MENU
【ジグリングの症例】変形性股関節症は貧乏ゆすりで治せる 人工股関節の手術も回避

【ジグリングの症例】変形性股関節症は貧乏ゆすりで治せる 人工股関節の手術も回避

変形性股関節症の治療に、貧乏ゆすり(ジグリング)を取り入れた場合、その軟骨の再生の変化を、レントゲン写真ではっきりと確認することができます。ここでは、そんな症例をいくつかご紹介しましょう。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 

80歳の変形性股関節症も治った!「貧乏ゆすり」を続けたら痛みが消失

 整形外科の診断では、レントゲン写真が重視されます。
 変形性股関節症の場合、症状が進むにつれて軟骨がすり減り、股関節のすき間が少しずつ狭くなっていくので、それにより、ごく初期(前関節症期)、初期、進行期、末期を判定します。

 したがって、改善するときも、患者さんの痛みの増減ではなく、股関節のすき間の開大をレントゲン写真で示すことが、効果の証明になります。
 貧乏ゆすりを変形性股関節症の保存療法に取り入れた場合、そうした関節の変化を、レントゲン写真ではっきりと確認することができます。
 ここでは、そんな症例をいくつかご紹介しましょう。

◉症例1
K・Kさん(77歳より貧乏ゆすり開始・当時80歳・女性)

 K・Kさんは、左股関節が末期の関節症で、人工股関節に置き換える手術を勧められていました。しかし、呼吸器に問題があり、麻酔科からリスクがあると説明を受け、手術を取りやめる決断をしました。
 そこで、貧乏ゆすりをやるように勧めたところ、熱心に取り組み、間もなく痛みが消失したといいます。8ヵ月後のレントゲン写真では、関節のすき間があく兆候がみられました。
 開始から2年11ヵ月後、K・Kさんの股関節は、自分で行う貧乏ゆすりだけで、ほぼ正常の機能を取り戻すことができました。
 杖をつかずに来院されたK・Kさんが、「先生、貧乏ゆすりが癖になりました」と笑顔で話された言葉が忘れられません。約3年かかりましたが、80歳でもこれだけ軟骨を作る力があることをみごとに証明し、多くの整形外科医が「本当ですか?」と目を見張る症例です。

人工股関節の手術を 回避できた!

◉症例2
T・Tさん(62歳より貧乏ゆすり開始・現在70歳・女性)

 T・Tさんは57歳のとき、突然左足が上がらなくなり、整形外科を受診しました。二つの病院から変形性股関節症と診断され、人工股関節の手術を勧められたといいます。
 しかし、年齢的に再手術の可能性があり、手術を受けることには抵抗がありました。

 そこで、医師に勧められた水中歩行に励んだものの、逆に痛みが強まり、簡単に痛み止めを処方されたことに不信感が募ったそうです。
 60歳で当院を訪れたときには、すでに関節のすき間が消失し、大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)の中央部には、小さな穴も見つかりました。
 T・Tさんには、関節に負担のかかる水中歩行と筋トレをやめてもらい、室内でも杖を使うように指導し、62歳から貧乏ゆすりも勧めました。

 最初は「貧乏ゆすりですか?」と驚いていましたが、続けるうちに痛みがらくになったそうです。
 やがて徐々に関節の開大がみられ、3年後のレントゲン写真では、股関節のすき間がきれいにあいているのが確認できました。痛みが消え、もちろん人工股関節手術も必要なくなりました。

 また、T・Tさんは官足法という足もみも日常的に実践しており、その相乗効果もあって、こんなによくなったのではないか、と話しています。
 診察時、「貧乏ゆすりはあまりやっていない」と話していましたが、付き添いのご主人が「ウソつけ、おまえはしょっちゅう足を動かしとるぞ」とひと言。
 効果の出る人は、T・Tさんのように、本人も自覚されていないほど、貧乏ゆすりが癖になっていることが多いようです。
 せっかく手術をせずに済んだので、これからも貧乏ゆすりを癖にして、自分の関節を一生持たせてほしいと思います。

癖になるまで継続するのが効果の秘訣!

人工股関節を勧められたが、股関節痛を自力で完治させた

◉症例3
M・Iさん(53歳より貧乏ゆすり開始・現在55歳・女性)

 病院嫌いのM・Iさんは、5年ほど前から右の股関節が悪く、整体やマッサージなどでも改善がみられなかったため、ついに整形外科を受診。複数の病院で、人工股関節にする手術を勧められました。

 まだ若く、再手術のリスクが高いため、なんとしてでも手術を回避したいと思ったM・Iさんは、インターネットで当院を知り、53歳のときに「わらをもすがる思いで」来院されました。
 痛みは2〜3ヵ月の短い間で悪化し、初診時は右ひざ、左足首、腰にも強い痛みがあり、ほぼ寝たきりの状態。トイレも這っていくほどだったといいます。

 貧乏ゆすり専用の器械を購入され、器械が届くまでの3週間は自力で、届いてからは1回10分、1日合計2時間以上、貧乏ゆすりを続けました。
 すると、2〜3ヵ月で痛みが消失。同時に、尾骨あたりがポキポキと動き出すような感覚があり、それまで、一歩も歩けなかったのに、足に力を入れ、立てるようになりました。貧乏ゆすりの器械の振動は全身に影響し、非常にイタ気持ちよかったそうです。

 貧乏ゆすりを始めて3ヵ月後には、痛みなく杖をついてらくに歩けるようになり、半年後、2度目の受診では、軟骨が再生して、関節のすき間があいているのが確認されました。

 1年後、3回目の受診では、杖なしで階段の上り下りもできるようになり、今では、電車やバスに乗り遅れそうになると、つい走って追いかけてしまうこともあるほど回復されています。
「薬も飲まず、通院もせず、貧乏ゆすりだけでこんなによくなるなんて。もっとたくさんの人に、このことを知ってほしい」と、M・Iさんは言います。これは、貧乏ゆすり専用の器械の利用により、短期間で完治に至った最近の症例です。

賛同する医師が増え、全国規模の「ジグリング(貧乏ゆすり)研究会」が発足

 ここでは、手術をせずとも、貧乏ゆすりで痛みが消え、正常な股関節の機能を取り戻した例を取り上げました。
 しかし、自骨の関節温存手術後、関節のすき間があかなかった患者さんが、貧乏ゆすりで軟骨が再生し、すき間があいた例なら、さらに多くの症例を挙げることができます。

 ふとした発見から始まった貧乏ゆすり療法ですが、今では賛同する医師も増え、この秋、全国規模の「ジグリング(貧乏ゆすり)研究会」が発足する予定です。

 貧乏ゆすりはお金もかからず、副作用もなく、どなたでも簡単にできる温存療法です。
 今後、たくさんの症例を集めて学会に提出し、いずれは、貧乏ゆすりが、変形性股関節症の標準治療の一翼を担うことを願っています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)
更新: 2019-12-11 14:44:25
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt