MENU
認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子

カツオの刺し身ニンニク油風味

【材料】(1人分)
カツオ(刺し身用)……150g
ニンニク油……大さじ1
しょうゆ……大さじ2
みりん……大さじ1
新タマネギ……1/2個
ミョウガ……3個
青シソ……4枚

【作り方】
❶カツオを薄切りにし、ニンニク油、しょうゆ、みりんをからめる。
❷新タマネギを薄切り、ミョウガを小口切り。青シソを千切りにする。野菜をボウルに入れて冷水にさらし、水気をしっかり切る。
❸②の野菜を皿にしき、カツオを盛る。①のつけ汁を、好みの分量、全体にかけて完成。

蒸し野菜のニンニク油みそ添え

ニンニク油みそは万能な調味料
ニンニク油みそはサラダ、煮魚や刺し身、ショウガ焼きなど色々なものによく合う。ご飯につけても、おいしさが引き立つ。

【材料】(2人分)
ナス……2本
ニンジン……1/4本
カボチャ……1/4個(300g)
ナス……2本
ニンジン……1/4本
カボチャ……1/4個(300g)
Ⓐ【ニンニク油みそ】
  ニンニク油……大さじ1
  みそ……大さじ2
  砂糖……大さじ1
  酢……小さじ2

【作り方】
❶ナスはへたを除いて縦4つに切り、3分ほど塩水にさらして水気を切る。ニンジンは皮をむいて、食べやすい大きさの輪切りにする。カボチャはくし型切りにする。
❷耐熱皿に①の野菜を並べ、水大さじ3をふりかけ、ラップをして電子レンジ(600W)で6分加熱。
❸Ⓐの調味料を合わせてよく混ぜる。
❹③のニンニク油みそを添える。適量のニンニク油みそを、蒸し野菜につけて食べる。

長芋の和風サラダ

【材料】(2人分)
長芋……10cm
焼きノリ……1/4枚
レタス……1/4個(150g)
ちりめんじゃこ……大さじ2
ニンニク油……大さじ1
酢……大さじ1
しょうゆ……小さじ1

【作り方】
❶長芋の皮をむき、半月切りにする。焼きノリは小さくちぎっておく。レタスは食べやすい大きさにちぎり、冷水でパリッとさせてからよく水気を切る。
❷器に①のレタスをしき、長芋を盛り、ちりめんじゃこ、焼きノリをのせる。
❸ニンニク油、酢、しょうゆをかけて、よく混ぜたら出来上がり。

モヤシとハムのカレーマリネ

【材料】(作りやすい分量)
モヤシ……1袋(200g)
塩、コショウ……少々
ハム……4枚
Ⓐドレッシング
 ニンニク油……大さじ1
 カレー粉……小さじ1/2
 酢……大さじ1
 しょうゆ……大さじ1弱
 砂糖……ひとつまみ

【作り方】
❶モヤシをよく洗って水気をきり、耐熱皿に入れる。ラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱。モヤシを広げて冷まし、塩、コショウを振る。
❷ハムは7~8mm幅の千切りにする。
❸ボウルにⒶの調味料を合わせ、モヤシ、ハムを加えて全体を和えて出来上がり。

ニンニク油明太子

【材料】(作りやすい分量)
辛子明太子(大きいもの)……1腹(100g)
青ネギの粗みじん切り……大さじ3
ニンニク油……大さじ3
ご飯……適量

【作り方】
❶辛子明太子の皮に、縦に切れ目を入れて、包丁で中身をこそげ取る。
❷辛子明太子に青ネギの粗みじん切り、ニンニク油を加えてよく混ぜ、白いご飯にのせて出来上がり。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt