MENU
腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”のやり方

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”のやり方

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)

手軽にできる全身運動

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。
そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。

スワイショウは、中国語では「甩手」と書きます。
甩は日本にはない文字で、「ポーンと放り投げる」という意味です。

その字のとおり、手(腕)を放り投げるようにしてふるのが、スワイショウの特徴です。
私たちは、太極拳の準備運動として、スワイショウをやっています。

手軽にできて、しかも全身運動になるので、ウォーミングアップに最適なのです。
このように、準備運動として活用しているスワイショウですが、実は、太極拳よりはるかに歴史は古く、紀元前から行われてきた気功法の一種です。

ですから、スワイショウだけを行っても、心身への多彩な効果があります。
主な効果を挙げてみましょう。

●ダイエット
意外と重い腕(体重60㎏の人で両腕8㎏)を勢いよくふりながら姿勢を維持するので、下肢(足)や体幹(胴体)の筋肉を使います。

そのため、知らず知らず全身運動になり、代謝が高まるため、効果的にダイエットできるのです。
1日1回のスワイショウで、5〜10㎏、なかには20㎏のダイエットに成功した人もいます。

●高血圧
適度な運動には、血圧を下げる効果があります。
毎日、ほどよい運動を続けるのは難しいものですが、スワイショウなら、空き時間に手軽にできて、高血圧の改善に役立ちます。

●ひざ痛・腰痛
運動不足や姿勢のゆがみは、ひざ痛や腰痛の大きな原因になります。

スワイショウは、簡単にできて体に優しい運動であり、姿勢も整える効果があるので、ひざ痛や腰痛の改善・解消に効果的です。
ただし、足腰に痛みがある人は、後述する「前後のスワイショウ」を、痛みが増さない範囲で始め、徐々に時間や強度を増やしましょう。

●肩こり・首こり
肩や首の筋肉がほぐれるとともに、血行がよくなるので、肩や首のこりの改善・解消に効果的です。

●冷え症
全身の血行がよくなるので、冷え症も改善・解消できます。

●便秘
腕をふることで、自然に腹筋が使われ、腹部の内臓が刺激されます。
特に、後述する「左右のスワイショウ」では、体のひねりによって内臓のマッサージ効果が得られ、便秘解消につながります。

●ストレスに強い心身をつくる
スワイショウのようなリズミカルな運動を行うと、ストレスに強い心身をつくる、セロトニンという神経伝達物質の分泌が高まることがわかっています。

セロトニンには、痛みを軽減したり、うつを防いだり、自律神経(内臓や血管の働きを支配している神経)を安定させたりする作用もあるので、スワイショウは間接的にこれらの効果も発揮します。

このほか、心身が疲れたときの疲労回復や、病後・術後の体力回復、脳の活性化、高齢者の筋力維持、食欲不振の改善など、幅広い効果があります。

1日1〜2回2〜3分でOK

スワイショウにはいくつかの種類がありますが、今回ご紹介するのは「前後のスワイショウ」と「左右のスワイショウ」です。

どちらも簡単に行えますが、前後のスワイショウのほうが、より初心者向けです。
体力に自信がない人や、足腰に痛みがある人などは、まず前後のスワイショウを、無理なくできる範囲から始めてください。

続けていると体力がついてきますから、そうしたら徐々に、左右のスワイショウも組み合わせていくとよいでしょう。
もちろん、無理なくできる人は、最初から左右のスワイショウをやっても構いません。

できれば、前後と左右をセットで行うと、使われる筋肉が違うので、より効果的です。
スワイショウは、1日1〜2回、各2〜3分を目安に行いましょう。

回数にすると、前後は40〜50往復、左右は25〜30往復程度です。
簡単なので、なかには多くやり過ぎて、めまいなどに襲われる人もいるようです。

そんなときは中止して休み、気分がよくなってから、適度な回数を行うようにしてください。
一つ注意が必要なのは、左右のスワイショウを行うときの、ひざの向きです。

スワイショウのやり方

体をひねったとき、ひざが内側に入ると、ひざを傷いためる原因になります。
ひざが横ぶれしないよう、つま先とひざは、なるべく同じ方向に向けておくようにしましょう。

また、左右のスワイショウでは、体のひねりに合わせて、重心も移動させることがポイントです。
重心が動くことで、血流促進効果や、下肢の筋力向上効果がより高まります。

難しい場合は、まずは上半身だけをひねることから始めましょう。
一般に、よほどの重病で運動を禁じられている人以外は行えますが、病気で治療中の人は、念のために主治医の許可を得て行ってください。

スワイショウは、初心者でも簡単にできる運動ですが、実は、やればやるほどその奥深さに目覚める体操でもあります。
ぜひやってみてください。

全体の決まり

●呼吸は自然に行う。

●腕の力を抜き、ゆったりとしたスピードで腕をふる。

●無理に腕をふり上げたり、体をひねったりしない。自分のできる、気持ちいい範囲内で行う。

●ヘルニアや脊柱管狭窄症など、整形外科的治療を要する人は行わない。

●腕がぶつかる物がないところで行う。

前後の腕ふり

腕を前後にふるだけです。とても簡単にできるので、どんな人にもお勧めできる方法です。
まずはこれから始めてみましょう。

【やり方】
①足は肩幅ぐらいに開き、ひざや股関節の力をゆるめて立つ。

②腕や肩の力を抜いたまま、両腕を前後にふる。1回につき2~3分程度行う。
※慣れてきたら、ひざを少し曲げて行うと、筋力強化によい。

左右の腕ふり

●でんでん太鼓を回すイメージで、体をひねります。腕の力は抜いて、自然に体に巻き付くように。

●体をひねることで体幹の筋肉がまんべんなく使われ、内臓のマッサージ効果が期待できます。

●重心の移動のさせ方によって、やり方が2種類に分かれます。
どちらのやり方でもいいので、やりやすいほうで行ってください。

【やり方】
①足は肩幅ぐらいに開き、ひざや股関節の力をゆるめて立つ。

②腕や肩の力を抜いたまま、「視線で体を引っ張る」つもりで、左右に体をひねる。
1回につき2~3分程度行う。

解説者のプロフィール

日本健康太極拳協会理事長
楊進(よう・すすむ)
●日本健康太極拳協会
https://www.taijiquan.or.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt