MENU
【やり方】骨盤のゆがみを取りメリハリボディに「骨盤呼吸」と「骨盤体操」

【やり方】骨盤のゆがみを取りメリハリボディに「骨盤呼吸」と「骨盤体操」

「ピルビスエクサ」は、深い呼吸とシンプルな動きで骨盤を動かし、調整する体操です。毎日、夜寝る前に5分行うといい「骨盤呼吸」と、週1回、寝る前以外の時間帯に行う「骨盤体操」から成り立っています。便秘が解消し、ホルモンバランスも整うので女性らしいボディラインになります。【解説】佐藤志津香(日本骨盤ヘルスケア協会代表理事)

解説者のプロフィール

さとう しずか 
ピルビスサロンS代表。大手エステ会社勤務時に骨盤体操に出会い、心身の劇的な変化に感動。インストラクター資格を取得し、独立。その後、自律神経、免疫機能、ホルモン、骨盤などの体の仕組みや、食について学び、研究を重ね、大学の非常勤講師を経て、独自の骨盤矯正メソッド「ピルビスエクサ®」を確立。現在、名古屋と東京のサロンで、年間延べ2000人のレッスンを開催。
●ピルビスサロンS
http://pelvissalon-s.com

骨盤は上半身のすべてを 支えている“体の土台”

 骨盤は、頭蓋骨から首の骨、背骨、腰骨といった上半身のすべてを支えている“体の土台”です。骨盤のゆがみが整うと、骨盤とつながっている顔や体のゆがみや悪い姿勢が一気に解消。体内の血液やリンパの流れもよくなり、むくみもなくなります。

 骨盤は普段から呼吸で動いていて、息を吸うと開いて、吐くと閉じる動きをしています。しかし、スマホやパソコンを凝視したり、ネコ背や首の前傾などで、姿勢が崩れると、呼吸が浅くなってしまい、骨盤の動きが減少。骨盤がずれた状態で動かなくなると、ゆがんでしまうのです。

「ピルビスエクサ」は、深い呼吸とシンプルな動きで骨盤を動かし、調整する体操です。毎日、夜寝る前に5分行うといい「骨盤呼吸」と、週1回、寝る前以外の時間帯に行う「骨盤体操」から成り立っています。

 ピルビスエクサは、重力に左右されない寝た姿勢で、骨盤をまっすぐに保ち、深い呼吸で骨盤を開閉し、自分の力でゆっくりと動かすので、骨盤がきちんと整います。ほどよく筋肉もつくので、代謝も上がるのです。

 骨盤を重点的に動かすので、骨盤内の内臓は正しい位置に整理整頓され、本来の機能を取り戻します。便秘が解消し、ホルモンバランスも整うので、バストやヒップは引き上がり、おなかや腰、足は引き締まった、女性らしいメリハリのあるボディラインになれるのです。

 さらに自律神経のバランスを整える働きもあります。自律神経は、私たちの内臓や血管、ホルモンを司るもの。本来は心身を活発に働かせる交感神経と、リラックスさせる副交感神経がバランスを取り合いながら働いています。ピルビスエクサは、骨盤呼吸で副交感神経を優位にしたあと、骨盤体操で交感神経を優位にするので、自律神経のバランスも整えられるのです。自律神経と深くかかわる、ホルモンバランスも整い、免疫力もアップして、さまざまな心身の不調が改善できるわけです。

運動嫌いな人や 体のかたい人にもお勧め

 私自身はヨガも挫折したほど、運動が大の苦手です。ピルビスエクサは「たったこれだけ!?」とよく言われるほど、寝て伸ばすだけの楽にできる体操。運動嫌いな人や、体がかたい人、めんどうくさがりでダイエットが続かない人にもお勧めです。

 ピルビスエクサは、床や畳の上か、ヨガマットやバスタオルを敷いた上で行いましょう。逆にベッドの上は、体が沈んでしまい、腰を傷めたりするので、避けてください。

 テレビは消して、雑念が生じない環境をつくります。骨盤呼吸のときは、副交感神経を優位にするため、間接照明などで部屋を暗めにし、リラックスできるヒーリングミュージックや詞の内容がわからない洋楽をかけましょう。骨盤体操のときは、交感神経を優位にするため、部屋を明るくして、少しテンポの速いヒーリングミュージックや洋楽をかけます。もし適切な音楽が見つからないときは、無音でもOK。無音の環境に身を置いて、自分の体と向き合う時間をつくるのもたいせつです。

 最後にピルビスエクサは、妊娠中のかたは控えて、産後から始めましょう。逆に生理中のかたは、PMSや生理痛など、生理にまつわる諸症状が緩和できるのでお勧めです。

「骨盤呼吸」の基本姿勢

「骨盤呼吸」のやり方

「骨盤体操」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2019-09-10 22:10:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt