MENU
【ウエストダイエット】筋トレ無しでも即効 猫背も改善「わき腹つかみ」の効果

【ウエストダイエット】筋トレ無しでも即効 猫背も改善「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)

深い呼吸に合わせてつかむことが重要!

私は、内科、ペインクリニックで患者さんを診るほかに、スポーツドクターとして、痛みを緩和する運動療法や、アスリートの運動機能を高めるトレーニング指導を行っています。

そんな私から見ると、肋骨と骨盤の間の「わき腹」は、上半身と下半身を連動させる、非常に重要な部位です。
ここには、背骨と大腿骨(太ももの骨)を深部で結ぶ大腰筋があり、その上におなかを覆う腹横筋や腹斜筋があります。

これらの筋肉は、体幹を支える重要な筋肉です。
このわき腹を刺激し、緩めるのが、「わき腹つかみ」です。

この体操は、呼吸に合わせてわき腹をつかむことが重要です。
ゆっくり息を吐きながら、わき腹をつかむと、指がより深くおなかの中に入ります。

大腰筋などの深部筋を直接刺激し、筋肉を活性化してくれます。
それによって、次のような多様な効果が期待できます。

①ウエストが引き締まる
腹部の筋肉が緩んで活性化されると、周囲の脂肪が燃焼しやすくなります。
そのため、おなか周りやウエストが顕著に引き締まってきます。

②やせ体質に変わる
大腰筋などの深部筋をほぐすことで上半身と下半身が連動しやすくなり、全身の筋肉の動きがよくなります。
それによって代謝がアップし、やせやすい体質に変わります。

③ 姿勢がよくなる
姿勢の悪い人は、骨盤が前方や後方に傾斜しています。
大腰筋が活性化されることで骨盤が起きて姿勢がよくなります。
ネコ背の改善も期待できます。

④腰痛が改善する
体幹を支える大腰筋などが鍛えられ、姿勢がよくなるので、腰への負担が軽減し、腰痛の改善が期待できます。

⑤便秘が改善する
わき腹をつかむと、大腸を直接刺激することになり、腸の動きがよくなります。
特に、左のわき腹は、便が固形化し停滞しやすい下行結腸の刺激となるので、便秘の改善に役立ちます。

⑥尿失禁が改善する
大腰筋が活性化されて引き締まると、骨盤内の臓器(膀胱、子宮、腸など)を支えている骨盤底筋群が引き上げられます。
すると、膀胱への圧迫が取れて、尿失禁などが改善します。

⑦自律神経のバランスが整う
深い呼吸を正しく行えば、自律神経のバランスも整ってきます。
また、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌がよくなり、痛みが改善したり、不安やイライラが和らいだりします。

なお、正しい呼吸とは、鼻で吸って鼻(または口)で深くゆっくり吐く、横隔膜を大きく動かす呼吸のことです。
このようにわき腹つかみを行うと、筋力トレーニングをしなくても、それに準じた幅広い効果が期待できるのです。

全身の筋肉までやわらかくなる

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。
わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。

筋肉は、使わないでいると萎縮してかたくなりますが、使いすぎてもかたくなります。
前者は筋肉が張った状態、後者はこった状態です。

いずれにしろ、かたくなったものは、ほぐしてやらなければなりません。
筋肉がほぐれてやわらかくなると、腱(筋肉が骨に付着している部分の結合組織)や関節の可動域が広がって、体を動かしやすくなります。

すると、自然に活動的になり、歩いたり、運動したりするようになります。
それが2次的に、肥満や生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

私がふだんの診療で運動療法に力を入れているのも、正しい運動習慣を身につけることで、なるべく薬に頼らずに健康になってほしいからです。
その運動療法の一つとして、わき腹つかみはとてもよい方法です。

体への負荷が少ないので、どんな人でも挑戦できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt