MENU
認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。【解説】金三雄(ゆうあい内科・脳神経クリニック理事長)

延べ9000人の患者に行って確かな効果を実感!

私と「遠絡療法」との出合いは、5年前にさかのぼります。

そのころ、趣味の野球が原因なのか、急に肩を痛めてしまいました。
肩が上がらず、痛みで眠れない日が続いていたころ、クリニックに一通のファックスが届きました。

それは、遠絡療法の案内状でした。
たまたま、遠絡療法の創始者である故・柯尚志先生と私の知人が、ジャパンタイムズ誌の「次世代のアジアを担うリーダー100人」に選ばれたという縁があり、私は遠絡療法とそれを考案した柯先生に強い興味を持ちました。

そこで、自分の肩の治療を兼ねて、遠絡療法のセミナーに参加。
セミナーでは、数々の奇跡のような症例を目の当たりにしました。

そして、自分の肩も遠絡療法でよくなったので、私はこの療法を勉強し、治療に導入することにしました。
それから5年経ち、延べ9000人以上の患者さんに遠絡療法を行って、その確かな効果を確信するとともに、知れば知るほど遠絡療法の奥深さを感じるようになりました。

遠絡療法は、体の中を流れている生体の流れ(ライフフロー)を整えて、病気や痛みを改善する治療です。
治療点は「ライン」という体の中を走っているゾーン上にあり、そこを刺激することで生体の流れを整えることができます。

そのポイントとなる治療点が、手の指の腹(内側のふくらみ)にもあります。
手指の腹は手と足を通る12本のラインにつながっており、手の指の2点を刺激すると、頭部や、手足の指先、足の裏などの症状に効果があるのです。

この「指の2点押し」のなかで、ぜひ覚えてほしい治療点があります。
それは、脳の血流をよくする治療点で、①人差し指の指先の腹と、②中指の真ん中の腹の2点です。

右手は左の脳、左手は右の脳に対応します。
どちらの治療点も、反対側の手の親指の先で、指先に向けて強く押します。

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。
この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。

柯先生は、この指の2点押しを含む遠絡療法で、認知症の患者さんを何人も改善に導いていました。

一つの症状だけでなく複数の症状がよくなる

脳は血流だけでなく、神経伝達の流れも大事です。
ですから、先の2点に脳神経の流れをよくする次の2点を加えると、さらに幅広い効果が期待できます。

その2点とは、①小指の真ん中の腹と、②反対側の手の人差し指のつけ根の腹です。
右の脳に対応するのは右手の小指と左手の人差し指、左の脳は左手の小指と右手の人差し指です。

ここも、指先に向けて押します。
の血流や神経伝達の流れをよくする指の2点押しは、頭痛、耳鳴り、めまい、顔面の痛み(三さん叉神経痛、顔面けいれんなど)、足の冷えや痛みなどに卓効があります。

実際に効果があった例をご紹介します。

耳鳴り

Aさん(60代・男性)は、重度の肩こりで遠絡療法を受けるようになりました。
肩こりだけでなく、右耳に慢性的な耳鳴りがありましたが、治療が終わったとき、肩こりとともに耳鳴りも消えていました。

肩こりの治療のなかに指の2点押しが組み込まれており、その効果で耳鳴りが改善したと考えられます。

下あごの痛み

Bさん(70代・男性)は右の下あごに、ずっと痛みがありました。
三叉神経痛のような激痛ではなく、慢性的な痛みです。
口腔外科や整形外科などで診てもらっても、原因がわからず、薬を飲んでも改善しませんでした。

そこで、指の2点押しを中心に遠絡療法を行ったところ、治療5回めから痛みが軽減し、10回ですっかり消えました。

ムズムズ脚症候群

ムズムズ脚症候群の治療には、通常、パーキンソン病の薬を使います。
Cさん(60代・女性)もその薬を飲んでいましたが、効果がありませんでした。

そこで、指の2点押しを中心とした遠絡療法を行ったところ、すぐに足の裏のムズムズ感、しびれ、痛みといった症状が取れて、とても喜ばれました。


指の2点押しは簡単にできますから、私は自宅療法として患者さんにも指導しています。
治療の間隔が空いても、自宅で指の2点押しを続けることで、症状が改善していきます。

遠絡療法は、病気に対応する治療ではなく、生体の流れ(ライフフロー)をよくして体の機能を整える根本療法です。
したがって、遠絡療法を受けると一つの症状だけでなく、ほかの症状もいっしょによくなります。

症状が改善すれば、薬が減らせます。
そうやってなるべく薬に頼らずに治すことが、遠絡療法の理想です。

金先生の「指の2点押し」のやり方

指の押し方

治療点となる指の腹に、反対側の親指の先を当てる。
まず、まっすぐにグーッと深く押してから、指先に向けて1~2分強く押す。
もう1点も同様に行う。
〔注意〕行う前に、爪は短く切っておくこと。

脳の血流を促進する指の2点押し

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
ご自分のふくらはぎや太ももの裏を見たことがありますか?もし、血管がコブのようにボコボコと膨らんでいたり、ヘビのようにうねっていたりしたら、それは下肢静脈瘤という病気です。この病気は文字どおり、足の静脈がコブのように膨らんでしまう病気です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-02-03 10:05:24
夫の知人が肝硬変で入院したときも、スイカ糖を持ってお見舞いに行っていました。腹水がたまり顔もパンパンの状態だと聞き、スイカ糖がいいと思ったそうです。その後、奥さまから「スイカ糖をまた分けてもらえませんか」と電話がありました。スイカ糖をとり始めてからは、腹水がたまらなくなったそうです。【体験談】鈴木ミツエ(主婦・77歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
20年以上前からスイカ糖をほぼ毎日とってきました。体が重苦しく動きづらいなと感じるときも、スイカ糖の出番です。そういうときは尿の出が悪く、余分なものがたまっているので、スイカ糖が効くのです。【体験談】斉藤よしこ(仮名・主婦・84歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
「腎臓にはスイカ糖」といわれ、むくみや腎機能の改善の妙薬として重宝されました。スイカにも、同様の作用はあります。しかし、スイカには水分がたっぷり含まれているため、その水分の処理が、弱った腎臓の負担になります。ほかにも、スイカ糖は薬を避けたい妊娠中のむくみ取りにも最適です。【解説】平田真知子(薬草コンサルタント)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt