどん道が開けていった気がします。

 私と同じ肝炎の患者さんが、病気に対する周囲の誤解に苦しんでいることを知り、理解の輪が広がることを願って『いっしょに泳ごうよ』(集英社)という闘病記を出版させてもらったり、肝炎の講演会を開催してもらったりしました。

 理解の輪が広がるにつれ、不本意に病名を報道されたつらい過去さえ、今ではよかったと感じています。

 そして、早いもので今年はデビュー40周年。CDの発売やコンサートなど、忙しくも幸せな毎日を送っています。

 歌うことは、十代からの私の職業でしたが、気がつけば、生きる心の支えとなっていました。よく、歌手の皆さんが「歌が私の心の支えでした」とおっしゃっているのを聞いていましたが、今では私も「歌が心の支えです」と心の底から思っています。

 健康法は特にしていませんが、よく歩きます。それと、2時間ノンストップで、一人カラオケを楽しんでいます。

 よく歩き、よく笑い、物事のよい側面を見るようにする。そうするうちに、過去の体験も笑って話すことができるようになっていました。
 これもすべて、いつも支えてくれる周囲の皆さんと、大好きな歌のおかげだと感謝しています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
仕事や子育てをリタイアしたあとは、エンディングに向けて準備する時期だと思います。では、どんな準備が必要で、リタイア後はどんな生きかたがいいのか。 私が出した結論は、60歳からは「手ぶら人生」で行こう、です。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)
更新: 2019-09-10 22:10:00
どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt