MENU
【腰の痛みを消す方法】テニスボールで治す「簡易版・腰の関節包内矯正」とは

【腰の痛みを消す方法】テニスボールで治す「簡易版・腰の関節包内矯正」とは

患者さんに行っている施術法を、皆さんにご家庭で手軽に行っていただくために開発したのが、簡易版・関節包内矯正です。関節を調整し「正常な可動域」と「なめらかな動き」を取り戻させ、痛みを解消・緩和させる。これを可能にしたのが「テニスボール刺激」療法です。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)

テニスボールで「簡易版・関節包内矯正」が可能

 当院で患者さんに行っている施術法を、皆さんにご家庭で手軽に行っていただくために開発したのが、簡易版・関節包内矯正です。

 関節を調整し、「正常な可動域」と「なめらかな動き」を取り戻させ、痛みを解消・緩和させる。
 こうしたメカニズムは私が行う手技とまったく同じですが、「関節痛に悩むかたに、安全な方法で自分でも関節をケアしてほしい」という思いから長年研究し、誰でも1人で簡単に行えるようにした方法です。

 簡易版・関節包内矯正には、首・腰・膝・股関節の4つのバージョンがあり、いずれも硬式テニスボールを使います。膝と股関節の場合、一度に使うボールは1個ですが首と腰の場合には2つのボールをくっつけて使用するため、ガムテープをご用意ください。

 それぞれの関節についてのやり方がありますが、いずれも回数は1日3回が基本です。
 今回は、腰の痛みを消す方法をご紹介しましょう。

 現時点で関節が固まっているかたほど、行っているときに「イタ気持ちいい」感覚があるはずです。
 それこそが、関節を本来あるべき状態に矯正している証拠です。くれぐれも、その感覚を「今までにない痛み」などとネガティブに考えず、いいものとしてとらえてください。

 この簡易版・関節包内矯正を毎日の習慣にすれば、痛みをはじめとした関節トラブルは着実に消えていくでしょう。関節の異常が初期の段階なら、これだけで治るケースも数多くあります。

 また、今のところは関節痛がないかたも、日常的に行えば将来の予防になります。

「腰」の痛みを消すテニスボール療法のやり方

 骨盤にある仙腸関節は、体の重みや外部からの衝撃をクッションのようにやわらげる役割を果たしています。そのため、仙腸関節が正常に機能していれば、腰椎や腰の筋肉にかかる負担はかなり軽減され、首・膝・股関節などにかかる荷重も少なくなります。

 その仙腸関節をゆるめて正常可動域を取り戻し、痛みを取っていくのが、「簡易版・腰の関節包内矯正」です。

 用意するのは、「簡易版・首の関節包内矯正」と同じく、2個のテニスボールをぴったりとくっつけて固定したものです。

 これを仙腸関節の位置に当てたまま、フローリングや畳などの硬い床の上にあお向けになって、そのまま1~3分間キープしましょう。ただし、枕は使わないでください。

 テニスボールを仙腸関節にしっかり当てるには、次のような手順を踏むと間違いありません。

①お尻の割れ目の上にある尾骨の出っ張りの位置に握りこぶしを当てる
②用意しておいたテニスボールを、その握りこぶしの上に置く。その際、2個のテニスボールの左右中央に、握りこぶしがくるようにセットする

 実践すると、ボールの当たる部分にイタ気持ちいい刺激が感じられるはずです。それが、仙腸関節に当たっているサインです。腰の状態がかなり悪くなっているかたには痛過ぎる場合があるので、そのときは両膝を曲げて行ってもかまいません。

 また、この簡易版・腰の関節包内矯正は、ベッドや布団の上ではなく、必ず硬い床の上で行いましょう。回数の目安は1日3回、1回につき3分以内です。気持ちよくても、やり過ぎは禁物です。やり過ぎると、今度は仙骨が前に倒れ過ぎる可能性もあるからです。

 少なくとも毎日起床後と就寝前、このように仙腸関節を刺激して矯正していけば、固まっていた仙腸関節は着実にゆるみ、可動域が広がって、腰の痛みやこりなどが自然と取れてくるでしょう。

 腰の痛みは、股関節・膝・首の痛みにまで連鎖するケースが多いのですが、これらの痛みを発生させる根源はなにかといえば、骨盤にある仙腸関節です。これらの関節トラブルの予防に、簡易版・腰の関節包内矯正は必ず役立ちます。

 今は腰に痛みがないかたも、普段、前かがみになりやすければ、早めの仙腸関節のケアとして実践してください。

解説者のプロフィール

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)
さかいクリニックグループ代表。
柔道整復師。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の施術を得意とする。
解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、難治の腰痛や膝痛の施術を行っている。

●さかいクリニックグループ
http://www.sakai-clinic.co.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt