MENU
【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

【冷え性改善】「酢ショウガ」とは健康に役立つ万能調味料 疲労回復には水割りが効果てきめん!

私自身、10年近く前からこの酢ショウガを愛用して、健康に役立てています。 フードコーディネーター、料理教室、企業の栄養指導などの仕事のほかに、家では主婦として家事もこなす毎日、朝から深夜まで忙しくしていますが、それでも元気なのは、酢ショウガのおかげだと思うのです。【解説】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)

酢ショウガはまさに「万能調味料」

健康に役立つ食材が多々ある中で、旬はあるものの一年中手に入りやすく、いろいろな料理に使えて価格も手ごろなものとなると、そうそうたくさんはありません。

そのなかでショウガは、メインになる食材ではありませんが、料理の味を引き立ててくれる名脇役です。
さらに、ショウガと酢を組み合わせた酢ショウガは、作り置きしておけば、料理の風味づけに、ドレッシングにとさまざまに応用できて重宝します。

しかも、作り方はとても簡単で保存もききます。
また、調味料として使うほか手軽にドリンクとしても楽しめます。

常備すれば、まさに「万能調味料」といっていいほどの活躍をしてくれます。
また、酢ショウガは健康増進にも役立ちます。

私自身、10年近く前からこの酢ショウガを愛用して、健康に役立てています。
フードコーディネーター、料理教室、企業の栄養指導などの仕事のほかに、家では主婦として家事もこなす毎日、朝から深夜まで忙しくしていますが、それでも元気なのは、酢ショウガのおかげだと思うのです。

特に疲労を感じるときは、カップに大さじ3杯の酢ショウガを入れて、水かお湯を注いで飲んで1時間ほど休憩すると、驚くほど疲労が回復します。
これは私のとっておきの疲労回復法です。

酢ショウガをやめたら冷えがぶり返した

料理教室の生徒さんたちにも、酢ショウガをお勧めしています。
みなさん、上手に取り入れていらっしゃるようです。

70代の生徒さんは、酢ショウガを料理に使うようになって、コレステロール値が下がったそうです。
このかたは、酢ショウガをみそ汁やラーメンに入れたり、冷奴の薬味として使ったりしているそうです。

「スープに入れるとさわやかな味になり、油を使った料理では脂っこさを抑えられるし、何にでも合って、しかも健康にもよい酢ショウガは、一石三鳥にも四鳥にもなる『小さな巨人』です」とおっしゃっていました。

また、40代の生徒さんは、納豆の薬味として酢ショウガを使っているそうです。
このかたは、冷え症への効果を期待して酢ショウガを食べ始めたのですが、特に大きな変化を感じなかったので、しばらくして食べるのをやめたのだそうです。

すると、すぐに手足が冷たくなって、冷え症の心地悪さを久々に感じたと言います。
そこで初めて、酢ショウガで体がじんわりと温まっていたことに気付いたそうです。

私自身も、「カゼっぽいかも」と思ったら、酢ショウガをお湯や紅茶に入れて飲みます。
カゼのひき始めなら、これで応急処置ができます。

ショウガの切り方や酢を変えて使い分ける

酢ショウガは、ショウガの切り方を変えたり、漬ける酢を変えることで、違った風味を楽しめます。
自分の好きな風味に近づけて作ってみたり、用途に合わせて使い分けたりするのも楽しいでしょう。

私も、2〜3種類の酢ショウガを常備しています。
今、冷蔵庫に入っているのは、次の3種類です(下の写真参照)。

・純米酢とハチミツでみじん切りのショウガを漬けたもの
・黒酢とハチミツで、千切りのショウガを漬けたもの
・ワインビネガーで、みじん切りのショウガを漬けたもの(ハチミツなし)

千切りにした黒酢ショウガは、中華料理全般に合います。
ワインビネガーで作る酢ショウガは、ハチミツを加えていません。

とてもさっぱりした味わいになるので、主にサラダのような加熱しない洋風料理に使います。
いちばん出番の多いのが、純米酢にハチミツを少量加えてつくる酢ショウガです。

青背の魚を使った煮魚は、生臭さが苦手という人も多いものです。
ところが、酢ショウガを加えて煮ると、ショウガと酢のW作用で臭みのない煮魚を上手に作れます。

もちろん、肉の臭み取りにも使えます。
ラム肉のようににおいが気になる肉はもちろん、鶏や豚、牛を煮たり焼いたりする際に酢ショウガを加えます。

次の記事では酢ショウガ料理のレシピを紹介しています。
こちらもぜひ試してみてください。

そして、ご自身でいろいろな酢ショウガ料理を楽しんでください。
酢ショウガの可能性は無限大です。

解説者のプロフィール

若宮寿子
栄養士、FCAJ認定フードコーディネーター、米国(NSF)HACCPコーディネーター。
企業で8年間栄養指導・給食管理を行い、栄養改善にて東京都知事賞を受ける。
退職後、若宮ヘルシークッキングスタジオを主催。農水省食育レシピの栄養監修に携わるほか、あらゆる世代に向けてのヘルシーレシピを紹介している。
『決定版! 作りおきお手軽ダイエットレシピBEST123』など著書多数。

●若宮ヘルシークッキングスタジオ
http://www.cooklook.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
越冬も終盤に差し掛かると、生の野菜が食べたくなるもの。年明け(南極の夏季)にヘリで補給物資を少しだけ持って来てくれるのですが、待ち遠しかったですね。 久しぶりの生タマネギを使った料理で、仲間たちがいちばん喜んでくれたのが「タマネギみそ」。【解説・レシピ】西村淳(南極料理人・作家)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-09-10 22:10:00
チャレンジ前の私の血管年齢は、実年齢よりも7歳若い42歳。そして、10日後に再測定してみると、さらに3歳若い39歳と、実年齢から10歳も若い結果が出たのです。体調の変化はほかにもあります。血行がよくなったのでしょうか、首や肩のこりが軽減。うれしかったので、ブログで報告したほどです(笑)。【体験談】早見優(タレント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt