MENU
【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい! 腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

【操体法とは】やり方は簡単で気持ちいい! 腰痛 ひざ痛の痛みやしびれが改善

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)

体を〈快〉の方向へ動かすだけで元気になる!

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。

こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。
しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。

では、操体とはどういうものなのでしょうか。

操体は、故・橋本敬三医師が提唱した、全身のバランスを整え、健康に生きるための法則です。
橋本先生は医師として鍼灸治療や民間療法の研究にも力を注ぐ中で、ある法則に気づきました。

それは「どんな治療法でも、患者さんの状態が〈快〉か〈不快〉かが効果の判断基準になる」ということです。
言い換えれば、痛みや不調を改善するには、体が「快」と感じる状態に導けばよいということです。
それが、操体の考え方の根本です。

橋本先生は息をすること、食べること、動くこと、想うこと、これらを体が「快」と感じるように行うことが、健康づくりの基本であると説きました。
その基本課題に「息・食・動・想」があります。
この4つは、他人に肩代わりしてもらうことはできません。

つまり、操体は「自分で自分の体を整える健康法」というわけです。

「快」か「不快」かを教えてくれるのは体です。
体に問いかけ、自分で自分の体が望む方向に整える。
そうすれば、お金もかからず、いつでも、手っとり早く元気になれます。

「寝床で足をモゾモゾする」動きは、息・食・動・想の「動」にあたる部分となるわけです。

体があるべき形になれば痛みは自然に抜ける

操体で指標となるのは、「動かしたときに感じる不快」です。
ですから、まず体を動かしてみて、不快の有無をチェックすることから始めます。
これを「動診」と言います。

「不快」は、がんばったり欲張ったり無理をしたりして、体のバランスがくずれることによって起こります。
誰でもわかる「不快」は痛みですが、それだけではありません。
だるさ、重さ、突っ張り感、そしてなんとなくある違和感や動かしにくさもすべて「不快」ととらえます。

ここで大事なことは、「どこに不快があるか」ではなく、「どんな状態のときに不快があるか」です。

体を少しずつ動かすと、どこかで「不快」を感じます。
これは、「それ以上その方向に動かすと体が壊れますよ」という信号です。

私が患者さんを動診するときは、不快の程度を0~5で評価します。
そして、それが0に近づくことを「快方」、5に近づくことを「壊方」と呼んでいます。

不快が増す方向(壊方)に動かすと体が壊れますから、操体では不快が減る方向(快方)に動かすことが基本になります。
曲げると不快を感じるならそこが伸びる方向、右に動かすと不快を感じるなら反対方向の左に動かすという具合です(下図を参照)。

ここでポイントになるのは、どこまで動かすかです。

「操体」の基本

「不快」を感じるところから徐々に戻し、「不快」の程度が0になったら、そこが「快」と感じるかもしれません。
でも、その位置では一見よくなったように思えても、体のひずみは改善していません。

ひずみを取るには、そこからもう少し逆方向に動かす必要があるのです。
ただし、行きすぎてもいけません。
新たな「不快」が現れない程度に、動かす範囲を加減します。

体を「不快」とは逆の方向へ動かしたら、今度はその動きに合わせて、自然に全身を連動させて、どこにも違和感のない体勢をめざします。
操体ではこれを「連動性の法則」と言って、体は一部を動かすと、必ず全体が連なって動くようにできています。

西洋医学では全身を部分に分けて診ますが、体はひとつながりです。
どこか1カ所にひずみがあれば、それがほかにも影響します。
ひずみを治すときも、1カ所を動かしたら体のあらゆる部分を自然に連動させて、全身のバランスを整えていかなくてはならないのです。

頭はどの位置にあるのが「快」か、そうすると胸は?腰は?手は?足は?と、1ミリずつ身もだえするような感覚で動いて、体が望む位置を探っていきましょう。
頭・胸・腰が三色団子のように1本の串に刺さった状態をイメージし、丹田を意識して、地球の安定感を感じながら調整すると整いやすいです。
バランスが整ったら、数秒間、心地よさを味わって脱力します。

そして、先ほど「不快」を感じた方向へもう一度動かして、変化を確かめてみましょう。
全身のバランスが整った状態をうまくつくれると、痛みなどの「不快」は一瞬にして消えることもあります。

これが自然治癒力です。
体が本来あるべき形に整えば、痛みが自然に抜けてしまうのです。

もちろん全員が全員、「不快」がすぐ0になるとは限りません。
でも、4も感じていた「不快」が2になる。
それだけでもまずはじゅうぶんなのです。

体のバランスが整っていけば、「不快」は自然と0に近づいていくはずです。

肩がスッと上がりひざの痛みも忘れた!

上図は91歳の女性・Nさんに施術している写真です。

Nさんは右ひざの強い痛みを訴えていました。
また、左肩にも痛みがあり、腕が上がらない状態でした。
前述した動診で痛みを調べると、右ひざに4、左肩にも4の「不快」がありました。

そこで、どの状態だと痛みが出るかを調べ、体が楽に感じるほうに動かし、全身がバランスのいい状態になるよう、ご自身で少しずつ動いて調整してもらいました。
すると、左肩の痛みが取れ、さっきより高い位置まで腕が上がるようになりました。
同時に、右ひざの痛みも消えてなくなりました。

左肩の痛みが取れると、右ひざも改善する。
これこそが体が1つにつながっている証です。

「ひざの痛みは?」と聞くと、Nさんは「あ、忘れてた!」と驚きました。
4もあった「不快」が忘れる状態、つまり0まで回復したわけです。

操体はまったく難しいものではありません。
身もだえるようにモゾモゾ動くだけなので、91歳でひざの悪いかたでも負担なく行えます。

今回紹介する「寝床で足をモゾモゾする」動きは、そのほんの一例です。
しかし、基本的に操体は、私が「この動作をやりなさい」と指示するものではありません。
「不快」を感じる動きは、人によって違うからです。

「寝床で足をモゾモゾする」動きを身に着けたら、ぜひご自身の体に合わせて、いろんな動きで応用してみてください。

解説者のプロフィール

北村翰男(きたむら・ふみお)
1968年、東京薬科大学卒業後、薬剤師として家業の薬局に勤務。
1978年、「操体」の考案者である橋本敬三医師の診療所を訪問。
1979年頃から講習会で操体を導入し始め、これが「奈良操体の会」の前身となる。
現在も「薬を売ることを優先しない」薬局を経営しながら、健康相談、講習会などのかたちで操体を広めている。

●奈良操体の会
http://nara-soutai.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt