MENU
好相性

好相性"レモンコーヒー"の作り方 体脂肪を減らす若返りドリンク

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)

長寿ホルモンを増やす唯一の食品

「レモンコーヒー」は長寿ホルモンを増やし肥満を遠ざけうつ・認知症から脳を守る

コーヒーにレモンスライスを浮かべたレモンコーヒー。
意外に思われるかもしれませんが、コーヒーとレモンは好相性の組み合わせです。

コーヒーが持つ酸味のさわやかさを、レモンの酸味がさらに引き立ててくれるからです。
近年、コーヒーの健康効果に注目が集まっています。

コーヒーと健康にまつわる大規模な疫学研究(人の集団を対象にした病気の原因などを探る研究)は、1990年代頃からさかんになり、2000年を越えた頃から、コーヒーを飲んでいる人たちのほうがさまざまな病気にかかりにくく、死亡率が低い傾向にあることが明らかになってきました。
コーヒーを飲むことで、心疾患や糖尿病、認知症、脳卒中、ガン、肥満などの予防効果があることがわかってきたのです。

なぜコーヒーを飲んでいる人は、病気にかかりにくいのでしょうか。
コーヒーに含まれるカフェインや、クロロゲン酸というポリフェノールが健康状態に深く関係しているのはもちろん、あらゆる病気を予防する“長寿ホルモン”のアディポネクチンの存在も見逃せません。

実はコーヒーを愛飲している人の血中には、このアディポネクチンが多く含まれていることが報告されているのです。
アディポネクチンは、脂肪酸の燃焼や糖の取り込み、糖の利用促進、炎症の抑制など、体にとって有益な働きを多く担っています。

そのため血中アディポネクチン濃度が高い人ほど、あらゆる病気にかかるリスクが下がるのです。
体脂肪を減らしたり、運動したりすれば、アディポネクチンは増やせます。

しかしコーヒーを飲むと、労せずして、長寿ホルモンの恩恵を受けられます。
ちなみに、アディポネクチンを増やす食物はコーヒー以外にはほとんどないようです。

「コーヒーは体に悪い」は間違いだとWHOが明言

コーヒーには、メンタル面にもいい働きがあります。
アメリカのハーバード大学の研究では、コーヒーをよく飲んでいる人ほど、うつ病にかかったり自殺したりしにくいことが報告されています。

コーヒーに含まれるカフェインが、うつ状態で低下しやすい脳内物質のセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンの分泌を促し、認知力を上げて、脳の健康を守る働きがあると考えられているのです。
昨年、WHO(世界保健機関)はコーヒーに発ガン性はないことを認め、発ガン性リスク一覧から外しました。

また「コーヒーは胃に悪い」という通説も、医学的根拠がありません。
むしろコーヒーには胃酸の分泌を促し、消化をよくして胃を助ける働きがあります。

コーヒーで胃が痛む人は、もともと胃が荒れていて、胃酸に弱くなっているためだと考えられます。
ですから、安心してコーヒーを飲んでいただきたいと思います。

飲む量としては、カフェインの摂取量や先行研究のデータから考えると、1日3~4杯程度がちょうどいいようです。
一方、レモンにはエリオシトリンやヘスペリジンなどの強い抗酸化作用があるポリフェノールや、気分をリフレッシュできる香気成分のリモネンが含まれています。

コーヒーをよく飲む人は長寿ホルモンが多い

特に試してほしいのは体脂肪が気になるかた

コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防し、活性酸素を取り除き、アディポネクチンを増やす作用があるので、その健康効果をより強化できそうです。

 私のお勧めの飲み方ですが、浅煎りで酸味が強めのコーヒーや、アイスコーヒーに、レモンスライスを加えるといいのではないでしょうか。
とてもさわやかな味わいです。

 特に中性脂肪が高いかたや、体脂肪が気になるかた、ダイエットしたいかた、アンチエイジングを意識しているかたは、“若返りドリンク”としてレモンコーヒーを取り入れるといいのではないでしょうか。

ぜひお試しください。

「レモンコーヒー」の作り方

解説者のプロフィール

安中千絵
学習院大学法学部卒業。女子栄養大学栄養学部卒業。東京都立大学大学院都市科学研究科修士課程修了。株式会社タニタなどを経て独立。企業の食・健康事業のコンサルティングや商品開発、栄養情報の監修・レシピ提供、執筆、講演等を中心に活動している。著書
に『おやつで痩せる』『やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい』『1日3杯のコーヒーが人を健康にする! 』など(すべてPHP 研究所)。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt