MENU
PC・スマホが全身のコリや痛みを招く!「手首のズレ」を解消するストレッチ法

PC・スマホが全身のコリや痛みを招く!「手首のズレ」を解消するストレッチ法

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)

解説者のプロフィール

中村守(なかむら・まもる)
『よくなる整体院』グループ代表、社団法人日本パーフェクト整体普及協会理事。
「日本一痛みを感じさせない整体」を心がけ、整体学校を卒業後も7つの整体メソッドを体得し、人口2万人弱の山形県河北町において、1人で年に約4000人もの患者を直接施術するほど評判を呼んでいる。著書に『肩こりは手首をふるだけで9割治せる』(実務教育出版)、『かかと力』(自由国民社)がある。

体のいろいろな痛みや不具合には「手首の骨のずれ」が関係

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、まず初めに、手首の状態を見ます。
それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。

手首の骨のずれの主な原因は、手首のねじれです。
私たちは、実は想像以上に指先や手首をねじって使っています。

物をつかんだり、字を書いたり……。
細やかで複雑な指先の動きを左右するのは指先の骨ですが、それを維持し、サポートするのは、手首の骨です。

私たちが普段、何気なくしていることも、手首をねじる行為であり、知らないうちに手首の骨に負担をかけているのです。
そのため、手首を構成する八つの骨は、長年の負担によって骨と骨の間隔が狭くなったり広くなったりしてずれてきます。

ほとんどの人の手首の骨がずれている

特に近年は、パソコンやスマートフォンを長時間使用する人が多いので、ほとんどの患者さんにかなり重篤な手首のずれが見られます。
この状態が長く続くと、本人はあまり自覚がなくても、手首が硬くなります。

しかし、ほとんどの人は、自分の手首の骨がずれていることに気付いていません。
手首の骨がずれることで手首の動きが制限されて、硬くなっていることに気付いていないのです。

そもそも、私たちは通常、手首にあまり関心を持っていません。
ケガをしたり、ひねったりして手首自体に痛みを伴わない限り、手首を意識することがないのが常なのです。

ねじれた手首をカバーしひじや肩関節もねじれる

手首がねじれた状態にあると、ひじ関節がそれをカバーすることになります。
例えば、スマートフォンの画面を見たり、パソコンのキーボードを打つ作業は、手首をひねった状態で行われています。

このとき、手首の骨はもちろん、手首からひじまでの橈骨と尺骨という2本の骨もねじれます。
そのため、ひじ関節もねじれます。

すると今度は、ひじから肩までの骨である上じよう腕骨が内側や外側にねじれて、それをカバーするために肩関節がねじれてしまいます。
そして次に、肩甲骨が肩関節のねじれをカバーすることになり、バランスをくずします(下の図参照)。

肩甲骨はくずれたバランスを戻そうと、本来の動きでない動きをするためにずれてしまいます。
その結果、肩甲骨に付着している筋肉に負担がかかり、硬くなってしまうのです。

また、肩甲骨の動きが悪くなると、胸椎の動きが悪くなります。
胸椎とは、骨盤から首まで延びている脊柱(背骨)の胸の部分です。

ここの動きが悪くなると、上半身をひねる動作をしたときに脊柱の腰の部分である腰椎に負担がかかり、腰痛の原因となります。
手首の骨のずれは、上半身のずれを引き起こす元凶。

手首の骨のずれを整えなければ、肩こりや腰痛などの痛みは改善しないのです。
そのために、私が患者さんに勧めているのが、手首を振るストレッチ、略して「手首ストレッチ」です。

むくみが改善した!集中力が増した!

手首ストレッチは、基本的に手首を振るだけの簡単なものですが、効果は抜群(方法は下記参照)。

ずれた手首の8個の骨の位置を、正しい位置に戻します。
さらに、前腕の橈骨と尺骨を正しい位置に戻し、同時に硬くなった前腕の筋肉もゆるめます。

その結果、上腕、肩関節、肩甲骨もゆるみ、肩や首、背中や腰の痛みが改善されます。
私の整体院では、手首の施術を行いつつ、患者さんに手首のストレッチを指導して、自宅でも実践してもらっています。

手首のストレッチを続けて、肩こりや肩こりからくる頭痛、背部痛、首のこりなどが軽くなったという人はたくさんいます。
「こんなことでよくなるのか?と疑いながら始めたのに、本当によくなった!」と喜んでくださっている患者さんも多いのです。

また、むち打ち症の症状が軽くなった、起床時のむくみが改善した、集中力が増したなど、痛みやこり以外の症状に効果が上がっています。
私は整体師を生業としていますが、私ができるのは、あくまで患者さんの痛みや症状がよくなるためのお手伝い。

自分の体は自分で守るのが一番と考えています。
手首ストレッチを、ぜひ皆さんのつらい症状の軽減に役立ててください。

手首ストレッチのやり方

すきま時間を利用して行う

手首ストレッチ1で硬い手首をゆるめると、ずれた手首の八つの骨が正しい位置に戻り、骨の間隔も正常に戻ってきます。

手首ストレッチ2では、腕の2本の骨( 橈骨と尺骨。上図参照)を挟むように手首を軽く押さえます。

このときは、イタ気持ちいい程度にとどめ、痛いほど押さえ過ぎないようにします。
さらに、前腕を反対の手で挟むようにしながら手首を振ると、前腕の2本の骨のねじれや骨の間隔が解消されて、位置関係が正しくなります。

いずれの手首ストレッチも、肩や首、背中に疲れや重さを感じたとき、仕事の合間などのすき間時間を利用して行うとよいでしょう。

夜寝る前と朝起きた後もお勧めです。
気負い過ぎると続きません。

手首ストレッチを行うさいの注意点

まずは1日1分でいいので、生活に取り入れてみてください。

手首ストレッチを行うさいの注意点をお伝えしておきます。

●揺らす側のひじを伸ばす
ひじを曲げてしまうと、手首を揺らした際の振動が肩甲骨まで届きません。
手首から肩甲骨までを連動させてゆるめるために、ひじや背すじを伸ばした正しい姿勢で行ってください。

●強い刺激にこだわらない
刺激は強いほどいいと誤解している人が多くいます。
このストレッチは骨や筋肉をゆるめることが目的ですから、リラックスして行いましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2020-02-10 10:05:06
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2019-09-10 22:10:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt