MENU
【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

【ひざが痛い】原因は「太もも内側が弱い」?筋肉を鍛えて骨盤・姿勢も矯正できる「すり足体操」とは

私たちのひざは、さまざまな方向から筋肉によって支えられており、筋肉の強さは、ひざの安定性に直結します。内側広筋が弱くなると、太ももの外側の筋肉に頼って動くため、さらに筋肉の偏りが大きくなります。こうした筋肉のアンバランスがひざに負担をかけ、痛みの原因となるのです。【解説】黒木伸一(くろしん接骨院院長)

ひざを支える筋肉を効率的に強くする!

ひざ痛の患者さんを治療していると、ある共通点に気づきます。
太ももの外側の筋肉がパンパンに張っているのに、太ももの内側からひざのお皿の内側についている筋肉(内側広筋)が弱ってフニャフニャなのです。

ひざ上の内側付近を触ってみてください。
弾力性がなく、押すとすぐに骨を感じませんか。

また、ひざを伸ばして太ももに力を入れたとき、太ももの前面や外側は筋肉がかたく盛り上がるのに、内側は平らなままではありませんか。
どちらも、内側広筋が弱い人に現れる特徴です。

私たちのひざは、さまざまな方向から筋肉によって支えられており、筋肉の強さは、ひざの安定性に直結します。
内側広筋が弱くなると、太ももの外側の筋肉に頼って動くため、さらに筋肉の偏りが大きくなります。

こうした筋肉のアンバランスがひざに負担をかけ、痛みの原因となるのです。
ですから、ひざ痛を改善するためには、太ももの内側の筋肉を強化することが重要です。

筋肉がバランスよく鍛えられると、ひざがしっかり支えられて痛みは軽減します。
また、ひざを動かしやすくなり、階段の上り下りなどが楽になります。

ただ、一つ問題があります。内側広筋は、かなり鍛えにくいのです。
歩くだけではうまく使えないので、ウォーキングでは鍛えられません。

四股やスクワットは、一般的に「太ももに効く」とされますが、よほど意識して動かさないと、内側広筋は十分に強化できません。
鍛えにくい筋肉をどのように鍛えたらいいか、私はいろいろ試しました。

その結果、たどりついたセルフケアが、今回ご紹介する「すり足体操」です。
空手に、「前屈立ち」という基本姿勢があります。

両足を前後に開き、前の足のひざを曲げて腰を落とし、後ろ足を伸ばします。
前の足だけで立ち、後ろの足を前に踏み出したり、蹴りを出したりするけいこをします。

重心を変えずに片足立ちをする訓練になり、その過程で内側広筋が鍛えられます。
私は、前屈立ちにヒントを得て、内側広筋を効果的に鍛える体操を考案しました。

詳しいやり方は、下の写真図解をご覧ください。
イスの背やテーブル、手すりなどにつかまってもけっこうです。

慣れてきたら、両手を広げて、バランスを取りながら行ってみましょう。

すり足体操のやり方

姿勢をまっすぐ保つことでも改善効果は上がる

この体操は、痛むほうの足に体重をかけ、鍛えるのが目的です。
両足とも行う必要はなく、痛む側だけ、1日3回くらい行ってください。

腰を落とすときには、イスから立ち上がるところをイメージしましょう。
ただし、この体操では、背すじをまっすぐ保ち、頭は背骨の真上、顔が正面を向くことが肝心です。

というのも、姿勢の悪さは、ひざ痛を引き起こす有力な要因となるからです。
私たちの頭は、通常5kgほどの重さがあります。

それを、S字状の緩やかなカーブを描く背骨が支え、バネのように衝撃を分散しているのです。
ネコ背になって首が前に出ると、頭が背骨の真上にのらず、頭の重さが分散されません。

さらに、頭の重さで前に傾いた重心とバランスを取るために、腰とひざに負担がかかるのです。
この体操をくり返すことは、姿勢をまっすぐに保つ訓練も兼ねているとお考えください。

また、ひざ痛の人は、大殿筋や中殿筋など、お尻の筋肉も弱っているケースが少なくありません。
お尻の筋肉が弱ると、骨盤を正しく支えられず、歩くたびに骨盤がねじれます。

その動きも、ひざの負担となります。
この体操は、お尻の筋肉も鍛えられるので、骨盤の安定や歩き方の改善にも役立ちます。

ただし、ひざに腫れや熱がある間は体操を控えてください。
症状が落ち着き、医師から運動を勧められてから始めましょう。

また、ひざ関節の変形が進行し、運動を止められている人も行わないでください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt