MENU
首の痛みが改善する【椅子の座り方】首や腰が疲れない方法を紹介

首の痛みが改善する【椅子の座り方】首や腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)

五つのステップで首にやさしい座り方を

 首の痛みを招いている生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。

 頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。首を痛める人の大部分は、こうした座り方を長い時間しています。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。

 実際に首にやさしいイスの座り方をするには、首を傷めにくいイス、あるいはそのように補正したイスを使ったうえで、座り姿勢をよくするという二段階の対策が必要です。
 その第一段階であるイスの選び方や補正法は後述するとして、ここでは座り姿勢をよくする五つのステップを紹介します。

【首にやさしい座り姿勢のつくり方】

 いままであなたがしていたネコ背などの悪い姿勢をとってから、以下の五つのステップをやってみてください。首にやさしい姿勢に変えるコツが、よりつかみやすくなるでしょう。

❶骨盤を起こす
 骨盤を垂直に立てます。これだけでも六〜七割よい姿勢になります。

❷背中を伸ばす
 肩甲骨の下端あたりの背骨を意識しながら、丸まった背中を伸ばし、胸を張ります。

❸肩を引く
 肩を軽く後ろに引きます。

❹頭を引く
 頭を心持ち後ろに引きます。あごを軽く引くだけでもかまいません。

❺背もたれに寄りかかる

 ①〜④で正しい姿勢になりますが、それだけではすぐに疲れて悪い姿勢に戻るので、背もたれにしっかりと寄りかかります。
 以上が、私が考案した最も首にやさしいイスの座り姿勢です。

 このステップの⑤は、たいへん重要です。しっかり力を抜いて正しい姿勢を保つことが、頸椎症の解消につながるからです。

「よい座り姿勢」といったときに、よくある勘違いとして、背もたれを使わず、背すじをピンと伸ばした座り方をする人が多く見られます。本などでも、これを「よい姿勢」として紹介しているものがあります。

 確かにフォーマルな場では、イスに浅く腰かけ、背もたれを使わずに背すじを伸ばした姿勢がよいとされています。しかし、この姿勢は、見た目は美しいのですが、筋肉を緊張させて背骨を支えることになります。つまり、首から腰にかけて、筋肉の張力が増すので、肩こりや頸椎症の原因を自分でつくり出していることになります。また、短時間ならできても、時間が立つとくずれやすいのも難点です。

 首をいたわるには、ぜひ背もたれを活用したよい姿勢を、右の五つのステップでつくるようにしてください。
 一見、めんどうに思えるかもしれませんが、「骨盤→背中→肩→頭→背もたれ」と、土台となる骨盤から一つずつ整えて、最後に背もたれで仕上げるステップになっていますから、一度覚えれば簡単にできます。最初のうちだけ意識すれば、意外と早く定着させることができますので、ぜひやってみてください。

解説者のプロフィール

竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)
竹谷内医院院長。
東京慈恵会医科大学医学部医学科卒後、福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。
福島県立医大附属病院等で整形外科診療に携わった後、米国へ留学。
ナショナル健康科学大学を卒業し、Doctor of Chiropracticの称号を取得。
2007年、東京駅の近くにカイロプラクティックの専門クリニックを開設。
腰痛、肩こり、頭痛、関節痛、手足のしびれなどの治療に取り組む。
日本整形外科学会会員、日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員、日本統合医療学会(IMJ)会員。

●竹谷内医院
東京都中央区日本橋3-1-4日本橋さくらビル8階
TEL 03-5876-5987
http://takeyachi-chiro.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2020-02-10 10:05:06
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2019-09-10 22:10:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt