MENU
むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

むくみ解消!足が細くなる方法「足の小指回し」で歩き方を変えよ

下半身太りや腰痛を引き起こす原因は「親指歩き」にあります。「4本指歩き」に変えれば正しい姿勢を保ちやすくなります。すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。「足の小指回し」で鈍くなった小指の神経をよみがえらせ、しっかりした4本指歩きができるようにしましょう。【解説】南雅子(整体エステ「ガイア」主宰)

解説者のプロフィール

南雅子(みなみ・まさこ)
整体エステ「ガイア」主宰。
エステティシャンとして活躍後、カイロプラクティック・整体師の資格を取得。
現在、オリジナルに開発した「姿勢矯正」や、「ストレッチ」など、健康で機能的な体づくりのための施術・指導を行っている。
12万人以上を変えた実績と3ヵ月で完璧に体を仕上げるプログラムは、各業界から常に高い評価を得ている。
整体エステ協会を設立し、エクササイズスクールを開講。
プロ育成なども手がける。『すべては股関節から変わる』(SBクリエイティブ)など、著書多数。

●整体エステ「ガイア」
http://www.gaia-body.com/index.html

モデル歩きは体形をくずす!

歩いているとき、足の指をどう使っているか意識したことがありますか?
ほとんどのかたは、ないと思います。
しかし実は、歩くときの足の指の使い方によって、体には大きな影響が出ます。

歩くときの足の指の使い方は、
①親指歩き=主に足の親指を使う歩き方
②4本指歩き=主に親指以外の4本指を使う歩き方
に大きく分けられます。

モデルのような一直線歩き、つまり、足跡が一直線上につながるような歩き方をすると、足の親指が常に前を向いて、親指歩きになります。
ハイヒールなどをはいて、前のめりの歩き方をするときも同様です。

足の親指は足の甲、そして足の前側の筋肉、さらに足の外側(小指側)の筋肉と連動しています。
ちょっとややこしいのですが、股関節と足をつなぐ筋肉は、足の骨を取り巻くようについているため、こうした関係になるのです。

そのため、親指歩きを続けていると、足の前や外側の筋肉は使われますが、足の後面や内側の筋肉が使われにくくなります。
姿勢や背骨を支える筋肉は、足の後面や内側に多くついているので、それらをあまり使わない親指歩きを続けると、姿勢がくずれやすくなるのです。

その結果、骨盤にずれやゆがみ、ゆるみが生じて、お尻が大きくなったり、垂れやすくなったりします。
下半身太りや腰痛も起こしやすくなります。

加えて、骨盤の下にあって、内臓を支えている骨盤底筋群という筋肉もゆるみやすくなるため、尿もれまで起こしやすくなるのです。
足底の筋肉がしっかり使われないため、足の親指が人さし指側に曲がる外反母趾や、逆に小指が薬指側に曲がる内反小趾のリスクが増します。
筋肉のクッションなしに体重が足にかかるため、巻き爪、たこ、うおのめなども起こりやすくなります。

4本指歩きをすると「正しい姿勢」を保ちやすい

一方、親指以外の4本の指は、足底と足の後ろ側、足の内側の筋肉と連動しています。
さらに、お尻の筋肉や脊柱起立筋と呼ばれる背骨周りの筋肉など、体幹(胴体)の背面の筋肉とも連動しているのです。

4本指歩きをすると、これらの筋肉がしっかり使われ、正しい姿勢を保ちやすくなります。
すると、健康面・美容面ともに、多くの利点があります。

お尻の筋肉がよく使われるので、ヒップアップできますし、太ももは太くなりにくく、下半身が引き締まります。
骨盤のずれやゆがみが起こりにくく、腰痛が予防・改善できます。
骨盤底筋群がゆるみにくくなり、尿もれ防止にも役立ちます。

4本指歩きにするには鈍った「小指」の神経を目覚めさせる

では、いいことばかりの4本指歩きをするには、どうすればいいのでしょうか。

それには、歩くときに、足の親指以外の4本の指を意識するようにします。
「4本指をしっかり地面につける」「4本指を伸ばして、しっかり地面を蹴る」と意識してみてください。

このとき問題になるのが、足の小指です。
足の小指は靴の中で圧迫され続け、神経伝達が悪くなっていることが多いものです。

4本指歩きをするには、小指まで神経を行き渡らせる必要があります。
そこでお勧めしたいのが、「足の小指回し」です。

足の小指回しのやり方


足の小指を手の指でつかみ、外側(薬指と反対側)に向かって開く。
10回行う。


足の小指を外回しに10回、内回しに10回回す。


反対側の足にも、①~②を同様に行う。

※1日1回行う。入浴中に行うのがお勧め。
※余裕があれば、第二指~第四指も同様に行うとより効果的。

足のむくみ取りにも効果的

足の小指だけを自力で回すのは難しいので、手で持って回してあげましょう。
続けていると、鈍くなった小指の神経がよみがえり、しっかりした4本指歩きができるようになります。

足の小指回しは、足のむくみ取りにも効果的です。
血液もリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)も、上半身から足の前側を流れ、つま先で折り返して、足底から足の後ろ側を上に流れていきます。

足の小指を回すと、足底や足の後ろ側の筋肉が刺激されるので、血液やリンパの強力な押し上げ効果が得られます。
それで、足のむくみがすっきり解消できるのです。

むくみだけでなく、下肢静脈瘤の予防・改善にも効果があります。
必ず体が変わりますから、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt