MENU
【簡単お腹痩せダイエット】くびれ効果抜群「お腹回し」のやり方

【簡単お腹痩せダイエット】くびれ効果抜群「お腹回し」のやり方

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)

私は長年、太極拳を皆さんに指導してきました。

最近は、健康維持ではなく「症状の改善」を求めて教室に通う生徒さんが多くなったと感じています。
肥満も、その一つです。やせたい、おなかをへこませたいという人が増えています。

そんな人にお勧めしているのが「おなか回し」です。

おなか回しは、正式には「スワイショウ」といい、太極拳を行うさいに、準備運動の一つとして行うものです。
おなか回しには、いくつかのパターンがありますが、最も手軽にできて、おなかをへこます効果の高いのが、ウエストを左右にひねりながら腕を振る回転のスワイショウ、つまりおなか回しです。
1日1回、3分を目安としておなか回しを行うと、ダイエット効果が期待できます。

お尻ではなくウエストを回す

おなか回しは、振り子運動の一種です。
足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。

行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。


①ひねるのは「ウエスト」
ひねる部分はあくまでもウエストです。
お尻をひねらないようにしましょう。

ウエストとは、ミロのビーナスのくびれラインが入っているところです。
つまり、ヘソの少し上になります。
ウエストの位置を確認してみましょう。

ウエスト=腰と考え、骨盤を回すと勘違いする人も多いのですが、骨盤を大きく動かしてしまうと、不安定になるうえ、肝心のウエストがあまりひねられず、くびれを作る効果も半減してしまいます。

なるべく骨盤を回さず、ウエストをしっかりひねり、上半身をひねるのがおなか回しの基本です。
上半身をしっかりひねることで、腹筋、背筋から、体の深層部にある筋肉まで、多くの筋肉がバランスよく効率よく動いて、さまざまな効能を発揮します。


②「視線で体を引っ張る」つもりで行う
おなか回しを上手にするコツは、「目で体を引っ張る」感じで、首、肩、ウエストを次々に動かすことです。
腕を振ろうと意識するのではなく、視線を後方に移しながら、肩からぶら下がった腕を体にまとわりつかせましょう。


③体の後ろの「目標」を決める
体をひねるときは、真後ろに何か目標物を決めておくとやりやすいでしょう。
体が硬い人は、精いっぱい向けるところまででけっこうです。
続けているうちに、だんだんと後ろを向けるようになってきます。

5分以上は行わない

おなか回しを行うのは、1日1回です。
左右の回転を1セットとして、30〜50セットを行いましょう。
時間にすると3〜5分程度といったところです。

途中で頭がクラクラする場合は、回数を少なめにしてください。
慣れるにつれ回数を増やして構いませんが、5分を限度にしましょう。

注意していただきたいのが、ひざの向きです。

ウエストをしっかりひねったときに、軸足のひざが内側に入りやすくなります。
このような動きを続けていると、ひざの故障や痛みにつながります。
つま先とひざ頭は、常に同じ方向を向いているようにして、軸足のひざが横振れしないように注意して行うようにしましょう。

解説者のプロフィール

楊進(よう・すすむ)
日本健康太極拳協会理事長。
北里大学卒、同大学大学院修士課程修了。内家拳研究会主幹。
太極学院学院長。
日本の太極拳普及に多大な貢献をした楊名時老師を父に持ち、自らも太極拳の普及、啓蒙に努める。

●日本健康太極拳協会
https://www.taijiquan.or.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt