MENU
【キッチン道具の収納術】台所は必要最小限!いますぐ捨てた方がいい2アイテム

【キッチン道具の収納術】台所は必要最小限!いますぐ捨てた方がいい2アイテム

“憂うつな台所”を“大好きな台所”に変える片づけとは、一言で言い換えるなら「台所のフラット化」です。調理台(コンロ・作業スペース・シンク)・床・冷蔵庫のドア面にあるものを完全撤去し、フラットな面を確保します。【解説】高木ゑみ(料理家)

調理台周辺は「いつも必要」なものだけに

“憂うつな台所”を“大好きな台所”に変える片づけとは、一言で言い換えるなら「台所のフラット化」です。
調理台(コンロ・作業スペース・シンク)・床・冷蔵庫のドア面にあるものを完全撤去し、フラットな面を確保します。
フラットだと、汚れがついたときにすぐ拭けるので、清潔さを保ちやすいのです。

まず調理台・床・冷蔵庫のドア面と、調理台の近く(真下・真横)の棚のものを、3つに仕分けましょう。


①いつも必要なもの
②たまにしか使わないが、必要なもの(重箱・ホットプレート・大きい鍋など)
③直近1年間でほとんど使っていないもの


仕分けたら、①~③それぞれを、次のように片づけます。

1.調理台近くの棚の中に収納
2.調理台から離れた場所(例えば、調理台から離れた位置の棚・高い位置の収納スペース・他の部屋の押し入れや物入れなど)に収納
3.手放す

仕分けるのが大変そうですか?
ご安心ください。
台所じゅうのすべてのアイテムを仕分けるのは大変だと思いますが、調理台の上とその近辺のスペースだけなので、そこまで時間はかかりません。

ふだん使わないアイテムがなくなると、調理台近くの収納スペースはスッキリします。
「いつも必要」なアイテムだけをゆったり収めます。
食器を洗うスポンジや洗剤も、シンクに置きっぱなしでなく、水気を切って、収納スペースに収めます。

【リスト】4人家族の台所は「これだけ」あればじゅうぶん!

水切りかごやキッチンマットは思い切って手放す

ところで、洗った食器の一時置き用の水切りかごや、キッチンマットをお持ちのかたは、仕分けついでに、思い切って手放しましょう。
水切りかごは、水アカがたまったり、菌の温床になったり、清潔さを保ちにくいアイテムです。
水切りかごがなくても、シンク横にふきんを敷き、洗い終わった食器をその上に置けばだいじょうぶです。

キッチンマットも、水や油が染み込んだまま何日も放置されがち。
マットを踏んだ足に汚れがつくと、その足を介して、キッチンの汚れが家じゅうに広がります。
床の汚れは、マットに吸わせるより、すぐ拭くほうが清潔です。

それに、キッチンマットだけを洗うために洗濯機を回して、乾かして……という手間をかけるより、こまめに床を拭くほうが、明らかに労力がいりません。

この2つを手放すだけでも、台所の憂うつ度は確実に下がります。
だまされたと思って(笑)、今すぐ撤去してください。

調理台のすぐ真下に こんなに大量の不用品!【体験者Yさん】

調理台やその真下の収納スペースなどにあったアイテムのうち、高木先生の必須リストを参考に、Yさんが③と認定したもの。
②のアイテムとともに収納スペースから撤去したら、調理台にあったものは、棚にゆったり収まった。
手放した数日後、Yさんに感想を聞いたところ……
「調理中に「あれ、どこに入れたっけ?」と作業が止まることが、激減しました。水切りかごはもともとなかったのですが、シンクのたらいとキッチンマットは、なくなってもなんの不便もありません。思い切って手放してよかったです。

解説者のプロフィール

高木ゑみ
料理家。
1985年、東京都生まれ。
慶應義塾大学卒業。海外留学や数々の厨房での修業の後、エコール辻東京フランス・イタリア料理マスターカレッジを卒業。
2009 年より中目黒で主宰している料理教室は生徒数800 人超と大人気で「なかなか予約の取れない教室」と評判。企業向けレシピ開発・出張料理・メディア出演も精力的に行っている。
著書『考えない台所』(サンクチュアリ出版)は12万部突破。最新刊『もう献立に悩まない』(マガジンハウス)も好評。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
私がB型肝炎を発症したのは、27歳のとき、初ミュージカルの稽古中でした。病気そのものもそうですが、病名を知らない間に報道されて、当時はまだ肝炎という病気に対したくさんの誤解があったため、偏見に直面することになったのです。【体験談】石川ひとみ(歌手)
更新: 2019-09-10 22:10:00
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
仕事や子育てをリタイアしたあとは、エンディングに向けて準備する時期だと思います。では、どんな準備が必要で、リタイア後はどんな生きかたがいいのか。 私が出した結論は、60歳からは「手ぶら人生」で行こう、です。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2019-09-10 22:10:00
テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt