MENU
【親の代理お見合いって何?】結婚には「親の影響」があると念頭に置くべし!

【親の代理お見合いって何?】結婚には「親の影響」があると念頭に置くべし!

私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)

時代は変わっても根強い親の思い「結婚してほしい」

私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。
昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。

そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。
2000年に、北海道の結婚相談所が開催したのが始まりでした。

京都では2005年から一般社団法人良縁親の会が、親による代理お見合いの会を開催していると知り、去年から同会の協力を得て、そこに参加する親へのインタビューなどを行っています。

特に印象的だったのは、「結婚して子どもを持つというのは、人間としての使命だと思う」という親世代の声でした。
時代の移り変わりとともに、「結婚は個人の選択」という意識になってきていることは、親たちも十分理解しています。

それでもやはり「結婚するのが当たり前」という思いが、根強くあるのです。
男親の中からは、「氏(名字)を残してほしい」という率直な声も聞かれました。

結婚に対する意識は、親子で違う?

国勢調査によると、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合を示す生涯未婚率は、2015年で男性23.37%、女性14.06%。
男性は4人に1人、女性は7人に1人です。

結婚しない人が増えている現代において、「『当然のこと』として結婚してほしい」という親の切実な願いが、親同士のお見合いというニーズを生んでいるのかもしれません。

子どものほうはというと、国立社会保障・人口問題研究所の調査で、「いずれ結婚したい」という人は9割弱に上っています。

ただ、これも時代とともに、「絶対にしたい」というよりは、「できれば、いずれはしたい」というニュアンスに変わっている可能性があります。

実際、良縁親の会に参加している親たちからは、「苦労して相手を見つけて釣書を持ち帰っても、子どもから無下に断られる」といった声も聞かれます。

一方、親の代理お見合いから、成婚に結び付いたカップルが多くいることも事実です。
親と子どもの意識の一致するところ、食い違うところはどこなのかを明らかにすべく、現在、親子双方へのアンケート調査を実施しているところです。

子どもの結婚には親子関係が影響する

結婚する・しない、できる・できないということは個人の問題として語られがちですが、生涯未婚率を下げるためには、長時間の残業や非正規雇用とそれに伴う不安定な収入、女性への家事労働負担の偏重など、むしろ個人ではなく、社会的に解決すべき問題が山積しているといえます。

社会の状況が変化し、昔は一般的だったお見合い結婚や職場結婚が減った今、結婚相手を見つける手段の一つとして、親の代理お見合いが存在することは、よいことだと考えます。
子どもに、異性の多い趣味の集まりや交流の場への参加を促すのも、お勧めです。

お見合いや結婚相談所の利用は、抵抗感や嫌悪感があっても、趣味や遊びを通してなら、自然に異性と交流しやすいからです。

インタビューをした親御さんで、子どもにもっと強く「結婚しろ」と言っておけばよかったという方がいましたが、言うべきか、言わないほうがよいのかは、お子さんとの関係にもよるので難しいところです。

おそらく、正解などないでしょう。
しかし、家族社会学には、幼いころから親子関係に満足してきた子どもは、自分の異性の親に似た配偶者を選び、自らが育てられた家庭を再現しようとする傾向が強いという研究があります。

つまり、子どもの結婚には、親の影響が少なからずあるということです。
子どもに結婚を勧めるのであれば、よい家族関係を築いている親のほうが、説得力があることは言うまでもないでしょう。

親子それぞれが抱く複雑な思いを、今後の研究で、より明確にしていくつもりです。

私がインタビューを行った「一般社団法人良縁親の会」については、次の記事で紹介されています。

解説者のプロフィール

大瀧友織(おおたき・ともおり)

大阪経済大学情報社会学部准教授。
2007年、大阪大学人間科学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(人間学)。
広島国際大学講師、大阪経済大学講師等を経て、2016年より現職。
専門は社会学。
婚活や夫婦関係について研究。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
私がB型肝炎を発症したのは、27歳のとき、初ミュージカルの稽古中でした。病気そのものもそうですが、病名を知らない間に報道されて、当時はまだ肝炎という病気に対したくさんの誤解があったため、偏見に直面することになったのです。【体験談】石川ひとみ(歌手)
更新: 2019-09-10 22:10:00
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
仕事や子育てをリタイアしたあとは、エンディングに向けて準備する時期だと思います。では、どんな準備が必要で、リタイア後はどんな生きかたがいいのか。 私が出した結論は、60歳からは「手ぶら人生」で行こう、です。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt